読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

エージェント・オブ・シールド シーズン2第19話「汚れた6人」感想とネタバレ

エージェント・オブ・シールド ドラマ・映画

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン2第19話「汚れた6人」の感想とネタバレです。

エージェント・オブ・シールド シーズン2 第19話「汚れた6人」感想とネタバレ タイトル画像

アベンジャーズファンの皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン2第19話「汚れた6人」を見ました。

そのあらすじとネタバレ感想です。

(前回のエピソード「第18話「敵か味方か」の感想とネタバレはこちらをどうぞ。)

今回のエピソードは、シモンズの行動にビックリします。昔は嘘をつくことすらできなかったシモンズが・・・。

というわけで、以下ネタバレします!

映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」と「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」のネタバレも含みます。

このエピソード以外の「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧
映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のネタバレ感想はこちら
↓↓
ネタバレ感想:アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロンを観てきた

シーズン2第19話「汚れた6人」 感想とネタバレ 目次

シーズン2 第19話「汚れた6人」 あらすじ

登場人物

  • シールドメンバー

    • フィル・コールソン:シールド長官(日本語吹替:村治学)
    • メリンダ・メイ:戦闘と操縦のプロ(日本語吹替:沢海陽子)
    • スカイ:天才ハッカーで特殊能力保持者(日本語吹替:渋谷はるか)
    • レオ・フィッツ:兵器やメカ開発の天才(日本語吹替:落合佑介)
    • ジェマ・シモンズ:天才物理学者(日本語吹替:宮下ともみ)
    • ランス・ハンター:傭兵、ボビーの元夫で元英国特殊空挺部隊(日本語吹替:滝知史)
    • マリア・ヒル:シールドの元副長官(日本語吹替:本田貴子)
    • ニック・フューリー:シールドの元長官
  • シールドメンバー(もう1つのシールド側)

    • ロバート・ゴンザレス:上層部のメンバー。秘密のない開かれたシールドを作ろうとしている
    • アン・ウィーヴァー:上層部のメンバー。元シールドアカデミーの校長先生。
    • カルデロン:上層部のメンバー
    • オリヴァー:上層部のメンバー
    • バーバラ・ボビー・モース:格闘と諜報のプロ(日本語吹替:林真里花)
    • アルフォンソ・マック・マッケンジー:メカニック(日本語吹替:間宮康弘)
  • ヒドラメンバー

    • リスト博士:ヒドラ幹部、科学者
    • バロン・フォン・ストラッカー:ヒドラのリーダー「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」に登場
  • 元ヒドラメンバー

    • グラント・ウォード:身分を隠してシールドに所属していた(日本語吹替:花輪英司)
    • エージェント33:元シールドエージェント、現在はウォードと行動する
    • スニル・バクシ:ヒドラのホワイトホール博士の元部下。今はウォードに洗脳され部下になる
  • その他

    • ジャーイン:変化した能力者を導いている女性、スカイの母
    • カルビン・ザボ:スカイの父、怪力の持ち主
    • レイナ:予知能力がある能力者(日本語吹替:加藤有生子)
    • ゴードン:能力者。テレポートできる能力がある
    • リンカーン・キャンベル:アフターライフにいるスカイの世話役で能力者

あらすじ

夢にうなされるレイナ。夢の中でリンカーンが捕まっていたことや、ゴードンが怪我をしていた様子をジャーインに話します。

カルのオフィスからスカイたちを連れて「アフターライフ」に戻ったゴードン。リンカーンがヒドラに捕まったため連れ戻しに行きますがヒドラに襲われ怪我をして戻ってきます。

夢と全く同じ映像が起きていることを見たレイナは、自分には予知能力があると確信します。

シールドの飛行機「バス」の中ではコールソンとゴンザレスが面会し、コールソンはヒドラを倒すために力を合わせようと持ちかけます。

信用できる根拠を示せというゴンザレスが言うので、コールソンはツールボックスの中身を見せてゴンザレスを信用させます。

とりあえずコールソンとゴンザレスが合意できたため、フィッツやハンターが乗った「クインジェット」が「バス」の背中に着陸、シールド本部に戻ります。ウォードとエージェント33も監視付きでシールドの本部に入ります。

コールソンはゴンザレスに作戦を提案します。ヒドラの基地へ乗り込んで能力者を救出、その後、シールドが基地を爆撃するシナリオです。

決を採る前に、メイはコールソンと2人だけで話をさせてと言います。

メイは「シータ・プロトコル」についてコールソンに問い詰めます。アンドリューと会っていたことも個人的に気に入らない様子。

コールソンは「アンドリューと会っていたことは自分のカウンセリングのためだ」と言います。少し気分が落ち着くメイ。そして、コールソンの作戦に同意します。

シモンズはウォードを仲間に入れたことを疑問視し、もしものためにスプリンター爆弾を隠し持って作戦に参加します。

レイナはスカイに「あなたがリンカーンを救う夢を見た、コールソンとウォードが一緒にいた」と伝えます。

コールソンとウォードが一緒にいるというありえない組み合わせは、カルのオフィスで自分が見たことと一致していると思ったスカイは、リンカーンを助けるため、作戦に出発する直前のコールソンチームに合流します。

出発した「バス」の中でチームに作戦を説明するウォード、しかしメンバーの目は冷たい。自分が裏切った行為の代償をまざまざと見せつけられるウォード。コールソンからは「もう誰とも話すな」と言われてしまいます。

エージェント33はシールド基地で治療を受けて、記憶のことや体のことを調べられています。ボビーはエージェント33に話しかけ、自分たちは、昔、何度か会ったことがあるといいます。

ヒドラの基地に接近した「バス」はレーダーで捕捉されミサイルにより破壊されてしまいます。しかしそれも作戦の内で、爆破の残骸とともに、中に潜んでいたクインジェットで基地に降ります。

基地内では、バクシの誘導で作戦を遂行し、マイクとリンカーンを救出し脱出。

シモンズはスプリンター爆弾でウォードを襲いますが、それを阻止しようとしたバクシは死んでしまいます。ウォードはシモンズを銃で狙いますが撃てず、「がっかりしたよ」と言い残し去っていきます。

コールソンはメイに隠れてヒドラのシステムから何かをコピーしています。不審がるメイ。

フィッツがヒドラのコンピューターで防御システムを解除に成功したため、シールドはミサイルで総攻撃し基地を破壊します。

リスト博士は、ソコヴィアの基地へ逃げて行きました。

基地に戻るコールソンチームですが、ウォードは姿を消して一緒に戻りませんでした。基地に戻ったコールソンに電話をするウォード。コールソンに「キャラ(エージェント33)をよろしく頼む」といいます。

戻ったチームの中にウォードの姿がないので不安になるエージェント33。

基地に戻ったコールソンは、ゴンザレスにツールボックスを渡して「自由に見ていい」といいます。

「ただしヒューリー取りに来るかもよ」といい、彼が生きていることを匂わします。

そこへタイミングよくマリア・ヒルからの電話。ゴンザレスにその名前を見せて「この電話には出ないと」とからかうように言います。返す言葉がないゴンザレス。

ヒルと通信をするコールソン。ヒドラの基地からコピーしたデータの中に「ロキの杖」の情報を発見し、現在、ヒドラのソコヴィア基地にあることを伝えます。

そして「シータ・プロトコル」の決行の準備をし、アベンジャーズと合流することになります。

「アフターライフ」では、ジャーインがレイナの家を訪れ、予知夢は私が管理すると伝えます。

しかしレイナは強気にでて「村の責任者は交代する時期じゃないか?」と反発します。

そんな中、レイナは急に恐ろしい「杖」のイメージを受け取り意識が飛んでしまいます。そして動揺しながら「金属の男が街を引き裂く」と話します。

↑目次に戻る

ウォードは自分勝手だが少し同情した

ウォードは確かに酷いことをしたし自分勝手なやつだけど、全員から全否定されるウォードが少し気の毒に思いました。

ウォードは「家族のようなチームを自分が壊したこと」を一番悔やんでいると言っていましたね。

視聴者としても昔のようなチームに戻って欲しいという願望もありました。。。ウォードの気持ちもわかる。

仲直りする展開も期待したけど、メンバーは裏切り行為を許すつもりはないようです。

「チームを壊したこと」を「フィッツとシモンズを海に落としたこと」よりも後悔しているっていうから、嫌われるんだよ、ウォードは。そこは言っちゃダメだろう。

↑目次に戻る

変わってしまったシモンズが怖い

シモンズはすっかり変わってしまいましたね。シールドの「ハブ」でオドオドしながらUSBを挿そうとしていた頃が懐かしい。

ウォードに対して銃を使うならまだしも、スプリンター爆弾を使うのがすごい。

粉々にしてこの世からウォードを消し去ってしまおうという気迫が感じられます。

ウォードは「がっかりしたよ」と本当に残念そうに言っていました。もう戻るのは無理なんだと悟った顔でしたね。彼はやり直したかったのだと思います。

シモンズはマイク・ピーターソン(デスロック)から「バクシは戻らなかったのか?」と訊かれますが、平然と「助からなかったの」と言ってのけます。怖い。。。

シモンズも海に落とされて死にそうになりましたから当然なのですが、彼女の場合、フィッツの病状の件もあるのでしょう。フィッツはシモンズを助けようとして脳細胞に損傷を受けてしまいましたから、なおのことウォードが許せないのでしょう。

↑目次に戻る

ソコヴィアの双子、そして映画「エイジ・オブ・ウルトロン」に繋がる締め

リスト博士が「実験で生存したのはソコヴィアの双子だけ」と言っていましたが、双子とは「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」に出てくる、クイックシルバーとスカーレット・ウィッチのことですね。

映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」では、彼らも活躍します。

レイナがイメージを見た「ロキの杖(チタウリ・セプター)」も「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」ででてきます。

最初の「アベンジャーズ」にも出てきましたね。あの杖でロキがコールソンを背中から・・・!!

「ロキの杖」はいつヒドラの手に渡ったのでしょうね。シールドが崩壊した時と思ったのですが、それは違うようです。

「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」のエンドロールの後でヒドラのソコヴィア基地が出てきます。そこにはすでに「ロキの杖」がありましたので、シールド崩壊前からあったようですね。

おそらく「アベンジャーズ」のNY決戦でシールドが「ロキの杖」を回収した後、ピアースがなんらかの手を回して、持ち出したのでしょう。

↑目次に戻る

ゴンザレスの荷物はなんなのか?

ゴンザレスの空母に積んである荷物についての話が時々出てきますね。初めて出てきたのはシーズン2第15話「2つのシールド」です。

大事なものが積んであり、ヒドラに渡すわけにはいかない云々という話でした。

コールソンは荷物の中身も知っているようです。ヒューリー長官のツールボックスでそのことを知ったのでしょう。荷物についてはフューリーも一枚噛んでいるようなので。

荷物がなんなのか気になりますね。前回のエピソードでボビーとマックの会話中に

ボビー「真実を導き出す方法がある?」
マック「空母から戻ってきた」

というやりとりがありましたので、かなり重要なのでしょう。会話が意味するところはよくわかりませんが。。。。

ゴンザレスは「能力者を確保したい」目的があったためコールソンの作戦に協力したようですが、この荷物と何か関係があるのでしょうかね??

↑目次に戻る

バクシは味方だった、というよりウォードに忠実なだけか

バクシは前回のエピソードで裏切ったのかと思っていたら、とても忠実な部下として働いていました。ちゃんとウォードに信号を送っていたようです。

疑ってごめん、バクシ。

シモンズがウォードにスプリンター爆弾を投げつけようとした時には体を張ってウォードを守りシモンズに襲い掛かっていましたから、シールドに味方しているといよりは、ウォードだけに忠誠心があるのでしょう。

コールソンがゴンザレスに「作戦に協力してほしい」と頼む際、「ヒドラ基地に内通者がいる」と言っていましたが、これってバクシのことですよね??

コールソンが誰か秘密のエージェントを仕込んでいるのかと思ったのですが、多分バクシだろうな。別のエージェントがいたら潜入した際に協力するため出てくるよね。普通。

スカイはエージェントとしてかなり強くなってて、基地内でドンドン敵を倒していましたね。けど。銃で戦わないでパワーを使えば簡単に済むのに。。。

パワーを使ったのは最初の1回だけだよ。。。意味がわからん。なぜ使わない。

↑目次に戻る

レイナが昔の「悪い女」の顔を見せはじめたよ

レイナは自分に予知能力があると確信しました。それに気づいた時のあの顔。悪い女の顔だ(笑)。

変身したばかりの頃は怯えてばかりいて死ぬことすら考えていたのに、ジャーインに向かって「責任者の交代の時期では?」と強気に出ます。

しかし、最後のシーンで「ロキの杖」のイメージを受け取ったあたりでは、また弱気になってましたね。

レイナは寝なくても予知する能力があるんですね。

↑目次に戻る

ハンターはマックと仲直りしたけどボビーとは・・・

怪我したハンターは命には別条がないようです。

マックに話しかけて仲直りしていました。男同士は簡単でいいやね(笑)。

元妻ボビーとはまだ話をしていないとのこと。

夫婦というのは厄介だねえ。でもまあ、仲直りするんだろうね。お互い嫌いではないわけだし。

↑目次に戻る

まとめ:「ウルトロン」に繋がるエピソードだった

今回はエンディングが映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」に繋がるように作られていました。

次回は映画とどう関わるのか楽しみです。

とりあえず今回わかったこと

  • レイナは自分に予知能力があると自覚した
  • コールソンとゴンザレスはとりあえず協力体制になった
  • コールソンは「フューリーが生きていること」をそれとなくゴンザレスに伝えた
  • ウォードは姿をくらまし、エージェント33はシールドに残った
  • レイナは「ロキの杖」のイメージを受け取った

というわけで第20話「傷」に続きます。

各エピソードの「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のネタバレ感想はこちら
↓↓
ネタバレ感想:アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロンを観てきた

「エージェント・オブ・シールド」シーズン2は、Amazonインスタント・ビデオやU-NEXTでオンデマンド動画を配信中です。Amazonではシーズン1の第1話が無料で、U-NEXTではシーズン2の第1話が無料で見られるので是非どうぞ!(2016/6/11 現在)。

Amazon インスタント・ビデオ
エージェント・オブ・シールド シーズン2 (字幕版) 配信中!

U-NEXT
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

DVDやブルーレイもすでに発売中です。

ツタヤのネットレンタル「TSUTAYA DISCAS」でも、レンタル可能です。無料お試し期間があるのでお得ですよ。

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!