おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

レビュー:ワイヤレスイヤホン「Sudio T2」は音量調節が便利!クーポン有<PR>

アクティブノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホン『Sudio T2(スーディオ ティーツー)』を使ってみた感想レビューです。

レビュー:ワイヤレスイヤホン「Sudio T2」は音量調節が便利!クーポン有<PR>

こんにちは、よしぞうです。

Sudioさんのご厚意で、レビュー用としてアクティブノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホン『Sudio T2』を製品提供して頂きました。

『Sudio T2』を使ってみた感想や、良い点、悪い点などを紹介します。

『Sudio T2』は音質も良く、ほとんどの操作を耳元で操作できる点が優れています。

『Sudio T2』の詳細については公式サイトをどうぞ。
↓↓↓
『Sudio』 公式サイト
Sudio T2
Sudio トップページ
Sudio T2 & スピーカー Femtio セット割

購入の際には当ブログ限定の15%割引クーポンコード「ysz15」を是非お使いください。『Sudio』公式サイトにて、どなたでも15%割引きで購入できます

15%OFFクーポンコードはこちら

クーポンコード:ysz15

※有効期限:無し
※『Sudio』公式サイトですべての商品を15%オフで購入可能です。

クーポンコードはどなたでも利用できます。是非ご利用ください。

目次:

スポンサー リンク

結論:操作性が良く音量調節が便利!コスパも良いし買って損はないイヤホン

iPhoneと『Sudio T2』充電ケース

トータルに見て良いイヤホンだと思いました。

操作性が良く、耳元で音量を操作できるのはとても便利です。

オシャレなデザインでノイズキャンセリング機能も搭載しているので、アップルの『AirPods Pro』あたりが競合製品になりますが、『AirPods Pro』よりも価格が安く、コストパフォーマンスにも優れています。

音質も悪くないですし耳に入れた際の装着感もしっかりしています。

しっかり装着できるので、『AirPods Pro』よりも落として紛失する心配も少なく感じました。

防水性能も装備しているので、雨やスポーツ中の汗も問題ありません。

オシャレで高機能のイヤホンが欲しい人には、選択肢の1つとしてお薦めです。買って損はないイヤホンだと思います。

良かった点と悪かった点をそれぞれ後述していますが、悪かった点については許容できる範囲だと思います。

それでは、『Sudio T2』の良い点と悪い点を説明します。

『Sudio T2』の購入は公式サイトからどうぞ。送料も無料です。
↓↓↓
『Sudio』 公式サイト
Sudio T2
Sudio トップページ

↑目次に戻る

『Sudio T2』の良かった点(メリット)

『Sudio T2』の良かった点は以下の通りです。

『Sudio T2』の良かった点

  1. デザインが綺麗で手触りが良い
  2. ノイズキャンセリング機能搭載
  3. 耳元で音量調整が可能
  4. 急速充電できる

各項目について、それぞれ紹介します。

良かった点1:デザインが綺麗で手触りが良い

『Sudio T2』本体と充電ケース

スウェーデンの企業だけあって、北欧らしいオシャレで綺麗なデザインです。

充電ケースもイヤホンも真っ白でとても綺麗です(カラーバリエーションは4色あります)。

手触りも良くて、いつまでも触っていたい気持ちになります。

良かった点2:ノイズキャンセリング機能搭載

ノイズキャンセリング機能搭載

『Sudio T2』にはノイズキャンセリング機能が搭載されています。

ノイズを低減し、クリアな環境で音楽をたのしめます。

また、「外音取り込みモード」があり、イヤホンをしたまま外部の音を聴くことが出来るので、イヤホン装着時の安全にも気を配ることが出来ます。

良かった点3:耳元で音量調整が可能

耳元で『Sudio T2』の操作が可能です。

イヤホン本体にある丸いタッチパネルを触ることで、音楽の再生・停止、曲送り、曲戻し、音量調整、通話応答、ノイズキャンセリングの切替、など、ほとんどの操作ができます。

音楽再生の操作方法

特に音量調整は便利です。外では頻繁に環境が変わるので耳元で操作できるのはありがたいですね。

良かった点4:急速充電できる

充電中の画像

『Sudio T2』では、急速充電に対応しており、10分充電するだけで2時間の再生が可能になっています。

出かける寸前にバッテリーが残っていないことに気がついても、短時間で使用できる状態にすることができます。

↑目次に戻る

『Sudio T2』の悪かった点(デメリット)

『Sudio T2』の悪かった点は以下の通りです。

『Sudio T2』の悪かった点

  1. タッチパネルにうっかり触ってしまう
  2. ノイズキャンセリングの切替がわかりにくい
  3. 耳から外しても再生停止や電源オフにならない

各項目について、それぞれ紹介します。

悪かった点1:タッチパネルにうっかり触ってしまう

耳元で操作できる点は便利ですが、タッチパネルにうっかり触ってしまい誤操作をすることがあります。

下の画像のように、丸いタッチパネルが結構大きいため意図せず触ってしまいます。

『Sudio T2』本体にタッチパネルがある

もう少し、タッチパネルが小さい方が良いかなと思いました。

悪かった点2:ノイズキャンセリングの切替がわかりにくい

ノイズキャンセリング機能の切替時に、どのモードに切り替わったのかが分かりにくいと感じました。

変更する度に効果音がなるのですが、できれば音声ガイドで案内してくれると良いなと思います。

悪かった点3:耳から外しても再生停止や電源オフにならない

音楽再生中に耳から外しても、自動で再生が停止にならないので手動で停止させる必要があります。

電源も同様で、耳から外しただけでは電源がオフになりません。

電源をオフにするには、充電ケースにしまうか、手動でオフにする必要があります。

充電ケースに入れると電源オフになる

外したまま放置するとバッテリーが減ってしまうので注意が必要です。

以上、『Sudio T2』の良かった点と悪かった点でした。

誤操作や電源のオンオフに注意する必要はありますが、どんな製品にも使い勝手の悪い部分はあります。

レビューする際には厳しめにチェックしてしまいますが、悪かった点も普通に使うなら問題ない範囲だと思います。

15%割引きで購入するならこちら

購入の際には当ブログ限定の15%割引クーポンコード「ysz15」を是非お使いください。『Sudio』公式サイトにて、どなたでも15%割引きで購入できます

15%OFFクーポンコードはこちら

クーポンコード:ysz15

※有効期限:無し
※『Sudio』公式サイトですべての商品を15%オフで購入可能です。

『Sudio T2』の購入は公式サイトからどうぞ。送料も無料です。
↓↓↓
『Sudio』 公式サイト
Sudio T2
Sudio トップページ

クーポンコードの使い方を次の項目で紹介していますので、是非ご覧ください。

↑目次に戻る

15%割引クーポンコードの使い方

『Sudio』さんのご厚意で、当ブログ限定の15%割引クーポンコードを発行して頂きましたので、実際に公式サイトでクーポンを使う方法を紹介します。

15%OFFクーポンコードはこちら

クーポンコード:ysz15

※有効期限:無し
※『Sudio』公式サイトですべての商品を15%オフで購入可能。
※どなたでも利用できます

『Sudio』 公式サイト
Sudio T2
Sudio トップページ

決済画面でクーポンコードを入力する

手順は下記の通りです。

商品をカートに入れたら、画面右上にある「カート」のアイコンをクリック(タップ)して開きます。

画面右上にある「カート」のアイコンをクリック(タップ)して開く

カート画面が開いたら、画面下にある「レジへ進む」ボタンをクリック(タップ)して進みます。

「レジへ進む」ボタンをクリック

画面の下にクーポンコードの入力ボックスがあるので、クーポンコード「ysz15」を入力します。そして「クーポンコードを適用する」ボタンをクリック(タップ)します。

クーポンコード「ysz15」を入力して「クーポンコードを適用する」ボタンをクリック

クーポンが適用されると金額の内訳表示に割引料金が表示され、合計金額も安くなります。

クーポンが適用され割引料金が表示される

『Sudio T2』は14,900円ですので、2,235円安くなり、12,655円で購入できます。

『Sudio T2』の割引料金

  • 販売価格:14,900円
  • 15%割引クーポン分:-2,235円
  • 合計金額:12,655円

15%割引クーポンコードは、公式サイトで販売されている全ての商品に使用できます。

是非ご利用ください。

15%OFFクーポンコードはこちら

クーポンコード:ysz15

※有効期限:無し
※『Sudio』公式サイトですべての商品を15%オフで購入可能。

購入は公式サイトからどうぞ。送料も無料です。
↓↓↓
『Sudio』公式サイト
Sudio T2
Sudio トップページ

↑目次に戻る

『Sudio T2』使用レポート

それでは『Sudio T2』を実際に使用した詳細なレビュー、感想などをお届けします。

音質:高域が強くでて、低音もしっかり

『Sudio T2』商品画像

音質については、期待以上に良い音質でした。

高域が強めに出ており、ブライトでハッキリした印象です。

昔の『Sudio』のヘッドフォンで感じたようなザラついた質感は全然無く、その点も評価できます。

低音も想像よりもしっかり出ている印象です。

個人的にはもうちょっと中域がふくよかに響く音質が好きですが、メリハリのある音で悪くないと思います。

こういった音質ならアップテンポの元気が良い音楽に合うと思います。

↑目次に戻る

操作感:耳元で操作可能、音量調節が出来るのが嬉しい

『Sudio T2』の操作方法について説明します。

ほとんどの機能をイヤホンで操作できます。操作をする際には、イヤホン本体にある丸いタッチパネルを使用します。

下記画像の大きな丸い金属部分がタッチパネルです。

『Sudio T2』本体にタッチパネルがある

タッチパネルなので軽く触れるだけで操作できます。ボタンのように押し込む必要が無いため簡単に操作可能です。

音楽再生の操作方法

音楽の再生はタッチパネルを1回タップするだけです。停止も同様です。

音楽再生の操作方法

音楽再生の操作は下記の通りです。

『Sudio T2』:音楽再生の操作方法

  • 音楽再生・一時停止:1回のタップ(左右どちらでも可)
  • 曲送り:右イヤホン2回タップ
  • 曲戻し:左イヤホン2回タップ

1つ難点を言えば、タッチパネルの感度が良すぎて軽く触れただけで反応してしまう事です。

耳の上の髪をかき上げた際に、うっかりイヤホンのタッチパネルに触れてしまい、音楽が停止してしまうことがあります。

もう少しタッチ部分が小さいと良いかなと思いました。

音量調節の操作方法

同じくイヤホンのタッチパネルで音量の調節も可能です。

タッチパネルを3回タップすることで、音量を上げ下げできます。

『Sudio T2』:音量調節の操作方法

  • 音量を上げる:右イヤホン3回タップ
  • 音量を下げる:左イヤホン3回タップ

この機能はとても便利ですね。

アップルの『AirPods Pro』を所有していますが、『AirPods Pro』の場合は、音量を変更する際には『Siri』に呼びかけるか、『iPhone』本体を操作する必要があります。

通勤電車など人混みで『Siri』に話しかけるのはイヤですから(笑)、そういう状況では手で『iPhone』を操作する必要があります。

満員電車で『iPhone』を取り出すのは結構ストレスです。

その点『Sudio T2』は耳元をタップするだけで音量を調整できるので便利です。

『Sudio T2』本体の電源をオンオフする

『Sudio T2』本体の電源は、充電ケースから取りだした際に自動的にオンになります。

充電ケースから出すと電源がオン。入れるとオフ

それ以外にも、タッチパネルを操作することで自分の意思で電源のオンオフが可能です。

『Sudio T2』:イヤホン電源のオンオフ

  • 電源オン:5秒間の長押し(左右どちらでも可)
  • 電源オフ:5秒間の長押し(左右どちらでも可)

『Sudio T2』は耳から外しても自動でオフにならないようです。

ケースに入れないで放置しているとバッテリーが減ってしまうので、ケースに入れない場合は手動でオフにすると良いでしょう。

また、音楽を再生したまま耳から外しても自動で再生が停止しませんので、手動で停止操作をする必要があります。

充電ケースに収めてしまえば、自動で音楽が停止します。

『Sudio T2』で通話する方法

『Sudio T2』を装着したまま、電話に出ることも出来ます。

通話時の操作方法

通話する際の操作方法は下記の通りです。

『Sudio T2』:通話時の操作方法

  • 通話応答:1回のタップ(左右どちらでも可)
  • 通話終了・着信拒否:3秒間の長押し(左右どちらでも可)

↑目次に戻る

装着感:しっかり耳に装着できる

『Sudio T2』を装着している様子 ※画像出典:『Sudio』公式サイトより

『Sudio T2』の装着感はしっかりしています。

耳に差し込む方向を間違えずに装着すれば、結構しっかりとホールドされますね。

アップルの『AirPods Pro』よりも耳から落ちにくく安定しているような気がします。

また、『AirPods Pro』はイヤホン表面がツルツルした質感なので手に持ったときも滑って落としやすいのですが、『Sudio T2』は表面がマットな質感なので落としにくく感じました。

(マットな質感ですがスルスルした手触りなので滑ることもあります)

↑目次に戻る

ノイズキャンセリング:切替がわかりにくいのが残念

ノイズキャンセリング:切替がわかりにくいのが残念

『Sudio T2』にはアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能が搭載されています。

ANCは周囲の環境音を瞬時に分析して、リアルタイムにノイズを打ち消すことが出来る機能です。

試してみたところ、『Sudio T2』のノイズキャンセリング効果は比較的マイルドに感じました。

とはいえ、機能をオンにすれば周りのノイズはきちんと抑えてくれます。

しかも、イヤホン装着時の遮音性が結構高いようなので、通常モードでも意外と周囲のノイズが低減します。

『Sudio T2』のノイズキャンセリング機能はマイルドではありますが、充分に周囲の音を遮ることができ問題なく音楽をたのしめます。

他社のノイズキャンセリング機能が強いイヤホンの場合、機能をオンにすると耳が詰まったような圧迫感で気分が悪くなることがあるのですが、『Sudio T2』は効果がマイルドなので、そういった気分になることはありませんでした。

モード切替がわかりにくい

『Sudio T2』では、イヤホンのタッチパネルを2秒間長押しすることで、ノイズキャンセリングモードに切り替えることが出来ます。

モードは下記の3種類があります。

ノイズキャンセリングモード切替方法と切替順序

通常モード(タッチパネルを2秒間長押し)

ANCモード(タッチパネルを2秒間長押し)

外音取り込みモード(タッチパネルを2秒間長押し)

通常モードを含めモードが全部で3つありますが、どのモードに切り替えたのかが判断しにくいのが難点です。

切替時に効果音が鳴るのですが、音だけだと分かりにくいですね。(しかも効果音が大きくてちょっとビックリする)。

英語でも良いので音声ガイドでどのモードなのか案内してくれると良いなと思いました。

マニュアルにイラストがありますが、こちらもわかりにくですね。。。左から「通常モード」「ANCモード」「外音取り込みモード」です。

ノイズキャンセリング機能の切替方法

↑目次に戻る

音の遅延:基本的に問題ない

時計の画像

『YouTube』で動画を見て、映像に対して音声の遅延がないか試してみました。

特に遅延も無く再生されます。

映像内の喋ってる人の口元をよ〜く見ると、ほんの少し遅れるかな?という気がしないでもないですが、ほとんど気になりません。

映画鑑賞でも問題なく使用できるでしょう。

音楽鑑賞がメインなら全く問題ありません。

↑目次に戻る

充電:急速充電対応、10分充電で2時間再生できる

『Sudio T2』には充電用のUSBケーブルが付属します。パソコンなどのUSB端子に接続して充電します。

『Sudio T2』に付属するUSBケーブル

ケーブルが短いので、ちょっと充電しにくいです。

デスクトップパソコンに繋ぐ場合、背面のUSB端子だと不便ですがキーボードにUSB端子があると便利です。この場合は短くても問題ありません。

デスクトップパソコンのキーボードに接続した画像

『Sudio T2』側への接続は、充電ケースの裏側に接続端子がありますのでこちらに繋ぎます。

充電ケースの裏側にUSB端子がある

充電ケースに入れて持ち歩けば、かなりバッテリーが長持ちします。充電ケースも一緒にフル充電すると良いでしょう。

充電ケースの中にはイヤホンと接続する小さな端子があります。イヤホン本体を入れたまま充電ケースと一緒に充電出来ます。

『Sudio T2』充電ケース

なお、イヤホンを充電ケースから出したまま放置すると、バッテリーが消費されますので注意が必要です。

使用しない場合は、充電ケースに入れるか、前述の通り手動でイヤホン本体の電源をオフにしましょう。

『Sudio T2』:イヤホン電源のオンオフ

  • 電源オン:5秒間の長押し(左右どちらでも可)
  • 電源オフ:5秒間の長押し(左右どちらでも可)

充電時間一覧

『Sudio T2』は急速充電が可能で、10分の充電で約2時間の再生が可能です。

フル充電するには60分かかります。

『Sudio T2』:充電時間

  • 急速充電:10分(2時間再生可能)
  • フル充電時間
    • イヤホン:60分
    • 充電ケース:60分
    • イヤホン+充電ケース:60分

連続再生時間

フル充電時の連続再生時間は下記の通りです。

『Sudio T2』:連続再生時間

  • イヤホン単体:約7.5時間
  • イヤホン+充電ケース使用:合計約35時間
  • ANC使用時:約6.5時間

アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を使用すると、すこし再生時間が短くなるようです。

↑目次に戻る

本体と同梱物詳細:イヤーチップやクロスが付属している

『Sudio T2』パッケージの箱

『Sudio T2』の同梱物一式を紹介します。パッケージには下記の物が入っています。

『Sudio T2』の同梱物一式

  • 『Sudio T2』本体
  • 充電ケース
  • USBケーブル
  • イヤーチップ
  • クロス
  • 取扱説明書

箱を開けると真っ白な内装の中に真っ白な充電ケースが入っています(カラーバリエーションは4色あります)。

『Sudio T2』の箱を開けた様子

とても綺麗ですね。

この充電ケースの手触りがとても気持ちよくて良いです。スルスルした手触りです。

充電ケース全体画像

充電ケースにはストラップがついています。

充電ケースのストラップ

以前、別の機種のストラップは手触りが硬かったのですが、『Sudio T2』では柔らかくなり改善されています。良い感じです。

充電ケースを開くと、中にイヤホン『Sudio T2』本体が入っています。

充電ケースの蓋を開けた様子

イヤホン『Sudio T2』本体です。白くて綺麗なデザインです。さすがヨーロッパのメーカーですね。オシャレです。

『Sudio T2』イヤホン本体画像

アップルの『AirPods Pro』のように棒が飛び出ていないところも良いです。

イヤホン本体もスルスルした手触りで気持ちよいですね。

イヤホンの裏側に左右の表示があります。

イヤホンの裏側に左右の印「R」「L」が書かれている

さらに箱を見てみると上下に小さな箱があります。

本体の下に付属品が入っている

小さな箱にはイヤーチップとUSBケーブルが入っています。

付属のイヤーチップとUSBケーブル

USBケーブルは『Sudio T2』の充電に使用します。

USBケーブル

イヤーチップは耳の穴の大きさに合わせて、自分で変更できます。

イヤーチップ

購入時はMサイズになっているので、M以外が付属しています。

マニュアルにイヤーチップの交換方法がイラストで掲載されています。

イヤーチップ交換方法

掃除用のクロスもついています。

付属のクロス

こちらはオーナーズガイド(取扱説明書)と注意書き。

取扱説明書

オーナーズガイドはほとんどイラストですが、注意書きには日本語で書かれている部分があります。

イヤホンのリセット方法も書かれているので、目を通しておきましょう。

使用上の注意やリセット方法

↑目次に戻る

無料で3年間の製品保証を受けられる

『Sudio』のメンバープログラム『Sudio Sphere(スーディオスフィア)』に加入すれば、3年間の製品保証も受けられます。

『Sudio Sphere』は、登録無料で会員費なども一切かかりません。

その他、下記のようなサービスがあります。

『Sudio Sphere』の主なサービス

  • 3年間の製品保証
  • パーソナライズされた特別オファー
  • メンバー限定のセールのご案内
  • 新製品やセールへの先行アクセス

『Sudio Sphere』公式サイト
Sudio Sphere

↑目次に戻る

『Sudio T2』商品情報 スペック詳細

『Sudio T2』の商品情報やスペックの詳細を紹介します。

『Sudio T2』の特徴は下記の通りです。

『Sudio T2』の特徴

  • 周囲の騒音を遮断するアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能搭載
  • 通話時に相手にクリアな音を届けるビームフォーミングマイク
  • 優れたダイナミックドライバー中心のサウンド設計
  • 急速充電可能
  • イヤーチップは4サイズ展開でどんな耳にも快適にフィット
  • タッチで簡単操作
  • 雨や汗にも耐える防水仕様

カラーバリエーションは4色あります。個人的には白が一番お薦めです。

『Sudio T2』のカラーバリエーション

『Sudio T2』の購入は公式サイトからどうぞ。送料も無料です。
↓↓↓
『Sudio』 公式サイト
Sudio T2
Sudio トップページ

公式サイトには、ヘルプセンターがあり『Sudio T2』の使い方などを見ることも出来ます。

公式サイト
『Sudio T2』 ヘルプセンター

スペックの詳細も掲載しておきます。

『Sudio T2』スペック詳細
名称 Sudio T2(スーディオ ティーツー)
ドライバー型式 ダイナミック
ボタン タッチパネル
製品タイプ インイヤー型完全ワイヤレスイヤホン
マイク 左右各2つ、合計4つ
重さ 46.2 g
イヤホン単体: 5.3 g
充電ケース: 35.6 g
音声アシスタント なし
防水性 汗や水しぶきへの耐久性あり
対応機器 Android, iOS, Mac OS, Windows, Linux
バッテリー
連続再生時間 イヤホン+充電ケース : 合計約35時間
イヤホン単体 : 約7.5時間
ANC使用時 約6.5時間
急速充電 10分の充電で2時間再生可能
フル充電所要時間(分) イヤホン: 60分
充電ケース: 60分
イヤホン+充電ケース: 60分
最低/最高 動作環境温度 -20℃ - 60℃
サウンド
ドライバーサイズ 8 mm
インピーダンス 16Ω
出力音圧レベル 92dB @1.0KHz
接続
ワイヤレス接続 対応
Bluetooth規格 5.2
通信距離 10 m
対応コーデック SBC
充電タイプ USB
USBタイプ Type-C

↑目次に戻る

iPhoneとのペアリング(接続)方法

『iPhone』とのペアリング(接続)は、Bluetooth接続で行います。

『Sudio T2』をケースから取り出して電源をオンにします。ケースから出せば自動でオンになるはずです。

電源がオンになると『iPhone』の「設定」ー「Bluetooth」ー「その他のデバイス」に『Sudio T2』が表示されますので、『Sudio T2』の表示をタップします。

Sudio T2がiPhoneのBluetoothデバイスに表示される

タップすると接続が開始され「自分のデバイス」欄に「接続済み」と表示されます。

Sudio T2がiPhoneに接続される

「接続済み」になれば『Sudio T2』を使用できます。

音声ガイドが接続をお知らせ

『iPhone』と接続すると『Sudio T2』本体の音声ガイドが英語で「Connected」と言ってくれるので分かりやすいです。

また、ケースから出して電源がオンになったときも音声ガイドが「On」、ケースにしまって電源がオフになったときも「Off」と言ってくれます。

『iPhone』のウィジェットでバッテリー残量チェック

接続されると『iPhone』のウィジェットでバッテリー残量のチェックも出来ます。これ便利です。

iPhoneのイヤホンバッテリー残量表示

↑目次に戻る

年末年始キャンペーン情報

『Sudio』では、2021年12月27日〜1月9日の間、年末年始キャンペーンを開催しています。

『Sudio』年末年始キャンペーン

年末年始キャンペーンでは、Sudio製品が詰まった福袋が3種類販売されます。

今回紹介した『Sudio T2』が入った福袋『Sudio T2 福袋(4点セット)』も販売されます。

Sudio T2 福袋(4点セット)

『Sudio T2 福袋(4点セット)』には、『Sudio T2』を含んだ3万円相当以上の商品が計4点入っています。

『Sudio T2 福袋(4点セット)』内容

  • 好きなカラーを選べる『Sudio T2』
  • 他ワイヤレスイヤホン1点
  • アクセサリ2点
  • 価格:17,900円(※31,400円相当)
※在庫限りで予告なく販売終了となります。

福袋には『Sudio T2』の他に、もう1つのイヤホンが入っているようなので、家族用にもう1つイヤホンが欲しい場合や、友達にプレゼントする場合などは、福袋を購入するとお得かも知れません。

年末年始キャンペーンの詳細は下記の通りです。

年末年始キャンペーン情報

  • 期間:2021年12月27日~2022年1月9日
  • 内容:完全ワイヤレスイヤホンの福袋を3種類販売
※在庫限りで予告なく販売終了となります。

購入は公式サイトからどうぞ。下記の15%オフクーポンも利用できます。

15%OFFクーポンコードはこちら

クーポンコード:ysz15

※有効期限:無し
※『Sudio』公式サイトですべての商品を15%オフで購入可能です。

購入は公式サイトからどうぞ。送料も無料です。
↓↓↓
『Sudio』 公式サイト
Sudio トップページ

↑目次に戻る

『Sudio』とは

『Sudio』はスウェーデンのストックホルム発のオーディオテクノロジー企業で、2012年に設立された比較的若い企業です。

音質はもちろんのこと、デザインやシンプルさなどでも最高峰のクオリティを追求して製品を開発しています。

環境に対する取り組みが評価されスウェーデンのトップ11企業に選出

『Sudio』は、排出する二酸化炭素の相殺に取り組むなど環境に配慮したサステナブルビジネスを構築しています。

主に下記のような取り組みを行っています。

『Sudio』の環境への取り組み

  • 排出される二酸化炭素の相殺
  • プラスチック不使用の製品パッケージへの移行
  • 自然由来の素材をもとにしたアクセサリの展開
  • アースデイを祝してWWF(World Wildlife Fund)への寄付

上記のような取り組みが評価され、サステナブルな成長を遂げたスウェーデンのトップ企業に授与される「Cupole Symbiosis prize」のファイナリスト11社に名を連ねています。

「Cupole Symbiosis prize」

↑目次に戻る

まとめ:15%割引クーポンコードがあるので是非ご利用を

以上、『Sudio T2』の使用レビューでした。

操作感が良く、耳元でほとんどの操作が可能なのがとても便利に感じました。

デザインがオシャレですし見た目も良いですね。『AirPods Pro』のような棒が飛び出ていないのも嬉しい点です。

価格も『AirPods Pro』よりも安いですし、15パーセントオフのクーポンも使え、コストパフォーマンスも良いと思います。

オシャレでコストパフォーマンスの良いイヤホンを探している人は、購入を考えてみてはいかがでしょうか?

購入の際には当ブログ限定の15%割引クーポンコード「ysz15」を是非お使いください。『Sudio』公式サイトにて、どなたでも15%割引きで購入できます

15%OFFクーポンコードはこちら

クーポンコード:ysz15

※有効期限:無し
※『Sudio』公式サイトですべての商品を15%オフで購入可能です。

『Sudio T2』の購入は公式サイトからどうぞ。送料も無料です。
↓↓↓
『Sudio』 公式サイト
Sudio T2
Sudio トップページ

『Sudio』の公式SNSアカウントもあります。
↓↓↓
『Sudio』公式SNSアカウント
・Instagram:https://www.instagram.com/sudio/
・Facebookページ:https://www.facebook.com/sudiosweden/
・Twitter:https://twitter.com/sudiosweden