おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

名古屋JRゲートタワーホテルに宿泊!良い点悪い点、行き方、部屋、バスルームを紹介

名古屋JRゲートタワーホテルに宿泊!良い点悪い点、行き方、部屋、バスルームを紹介

こんにちは、よしぞうです。

仕事で名古屋へ行った際に、『名古屋JRゲートタワーホテル』に宿泊しました。

高級感のあるビジネスホテルという感じで良かったです。

今回は、『名古屋JRゲートタワーホテル』へのアクセス方法や宿泊料金、部屋の中、ミニバー、バスルーム、アメニティ、クローゼット、などを紹介します。

別記事で、ホテルの朝食(モーニングブッフェ)について詳しく紹介していますので、そちらも参考にどうぞ。
↓↓↓
おとなのらいふはっく
名古屋JRゲートタワーホテル 朝食ブッフェレポート!名古屋めしが豊富!

『名古屋JRゲートタワーホテル』の詳細については公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
名古屋JRゲートタワーホテル

宿泊予約は一休.comを利用しました。

ポイントも貯まり、利用するほどポイント還元率が上がりお得です。
↓↓↓
一休.com
名古屋JRゲートタワーホテル プラン一覧
名古屋駅周辺のホテル
名古屋駅周辺の美味しいレストラン

予約はこちら

『名古屋JRゲートタワーホテル』の予約は一休.comをどうぞ

目次:

結論:高級感があるのでプチ贅沢な旅行や出張をしたい人にお薦め

名古屋JRゲートタワーホテル 感想

『名古屋JRゲートタワーホテル』は高級なビジネスホテルという感じです。

決して高級ホテルではありませんが、通常のビジネスホテルよりも高級感があるので気持ちよく宿泊できます。

接客もしっかりしているので、不快な思いをすることもないでしょう。

その分、価格設定は多少高めかも知れません。

それでも、隣接する『名古屋マリオットアソシアホテル』よりもリーズナブルな価格です。

ビジネスだけではなく、旅行用途での利用も問題ありません。多くの観光客が来ています。

駅の真上なのでアクセスにも便利です。移動時間を節約したい人にもお薦めです。

以下、良い点と悪い点を明記します。

↑目次に戻る

良かった点

『名古屋JRゲートタワーホテル』の良かった点は下記の通りです。

『名古屋JRゲートタワーホテル』の良い点
  • 明るくて綺麗なホテル、気持ちよく過ごせる
  • スタッフの接客が良い
  • バスルームの広さは高級ホテルレベル
  • 名古屋駅の真上なので買い物や食事にも便利
  • 自動チェックアウト機で時短チェックアウトできる

全体的な印象としては、良いホテルだと感じました。

スタッフの接客も良いですし、明るくて綺麗なホテルなので、とても気持ちよく過ごす事が出来ます。

『名古屋JRゲートタワーホテル』
新しく綺麗なので気持ちよい

部屋の照明も高級ホテルよりは明るい設定なので、部屋で仕事をする場合にもありがたいです(高級ホテルは薄暗い場合が多い)。

部屋の中の様子
画像は昼だが、夜もホテルにしては照明が明るめの設定で仕事しやすい

バスルームは想像以上に広くて快適でした。バスタブは足を伸ばせる広さなのでリラックスできます。

バスルームの浴槽
バスタブは足を伸ばせる広さで快適

ホテルは名古屋駅の真上にあるので、アクセスも良く、雨の日も濡れずにホテルへ行けます。

チェックアウト時には自動チェックアウト機が利用できるので、あっという間にチェックアウト作業が完了します。

急いでいる時に便利です。

↑目次に戻る

悪かった点

『名古屋JRゲートタワーホテル』の悪かった点は下記の通りです。

『名古屋JRゲートタワーホテル』の悪い点
  • レストランが1つしかない
  • 洗面台が1人用サイズ
  • 金額的にはビジネスホテルよりも少し高め

『名古屋JRゲートタワーホテル』には、レストランが1つしかないのが残念です。『THE GATEHOUSE』というレストランで食事をすることになります。

レストラン『THE GATEHOUSE』
レストランは『THE GATEHOUSE』1つしかない

朝食付きプランの場合、連泊すると飽きてしまうかもしれません。

飽きた場合は、ビルの同じフロアにあるコンビニでお弁当などを買うことも出来ます。

また、このホテルが入っている「JRゲートタワー」、隣接する「JRセントラルタワーズ」のレストランで食事するのも良いでしょう。

ジェイアールセントラルビル 公式サイト
JRセントラルタワーズ・JRゲートタワー

名古屋駅周辺のレストラン予約はこちらをどうぞ
↓↓↓
一休.comレストラン
名古屋駅周辺の美味しいレストラン

バスルームは広くて良かったのですが、洗面台が1人用サイズで少々小さめに感じます(スーペリアダブルの場合)。

洗面台と洗濯機
洗面台は一人用でやや狭い

2人で宿泊する場合は洗面台の順番待ちをする必要がありますので、朝は時間に余裕を持った方が良いでしょう。

宿泊料金的にはビジネスホテルよりも少し高めの設定です。1万円以内で泊まりたいという需要には向きません。

その代わり、高級感があるので気持ちよく宿泊できます。

以上、『名古屋JRゲートタワーホテル』の良い点と悪い点でした。

基本的には、大きな問題もなく、全体的にはいいホテルだと感じました。

↑目次に戻る

宿泊料金目安

今回宿泊した『名古屋JRゲートタワーホテル』の料金です。

今回宿泊した部屋と料金
  • 部屋:スーペリアダブル
  • 料金:朝食付き 22,250円/泊(税・サービス料込)

「スーペリアダブル」は下から2番目のランクの部屋です。一番安い部屋ならもう少し安く宿泊できます(価格は時期によって変動があります)。

部屋タイプ 料金(朝食なし) 料金(朝食付)
モデレートダブル(20.0㎡) 15,000 20,000
スーペリアツイン(28.0㎡) 22,000 27,000
スーペリアダブル(26.6㎡) 22,000 27,000
デラックスコーナーツイン(37.0㎡) 29,500 34,500
デラックスコーナーツイン ビューバス(37.0㎡) 31,000 36,000
部屋おまかせ 15,000 なし

※価格は一休.comの価格(2020/02/10 現在)

どの旅行予約会社も金額的には大きな違いがありません。

予約は一休.comをどうぞ。予約時に貯まるポイントをその場で割引きに利用できるので、一層安くなる場合もあります。

また、利用するほどポイント還元率が上がりお得です。
↓↓↓
一休.com
名古屋JRゲートタワーホテル プラン一覧

↑目次に戻る

アクセス方法:名古屋駅ほぼ直結!桜通口に出てエレベーターで15階へ

『名古屋JRゲートタワーホテル』への行き方を紹介します。

JR名古屋駅に付いたら桜通口へ出る

『名古屋JRゲートタワーホテル』はJR名古屋駅に直結しています。駅の上にホテルがあります。

下の画像の真ん中のビルが『名古屋JRゲートタワーホテル』。

『名古屋JRゲートタワーホテル』外観
画像の真ん中のビルが『名古屋JRゲートタワーホテル』

アクセスマップはこちら。桜通口側にあります。

名古屋JRゲートタワーホテル アクセス
  • 住所:〒450-6660 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3
  • 最寄り駅:
    • JR各線・新幹線「名古屋」駅 ほぼ駅直結
    • 名鉄「名鉄名古屋」駅 徒歩2〜3分
    • 近鉄「近鉄名古屋」駅 徒歩2〜3分
    • 市営地下鉄 東山線・桜通線「名古屋」駅 徒歩1〜2分

桜通口に出たら、ビル案内板(縦長)が5枚ある前を左に行きます。JRゲートタワーがある方向です。

名古屋駅の桜通口
JR名古屋駅の桜通口を出たら左に行く(JRゲートタワーへ)

JRゲートタワーのエレベーターで15階へ行く

左に進むと、すぐに右側にエレベーター(ゲートタワーシャトル)がありますので、それに乗って15階へ行きましょう。

JRゲートタワー エレベーターシャトル
すぐ右手にJRゲートタワーのエレベーターがある

ゲートタワーシャトルの1階ホールです。ゲートタワーにはオフィスやお店が入っているので、早朝や夕方は通勤客で混雑します。

エレベーターシャトルのホール
エレベーターホール。朝は通勤する人も多く乗るので混んでる

15階に『名古屋JRゲートタワーホテル』のロビーがあります。

エレベーターの中 15階が『名古屋JRゲートタワーホテル』
15階に『名古屋JRゲートタワーホテル』のロビーがある

15階の右奥にホテルの入り口がある

15階に付いたら、エレベーターホールを出て右に行きます。かなり距離がありますが奥にホテルの入り口があるのが見えます。

JRゲートタワー15階の様子
15階についたら右の奥にホテルがある

こちらが『名古屋JRゲートタワーホテル』の入り口です。ガラス張りで綺麗な入り口です。

『名古屋JRゲートタワーホテル』 入り口
15階の奥にある『名古屋JRゲートタワーホテル』の入り口

入り口から入って道なりに進んでいけばロビーがありますので、こちらでチェックインしましょう。

『名古屋JRゲートタワーホテル』のロビー
『名古屋JRゲートタワーホテル』のロビーはそれほど広くない

ロビーはあまり広くないので、海外からの旅行者が多いと結構混雑します。

チェックイン作業

チェックインは普通のホテルのように、スタッフが対面で手続きしてくれます。混んでいなければ5分くらいで終わります。

一方、チェックアウト時は、自動精算機による手続きで10秒くらいで終わります。機械にカードキーを挿入して行います。

スタッフが側に付いていてくれるので、操作に困ることはありません。

デポジットのクレジットカード提示は必要なし

一般的な高級ホテルでは、チェックイン時に「デポジットのクレジットカード提示」を求められますが、『名古屋JRゲートタワーホテル』では求められませんでした。

あれって、なんか好きじゃないので良かったです。

そしてもう1つ、高級ホテルによくあるターンダウンサービス(就寝時のベッドメイク)を行っているか尋ねてみたら、やっていないとのこと。

『名古屋JRゲートタワーホテル』は、高級ホテルのようなサービスまでは行っていないようです。

注意:カードキーが無いと部屋のフロアには行けない

チェックインが済んだらカードキーを受け取って部屋へ向かいます。

スタッフによる部屋への案内はありません。自分で行きます。

フロントの手前に部屋へ行くエレベーターが用意されています。

タイトル
部屋に行くエレベーターはフロントの手前にある

エレベーターに乗り込み部屋へ向かいます。部屋番号はカードキーと一緒に渡されたカードに書かれています。

部屋までのエレベーター
部屋に向かうエレベーター内部。ロビー階から24階までを行き来している

このエレベーターには、セキュリティがかかっています。

フロアボタンの下にあるセンサーに自分の部屋のカードキーを重ねないと、部屋の階のボタンを押せません。

エレベーターのカードキーセンサー
自分のカードキーが無いとフロアボタンを押せない

友達と宿泊した際にカードキーを持っている方が先に部屋に戻ってしまうと、残された方はエレベーターを動かせませんので注意しましょう。

おそらく2人で宿泊した際は、カードキーを2枚貰えると思いますが。。。

15階から『名古屋マリオットアソシアホテル』へも行ける

15階は、隣接するビル「JRセントラルタワーズ」と通路で繋がっています。

エレベーターで15階に付いた際、『名古屋JRゲートタワーホテル』の反対側に行くと「JRセントラルタワーズ」に続く通路があります。

「JRセントラルタワーズ」の15階には、『名古屋マリオットアソシアホテル』があります。

15階から名古屋マリオットアソシアホテルに繋がる通路
15階を左に行くと名古屋マリオットアソシアホテルにも行ける通路がある

『名古屋マリオットアソシアホテル』は、宿泊価格が少々お高いですがレストランの種類が多いので、レストランだけ利用してみても良いでしょう。

一休.com
名古屋マリオットアソシアホテル
名古屋マリオットアソシアホテルのレストラン

残念ながら、今回宿泊した『名古屋JRゲートタワーホテル』にはレストランが1つしかないので、連泊した場合は飽きてしまいます。

↑目次に戻る

部屋(スーペリアダブル)の中を紹介

ここからは、部屋の内部を紹介します。宿泊したのは「スーペリアダブル(26.6㎡)」です。

スロットにカードキーを入れると電源が使用可能になる

部屋に入ったら、まず、ドア脇にあるスロットにカードキーを差し込みましょう。

カードキーを入れるスロット
ドア脇のスロットにカードキーを入れる

このスロットにカードキーを入れると電源が使用可能になるようです。

注意

出かける時はカードキーを入れっぱなしにしないように。オートロックなので、カードキーを忘れてドアを閉めてしまうと部屋には入れません。

部屋全体とベッドの様子

続いて部屋全体の様子を紹介します。入り口側から見ると下の画像のような感じです。

スーペリアダブルの様子
部屋(スーペリアダブル 26.6㎡)の様子。部屋入り口からの眺め

宿泊した部屋タイプは「スーペリアダブル(26.6㎡)」です。

『名古屋JRゲートタワーホテル』の部屋の中では下から2番目のランクの部屋です。

価格は一休.comを利用して22,250円/泊(朝食付)でした。少しだけ広めの部屋なのでやや高めでした。

一番狭い部屋「モデレートダブル(20.0㎡)」なら1万5千円前後になるようです。

『名古屋JRゲートタワーホテル』公式サイト
スーペリアダブル

一休.com
名古屋JRゲートタワーホテル プラン一覧

客室は全て禁煙です。ロビー(15階)に喫煙室(24時間利用可能)がありますので、そちらを利用しましょう。

部屋の反対側(窓側)から見た様子です。

スーペリアダブルを窓側から見た様子
部屋を窓側から見た様子

真ん中奥の鏡がある部分が入り口です。右手にある開いた扉はクローゼットです。

ベッドは、ホテル御用達で有名なシモンズ社製のベッドです。気持ちよかった。

スーペリアダブルのベッド
スーペリアダブルのベッド。二人でも宿泊できる

壁は「エコカラット」という物を採用しています。消臭や調湿機能があるタイルだそうです。

部屋の壁はエコカラット
エコカラットという壁を使用、湿気や臭いを吸収する

天井には埋め込み型ナノイー発生機もあり、宿泊環境に配慮したホテルです。

ナノイー発生機
天井にはナノイー発生機があり花粉やハウスダストを抑制

部屋に常備されていませんが、『名古屋JRゲートタワーホテル』では、下記の備品を借りることが出来ます。

貸出可能備品
  • 加湿器
  • 低反発枕
  • 毛布
  • 体温計
  • ブルーレイプレーヤー(有料)

必要な人はフロントに問い合わせてみましょう。

下記の公式サイトにも備品が掲載されています。

『名古屋JRゲートタワーホテル』公式サイト
快適な客室のこだわり

↑目次に戻る

窓からの景色:ビルが隣接しているのでやや微妙

窓からの景色も紹介します。やはり名古屋駅にあるので周囲はオフィスビルが多いです。

部屋の位置にもよると思いますが、窓からの景色は微妙ですね。

23階のスーペリアダブルからの景色
23階の部屋からの景色。ビルが隣接している

窓を開けていると外からの視線が気になります。レースのカーテンだけでも閉めておいた方がいいでしょう。

夜景はこんな感じです。

23階のスーペリアダブルからの夜景
夜景。ビルがあるのでやや微妙

ビルで働いている人が見えます。ということは、向こうからもこっちが部屋で何をしているか見えてしまうと思います。

↑目次に戻る

Wi-Fiは無料、IDとパスワードは仕事机にある

部屋には仕事用の机も設置されています。木製でいい感じですね。これ欲しいな。

仕事用の机
木製のオシャレな仕事机がある

机の上に、ホテルで利用できる無料Wi-FiのSSIDとパスワードが表示されています。セキュリティに注意しながら利用しましょう。

無料Wi-FiのIDとパスワード
無料のWi-Fiも用意あり。机の上にIDとパスワードの案内がある

手前の引き出しを開けると様々なアイテムが入っています。

仕事机の引き出しの中
引き出しの中の様子

LANケーブルや、USBケーブル、耳栓など。

LANケーブルや耳栓など
耳栓やケーブル類が入っている

USBケーブルは便利ですが、よしぞうはセキュリティの観点から必ず自分の持参したUSBケーブルを利用しています。

宅配便の伝票も入っています。元払いと着払いが用意されています。

宅急便の伝票
宅急便の伝票。元払いと着払いどちらも用意

多くの人が宅配便はあまり利用しないと思いますが、よしぞうはお土産などで荷物が増えた際に利用することがあります。

↑目次に戻る

部屋の機能はタブレット端末で操作できる

部屋の照明やエアコンなどは、ベッドサイドに置いてあるタブレット端末でコントロールできます。

ハイテクだな〜!!

部屋を操作するためのタブレット
部屋の機能はタブレットで操作できる

照明の明るさを調整する画面です。誰でも利用できるように分かりやすいインターフェースになっていますね。

照明の明るさを操作
照明の明るさを操作している様子

先程の机の上には、タブレットで操作できる機能の一覧表が置いてありますのでチェックしておきましょう。

タブレットの操作方法
机の上にタブレットで操作できる内容が書かれている紙がある

タブレット端末で操作できる機能一覧
  • 照明の明るさ
  • 新聞の閲覧
  • エアコンのオンオフ
  • ルームサインのオンオフ
  • 貸し出し備品の依頼
  • インターネット閲覧
  • 目覚まし時計
  • 各種案内

インターネット閲覧が出来るので、自分のスマートフォンやパソコンを無料Wi-Fiに繋げたくない人には便利です。

また、タブレットで「日経新聞電子版」や「ウォール・ストリート・ジャーナル」が読めるのも嬉しいポイントです。

タブレットに表示される日経新聞電子版やウォール・ストリート・ジャーナル
日経新聞電子版やウォール・ストリート・ジャーナルも読める

出張ビジネスマンを意識したサービスなのだと思います。

その代わり、高級ホテルのような新聞の朝刊を配達してくれるサービスはありません。

カーテンは手動です。高級ホテルではボタンを押すと自動で開閉できますが、このホテルでは自分で開け閉めします。

カーテンを開けるハンドルバー
カーテンは手動で開閉する。ハンドルがぶら下がっている

↑目次に戻る

ミニバーに無料のミネラルウォーター4本とネスプレッソがある

ベッドの向かい側にはテレビがあり、その下にミニバーが用意されています。

テレビとミニバーの様子
ベッドの向かいにテレビとミニバーがある

テレビは地上波とBSの無料の放送が見られます。普通の家と同じ状態です。

残念ながら、テレビチャンネル表が置いてないのでどのチャンネルがどの放送局か分かりにくいです。テレビの番組表機能で調べましょう。

ミニバーには、水やネスプレッソが用意されています。これは結構嬉しい。

ミニバーの様子
高級ホテルのようなミニバーがある

ミネラルウォーターは4本あり、すべて無料。ネスプレッソのカプセルも無料で利用できます。

無料で飲める水とエスプレッソ
ミネラルウォーターとエスプレッソが常設されている

ネスプレッソのカプセルは2種類です。

  • リニツィオ・ルンゴ(まろやかでなめらかな味)
  • ヴィヴァルト・ルンゴ(フルーティーな香り)

追加で欲しい場合は1個100円(税別)で購入できます。

カプセルを機械にセットして自分でコーヒーを淹れます。

エスプレッソの機械
エスプレッソの機械も使用できる

テレビ台の下には冷蔵庫やカップ、日本茶などが入っています。

ミニバーの下にある冷蔵庫
ミニバーの下には冷蔵庫とカップ類が隠れている

上段にはグラスやカップ、日本茶などがあります。

グラスとお茶が入っている引き出し
グラスとカップ、スプーン、お茶もここにある

下段には、アイスペール、電気ポットもあります。

電気ポット
電気ポットもあるのでお湯を沸かせる

冷蔵庫の中は空でした。自分で買ったものを入れておけますね。

冷蔵庫の中の様子
冷蔵庫の中は空なので、外で買った物を入れておける

氷が欲しい場合は、フロアのエレベーターホールに製氷機があります。自動販売機もあるのでお酒も買えます。

エレベーターホールにある自動販売機と製氷機
フロアのエレベーターホールに自動販売機と製氷機がある

ミニバーとは関係ありませんが、ミニバーの棚の引き出しにはパジャマが入っています。

パジャマは引き出しの中
ミニバーのとなりの引き出しにパジャマがある

↑目次に戻る

クローゼットは大きめで二人利用もOK

次にクローゼットを紹介します。

クローゼットは結構大きめで、2人で宿泊しても問題ない大きさです。

クローゼットの様子
大きめのクローゼットが用意されている

小さめのキャリーバッグなら、2つ入るでしょう。

室内用のスリッパも入っています。その他、ハンガー、靴べら、アイロン、アイロン台などがあります。

クローゼットの中の様子
クローゼットの中の様子、キャリーバッグも入る広さ

スリッパは薄手の物なので、あまり履き心地がいい物ではありません。

壁には消臭剤もぶら下がっていました。スーツの臭いが気になる方は使ってみましょう。

クローゼットの消臭剤
消臭剤も用意されている

パジャマは前述の通り、クローゼットではなくテレビ台の下の引き出しに入っています。

パジャマは引き出しの中
ミニバーのとなりの引き出しにパジャマがある

↑目次に戻る

バスルームも広い!洗濯機があるよ!

次にバスルームを紹介します。

バスルームは、クローゼットの向かい側にあります。

バスルームの位置
バスルームはクローゼットの反対側にある

ドアを開けると洗濯機が目に飛び込んできてビックリした!まじか。

スーペリアダブルのバスルーム
バスルームの中の様子、かなり広い

広さも結構ありますね、まるで家だな。

洗濯機はシャープ製のドラム式洗濯機です。出張で服が汚れた場合や長期旅行に便利そうです。

バスルームにあるシャープ製の洗濯機
シャープ製のドラム式洗濯機がある。数日宿泊する人には嬉しい

ちゃんと洗剤も用意されていますよ。トップの「ナノックス」。

用意されている洗剤
洗剤も用意されている。トップのナノックス。

↑目次に戻る

洗面台は一人用のサイズ

バスルームの広さに比べると洗面台は狭く感じました。1人で利用する感じですね。

洗面台と洗濯機
洗面台は一人用でやや狭い

2人で宿泊する朝は、奪い合いになりそうです(笑)。

洗面台の鏡は大きくて、身だしなみを整えるには便利です。

洗面台の様子
洗面台の鏡は大きくて使いやすい

↑目次に戻る

アメニティ類は一通りあり、女性向けにPOLA「カラハリ」製品もある

洗面台にはアメニティが一式置いてあります。

アメニティ類が豊富
アメニティは豊富に用意されている

基本的な物は一通り揃っています。歯ブラシやひげそり、パフ、綿棒、ナノイードライヤーなどがあります。

女性向けには、POLAの「カラハリ」があります。フェイスケア製品です。

アメニティのPOLA製フェイスケア製品
POLA製フェイスケア製品も用意されている

メイク落とし、洗顔料、化粧水、乳液がセットになっています。

POLA製フェイスケア製品 内訳
メイク落とし、洗顔料、化粧水、乳液がセットになってる

ハンドソープもPOLA製。大きなボトルタイプの据え置き型なので持ち帰りはできません。

ボトルタイプの石けん
石けんはポーラのボトルタイプが用意されている

お風呂で使える入浴剤も用意されています。

アメニティの入浴剤
アメニティには入浴剤も用意されている

なお、「お子様用アメニティ(ハブラシ・スリッパ)」も用意しているようなので、必要な方はフロントに問い合わせてみましょう。

『名古屋JRゲートタワーホテル』公式サイト
快適な客室のこだわり

↑目次に戻る

バスタブは足を伸ばせる大きさ、シャワーは2種類ある

洗面所の奥にはトイレとお風呂があります。まずはお風呂を紹介します。

バスルームの奥にあるトイレと浴槽
バスルームの奥にはトイレ(左)と浴槽(右)がある

お風呂もこれまた広い!高級ホテル並みの広さですね。

浴槽とシャワー
浴槽の様子、横にはシャワーも完備されている

お風呂は洗い場もあり、とても使いやすいです。

シャワーは、手持ちのハンドシャワーと、上部に固定されたレインシャワーの2種類があります。

シャワーはハンドシャワーとレインシャワー
シャワーは手持ちのシャワーと上部固定のシャワーの2種類がある

浴槽は足を伸ばせる広さで快適です。出張で疲れた体もリラックスできます。

浴槽は足を伸ばせる広さ
浴槽は足を伸ばせる広さ、白くて綺麗

シャンプーやボディソープ等のアメニティも、POLA製品でした。『名古屋JRゲートタワーホテル』はPOLA推し。

シャンプーやボディソープ
アメニティのシャンプーやボディソープ等もPOLA製品

↑目次に戻る

トイレにはウォシュレット完備

続いてトイレを紹介します。トイレは普通のトイレです。

トイレの様子
トイレは普通に洋式トイレ

日本で「普通のトイレ」と言えば、ウォシュレット完備のこと(笑)。これがないホテルは日本のホテルと言えません(きっぱり)。

ウォシュレット完備
もちろんウォシュレット完備。これ無しでは生きられない

ウォシュレットは、水の勢いが強めです。

勢いを弱くしても、また次に使用する際には強い水流に戻ってしまうのが難点。普通は覚えててくれるけどなあ。

トイレには禁煙の表示がありました。

主に外国語で書かれているので、外国人がマナーを守らないのかな?? 

トイレにある禁煙の表示
トイレに大きく禁煙の表示がある

ちなみに、ホテル内のあちこちで禁煙の表示を見るので、結構ホテルも困っていると思われます。

喫煙所が15階にあるので利用しましょう。

↑目次に戻る

朝食はブッフェ形式、名古屋名物料理が多数用意されている

朝食はブッフェ形式で、15階(ロビー階)にある『THE GATEHOUSE』というレストランで提供されます。

レストラン『THE GATEHOUSE』の入り口
15階にあるレストラン『THE GATEHOUSE』

通常のホテルのブッフェのように、サラダやハム、ベーコン、温かい料理、パンなどが用意されています。

ブッフェ台のサラダ
サラダの野菜は5〜6種類が用意されている

こちらは温かい料理。連泊して利用したところ、日によって内容が若干変更になっていました。

温かい料理
温かい料理、日によってメニューが変わっていた

和食もあります。だし茶漬けを作ることも出来ます。

和食メニュー
和食も用意されている。ご飯派の人にも嬉しい

『名古屋JRゲートタワーホテル』で是非食べたいのが、名古屋めし。名古屋の名物料理が多数用意されています。

こちらは「名古屋コーチンを使ったたまごサンド」。1人1つの限定物です。

名古屋コーチンを使ったたまごサンド
名古屋コーチンを使ったたまごサンド

海老フライや味噌串カツ、どて煮などのメニューも用意されています。

海老フライ
名古屋名物 海老フライ

朝食ブッフェについては、別記事で詳しく紹介しています。
↓↓↓
おとなのらいふはっく
名古屋JRゲートタワーホテル 朝食ブッフェレポート!名古屋めしが豊富!

以上、『名古屋JRゲートタワーホテル』について紹介しました。

続いて、宿泊料金の目安や、割引価格で予約できる旅行サイトをまとめましたので、是非ご覧ください。

↑目次に戻る

宿泊料金と安く予約できるサイトを紹介

『名古屋JRゲートタワーホテル』の宿泊料金の目安と、お得に予約できる予約サイトや旅行会社を紹介します。

宿泊料金の目安

宿泊料金はだいたい下記のような金額になります(レジャーシーズンは高くなると思います)。

価格は一休.comの価格です(2020/02/10 現在)。

部屋タイプ 料金(朝食なし) 料金(朝食付)
モデレートダブル(20.0㎡) 15,000 20,000
スーペリアツイン(28.0㎡) 22,000 27,000
スーペリアダブル(26.6㎡) 22,000 27,000
デラックスコーナーツイン(37.0㎡) 29,500 34,500
デラックスコーナーツイン ビューバス(37.0㎡) 31,000 36,000
部屋おまかせ 15,000 なし

他の予約サイトも、だいたい同じくらいの価格です。

一休.comの場合は、予約で獲得できるポイントをその場で割引に使用できる点がメリットです。

ホテルだけを予約するならこちら

ホテルの宿泊を予約するなら、下記にリストアップした7つの大手サイトあたりが良いでしょう。

サイトによって、税込み表示だったり、税抜き表示だったりするので注意しましょう。

よしぞうはいつも一休.comを利用しています。

一休.com

イチオシは一休.comです。前述の通りポイントシステムにお得感がある会社です。

一休.comは、会員ステージが上がるとポイント還元率がアップするし、予約時に貯まるポイントを貯めずにその場で料金から割引できるからお得です。

一休.com 公式サイト
一休.com会員ステージ ポイント還元システム

クーポンも配布されています(使用できるホテルは限定されています)。記事執筆時には『名古屋JRゲートタワーホテル』のクーポンも配布されています。

一休.com 公式サイト
名古屋JRゲートタワーホテル プラン一覧
ホテル&旅館限定 割引クーポン

一休.comの特徴
  • 価格は税込み表示
  • Yahoo!グループ企業
  • 独自ポイントシステムあり
  • 予約時に獲得できるポイントをその場で割引きに利用できる
  • クーポンもあり
JTB

JTBは有名な大手企業なので安心感がありますね。クーポンも配布されています。

JTB 公式サイト
名古屋 JR ゲートタワーホテル
国内宿泊・国内ツアーのネット予約に使える!割引クーポン特集

JTBの特徴
  • 価格は税込み表示
  • 知名度では抜群
  • 価格的に一休.comと大差なし
  • 独自ポイントシステムあり
  • クーポンもあり
じゃらん

じゃらんも有名です。リクルートグループなのでPontaポイントが貯まります。

じゃらん 公式サイト
名古屋 JR ゲートタワーホテル
宿・ホテル予約で使える今おすすめのじゃらんクーポン

じゃらんの特徴
  • 価格は税抜き表示
  • リクルートグループ
  • 価格的に一休.comと大差なし
  • Pontaポイントが貯まる
  • クーポンもあり
Yahoo!トラベル

Yahoo!トラベルでは、Yahoo!プレミアム会員限定で割引きクーポンがあるようです。

Yahoo!トラベル 公式サイト
名古屋 JR ゲートタワーホテル
Yahoo!プレミアム会員2000円引きクーポン
Yahoo!トラベルで使えるお得なクーポン

Yahoo!トラベルの特徴
  • 価格は税込み表示
  • Yahoo!グループ企業
  • Yahoo!プレミアム会員向けの新規利用限定クーポンもあり
  • Tポイントが貯まる
楽天トラベル

楽天トラベルは、楽天ポイントが貯まります。クーポンも配布されています。

楽天トラベル 公式サイト
名古屋 JR ゲートタワーホテル
宿泊料金の割引クーポン RaCoupon(ラ・クーポン)

楽天トラベルの特徴
  • 価格は税抜き表示
  • 楽天グループ
  • 価格的に一休.comと大差なし
  • 楽天ポイントが貯まる
  • クーポンもあり
Hotels.com

外資系のHotels.comでは、10泊ためると1泊ボーナスを獲得できるサービスがあります。エクスペディアグループ企業です。

クーポンも配布されています。

Hotels.com 公式サイト
名古屋 JR ゲートタワーホテル プラン一覧
ホテルズドットコムのクーポン&プロモーションコード

Hotels.comの特徴
  • 価格は税抜き表示
  • エクスペディアグループ企業
  • 価格的に一休.comと大差なし
  • 10泊ためると1泊ボーナスあり
  • クーポンもあり
エクスペディア

エクスペディアには独自のポイントシステムがあるようです。

エクスペディア 公式サイト
名古屋 JR ゲートタワーホテル プラン一覧

エクスペディアの特徴
  • 価格は税抜き表示
  • 価格的に一休.comと大差なし
  • 独自ポイントシステムあり

↑目次に戻る

新幹線付きのプランならこちら

新幹線付きの宿泊プランも紹介します。下記のサイトで新幹線付きのプランを予約できます。

JTB 公式サイト
名古屋JRゲートタワーホテル 新幹線付きプラン

日本旅行 公式サイト
新幹線+宿泊パックツアー

近畿日本ツーリスト 公式サイト
名古屋JRゲートタワーホテル 新幹線付きプラン

参考

首都圏からの出発プランをチェックしたところ、JTBが「15,300円~33,300円」と、記事執筆時では一番安いようです(2020/2/10 現在)。

↑目次に戻る

まとめ

以上、『名古屋JRゲートタワーホテル』の良い点や悪い点をはじめ、部屋の中などを詳しく紹介しました。

高級ホテルよりも低価格な上、設備には高級感があるので、リーズナブルにワンランク上の旅をしたい方にお薦めです。

宿泊予約は一休.comを利用しました。

ポイントも貯まり、利用するほどポイント還元率が上がりお得です。
↓↓↓
一休.com
名古屋JRゲートタワーホテル プラン一覧
名古屋駅周辺のホテル
名古屋駅周辺の美味しいレストラン

別記事で、ホテルの朝食(モーニングブッフェ)について詳しく紹介していますので、そちらも参考にどうぞ。
↓↓↓
おとなのらいふはっく
名古屋JRゲートタワーホテル 朝食ブッフェレポート!名古屋めしが豊富!

『名古屋JRゲートタワーホテル』の詳細については公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
名古屋JRゲートタワーホテル