おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

名古屋JRゲートタワーホテル 朝食ブッフェレポート!名古屋めしが豊富!

名古屋JRゲートタワーホテルの朝食レポート!名古屋めしが豊富!

こんにちは、よしぞうです。

前回の記事「名古屋JRゲートタワーホテルに宿泊!良い点悪い点、行き方、部屋、バスルームを紹介」に続き『名古屋JRゲートタワーホテル』に宿泊したレポートです。

今回は、『名古屋JRゲートタワーホテル』の朝食(モーニングブッフェ)について詳しく紹介します。

メニュー内容やブッフェの混雑具合、レストラン『THE GATEHOUSE』の様子などを画像と共にお届けします。

『名古屋JRゲートタワーホテル』の詳細については公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
名古屋JRゲートタワーホテル
朝食について

宿泊予約は一休.comを利用しました。朝食ブッフェ付きプランが用意されています。

一休.comならポイントも貯まり、利用するほどポイント還元率が上がりお得です。
↓↓↓
一休.com
名古屋JRゲートタワーホテル プラン一覧
名古屋駅周辺のホテル
名古屋駅周辺の美味しいレストラン

予約はこちら

『名古屋JRゲートタワーホテル』の予約は一休.comをどうぞ

目次:

名古屋JRゲートタワーホテル 関連記事

おとなのらいふはっく
名古屋JRゲートタワーホテルに宿泊!良い点悪い点、行き方、部屋、バスルームを紹介

結論:リーズナブルで名古屋めしが多数あり楽しいブッフェ

『名古屋JRゲートタワーホテル』朝食 画像

 

2700円というリーズナブルな価格でありながら、それなりにメニューはあるので楽しめます。

味も美味しく感じましたし、名古屋の名物料理が多数用意されているので、観光客や遠方からの利用者にはとても良いと思います。

席によってはブッフェ台がとても遠くなってしまうので、その点は注意が必要でしょう。

以下、良い点と悪い点を明記します。

良かった点

『名古屋JRゲートタワーホテル』の朝食で良かった点は下記の通りです。

朝食の良い点
  • リーズナブルな価格で朝食を楽しめる
  • 名古屋の名物料理が多数用意されている
  • 1人1つ限定のたまごサンドを食べられる

料金が2700円と、高級ホテルに比べてリーズナブルな価格で朝食ブッフェを楽しめます。

朝食のブッフェ台
リーズナブルな価格で朝食ブッフェを楽しめる

高級ホテルだと4000円前後しますのでコストパフォーマンスが良いと思います(ちなみに隣接する『名古屋マリオットアソシアホテル』は3200円)。

メニューには名古屋の名物料理が多数あり、観光で訪れた人や遠方から来た人にもお薦めです。

名古屋の名物料理
名古屋の名物料理が提供されている

特に「名古屋コーチンを使ったたまごサンド」は1人1個限定ですので、是非とも食べたいメニューです。

名古屋コーチンを使ったたまごサンド
1人1個限定の「名古屋コーチンを使ったたまごサンド」

悪かった点

『名古屋JRゲートタワーホテル』の朝食で悪かった点は下記の通りです。

朝食の悪い点
  • メニューの種類は少なめ
  • 席によってはブッフェ台が結構遠くなる
  • 店内はあまり広くないので団体客が入るとかなり混雑する

リーズナブルな価格ですので、その分、メニューの種類は少なく感じました。

とは言え、2700円という価格設定を考えれば充分なメニューだと思います。

温かい料理のブッフェ台
メニューの種類は少なく感じる。しかし価格設定を考えれば充分な内容

注意点としては、お店の奥の方が縦長になっているので、奥の方の席に着いてしまうとブッフェ台がとても遠くなります。

『THE GATEHOUSE』店内奥の席
店内の奥に席を取ると、ブッフェ台が結構遠くて面倒くさい

お店の形には少々不便を感じました。

あと、宿泊した日に外国人の団体客が宿泊しており、ちょうど時間がぶつかってめちゃくちゃ混雑していました。

混雑するのはどのホテルでも同じだと思いますが、このレストランはブッフェ台周辺があまり広くないので人が多いと結構不便です。

ブッフェ台近辺
ブッフェ台近辺はそれほど広くないので団体客が入ると混雑する

以上、『名古屋JRゲートタワーホテル』で提供される朝食ブッフェの良い点と悪い点でした。

高級ホテルの朝食に慣れた人にとってはメニューが少なく感じると思いますが、リーズナブルな価格ですので充分なメニューだと感じました。

名古屋の名物料理を色々と食べられるので楽しいと思います。

宿泊予約はこちらからどうぞ

今回の宿泊予約は、一休.comを利用しました。

どの旅行予約会社も金額的には大きな違いがありません。

一休.comは予約時に貯まるポイントをその場で割引きに利用できるので、一層安くなる場合もあります。

また、利用するほどポイント還元率が上がりお得です。
↓↓↓
一休.com
名古屋JRゲートタワーホテル プラン一覧

名古屋JRゲートタワーホテル 詳細
  • 朝食のレストラン:『THE GATEHOUSE』
  • 公式サイト:『THE GATEHOUSE』
  • 朝食時間:6:30 〜 10:00(入店は9:30まで)
  • 朝食料金:2700円
  • 席数:220席(全席禁煙 / 店内 200席、テラス 20席)
  • 住所:〒450-6660 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3
  • 最寄り駅:
    • JR各線・新幹線「名古屋」駅 ほぼ駅直結
    • 名鉄「名鉄名古屋」駅 徒歩2〜3分
    • 近鉄「近鉄名古屋」駅 徒歩2〜3分
    • 市営地下鉄 東山線・桜通線「名古屋」駅 徒歩1〜2分

アクセスマップはこちらです。桜通口側にあります。

↑目次に戻る

朝食(モーニングブッフェ)への入店方法

今回は朝食付きの宿泊プランを予約しました。

朝食付きのプランの場合は、チェックインの際に「朝食券」を渡されます。紛失しないようにしましょう。

名古屋JRゲートタワーホテル 朝食券
朝食付きプランの場合は朝食券が渡される

朝食(モーニングブッフェ)の営業時間は下記の通りです。

『THE GATEHOUSE』朝食時間
  • 6:30 〜 10:00
  • ※入店は9:30まで

朝食時間になったら「朝食券」を持って、15階のレストラン『THE GATEHOUSE』へ向かいます。

『THE GATEHOUSE』の入り口にスタッフがいますので、「朝食券」を渡せば中に入れます。

『THE GATEHOUSE』入り口
朝食は15階にある『THE GATEHOUSE』で食べる

「朝食券」と引き換えに、スタッフから「使用中」カードを受け取ります。店内で席を離れる場合にテーブルに置いておきます。

席を使用している際に置くカード
席を離れる際には「使用中」カードを席に置いておく

「使用中」カードをテーブルに置いておけば、食事中の物を片付けられたり、席を取られたりする心配がありません。

ちなみに、朝食料金は2700円です(記事執筆時)。朝食付きプランではない場合はお金を支払って食べることが出来るようです。

朝食の案内広告
朝食の案内。2700円(記事執筆時)。

↑目次に戻る

レストラン『THE GATEHOUSE』店内の様子と朝食の混雑具合

続いて、レストラン『THE GATEHOUSE』の様子を紹介します。

店内入り口付近の様子です。画像の右奥が入り口です。このエリアはカジュアルでオシャレな雰囲気のインテリアになっています。

ブッフェ台近くの席
入り口近くの席。右奥が店の入り口

ブッフェ台もこのエリアになります。左側のカウンターや右側のブッフェ台などに料理が並びます。

『THE GATEHOUSE』店内、入り口付近
『THE GATEHOUSE』店内の様子、入り口近い場所にブッフェ台がある

レストランの側面はガラス張りになっていて、中庭を眺められます。

『THE GATEHOUSE』の中庭
窓からは中庭を眺められる、光も多く届くので明るい

↑目次に戻る

注意:奥の席はブッフェ台から遠くなるので避けた方が良い

こちらは、店内奥の席です。入り口付近よりも落ち着いた感じのインテリアです。

『THE GATEHOUSE』店内奥の席
店内の奥に行くとさらに席がある。意外と広い

店内は結構広く奥まで続いています。奥の方の席が空いていますがブッフェ台から遠くなり不便でした。

なるべくなら、ブッフェ台に近い席にした方が良いでしょう。

↑目次に戻る

団体客がいない日なら、それほど混雑しない

平日に連泊したのですが、初日は外国人の団体客が来ていてかなり混んでいました。

朝イチでレストランに行ったのに激混みで焦りました。。。。

ですが、2日目はかなり空いていて利用しやすかったです。

先程の画像ですが、これは2日目の様子です。かなり空いています。

『THE GATEHOUSE』店内、入り口付近
2日目の混雑具合。団体客がいなければ良い感じに空いている

混雑具合は運に任せるしかないですね。

おそらく土日も混んでいると思います。

↑目次に戻る

まずはこれを食べろ!名古屋めしのメニューが豊富!

『名古屋JRゲートタワーホテル』の朝食ブッフェのイチオシは名古屋めしです。

名古屋の名物料理が多数用意されています。

名古屋名物料理、海老フライと手羽先
名古屋の名物料理が用意されている

朝食で提供されている名古屋めしを紹介します。せっかくの名古屋旅行ですから、まずは名古屋めしを食べましょう。

※注意:日によってメニューが違いましたので、必ず紹介したメニューがあるわけではありません。

↑目次に戻る

名古屋コーチンを使ったたまごサンド

イチオシは、こちらの「名古屋コーチンを使ったたまごサンド」。

名古屋コーチンを使ったたまごサンド
名古屋コーチンを使ったたまごサンド

なんと、お一人様1つ限りの限定メニューです。

たまごサンドは1人1つ限定
たまごサンドは1人1つ限定

フワフワのパンにピューレ状にしたトロトロの玉子がみっちり入っています。朝から幸せ、是非お試しあれ。

たまごサンド拡大画像
たまごサンドを食べてみた、ボリューム感が凄い

↑目次に戻る

海老フライ

名古屋と言えば「海老フライ」。定番です。

「海老フライ」
名古屋名物「海老フライ」

↑目次に戻る

手羽先

そして「手羽先」。朝から食べるのはちょっと辛いかな(笑)。

手羽先
手羽先もある、朝食らしくないけど(笑)

↑目次に戻る

味噌串カツ

別の日は「海老フライ」の代わりに「味噌串カツ」が用意されていました。

手羽先と味噌串カツ
別の日は手羽先の隣に味噌串カツが用意されていた

日によってメニューが違うのですね。

味噌串カツ
「味噌串カツ」。ソースをつけてどうぞ

「海老フライ」や「味噌串カツ」だなんて、夜に白米持参で参加したいメニューですね。

↑目次に戻る

きしめん

「きしめん」もあります。こぶりなのでツルッと食べられます。

きしめん
「きしめん」は小サイズなので食べやすい

↑目次に戻る

あんかけスパ

「あんかけスパ」って初めて知りました。名古屋名物だそうです。

名古屋名物「あんかけスパ」
「あんかけスパ」も名古屋名物だそうだ。知らなかった

どんな味なん?と思って調べてみました。ベースはトマト味のようですね。

ウィキペディア
あんかけスパゲッティ

↑目次に戻る

八丁味噌どて煮

「八丁味噌どて煮」もあります。どうしても、全体的にコッテリしたメニューになりますね。

名古屋名物「八丁味噌どて煮」
名古屋名物「八丁味噌どて煮」

↑目次に戻る

小倉トースト

デザートには「小倉トースト」をどうぞ。自分で食パンにのせて作れます。

小倉トースト
自分で小倉トーストも作れる

以上が名古屋めしメニューです。ひょっとしたら別の日にはこれ以外にも提供されているかもしれません。

ぜひ、チェックしてみてください。

続いて、通常の朝食メニューを紹介します。

↑目次に戻る

ここからは通常のブッフェメニューを紹介します。

料金が2700円とリーズナブルなので、高級ホテルの朝食ブッフェと比べると全体的にメニューの種類は少なめです。

野菜・サラダ関連

こちらは、野菜のブッフェ台です。5つの大皿に野菜が入っています。

サラダのブッフェ台
サラダブッフェ台、5つのお皿が用意されている

左の二つは、それぞれあらかじめ複数の野菜がミックスされたサラダになっています。

左は「グリーンサラダ」、右は「赤い野菜のサラダ」です。

「グリーンサラダ」と「赤い野菜のサラダ」
「グリーンサラダ」と「赤い野菜のサラダ」

こちらは、プチトマトやブロッコリー、スプラウトなどが入っています。

トマト、ブロッコリー、スプラウト
トマト、ブロッコリー、スプラウト

ドレッシングは様々な物が用意されており、バーニャカウダソースもあります。オリーブオイルはシェフが厳選したイタリア産のオリーブオイルです。

ドレッシングやオリーブオイル、ナッツなど
サラダのドレッシングやオリーブオイル、ナッツなどのトッピングメニュー

手前にはナッツやクルトン、フライドオニオン、パンプキンシードなどのトッピングもあります。

お皿にサラダを盛り付けた様子です。ドレッシングのテーブルにはパプリカもありました。色とりどりで美味しそうです。

皿に盛り付けたサラダ
サラダを盛り付けてみた、普段食べない野菜もあり嬉しい

温かい料理

こちらは温かい料理のブッフェ台です。先程紹介した名古屋めしも、多くがこのブッフェ台にあります。

温かい料理のブッフェ台
ブッフェ台。温かい料理や名古屋名物料理が並んでいる

こちらは、左からスクランブルエッグ、パスタ、コーンスープです。

温かい料理、コーンスープ、パスタ、スクランブルエッグ
スクランブルエッグ、パスタ、コーンスープ

カレーライスが用意されている日もありました。

ベーコンやハムなど

温かい料理の裏側には、ベーコンやハム、チーズの盛り合わせなどがあります。

ベーコン、ハム、サラダなど
ベーコンやハムなどもある

↑目次に戻る

パンは食パンから甘いパンまで数種類あり

続いてパン類を紹介します。

食パンは1種類で、甘い系のパンが多い印象です。ハード系のバゲットがなかったのが残念です。

パン類
パン類は甘いパンから食パンまである

上の画像の左から「牛乳食パン」「パン・オ・レ」「抹茶デニッシュ」「白パン」「パン・オ・レザン」「アップルデニッシュ」「パン・オ・ショコラ」です。

その他「ミニクロワッサン」や「クルミ胚芽ロール」もありました。

クロワッサンとクルミパン
「ミニクロワッサン」と「クルミ胚芽ロール」

フレンチトーストやワッフルも用意されています。デザートにどうぞ。

ワッフル、フレンチトースト
ワッフル、フレンチトーストも用意されている

↑目次に戻る

和食もあるのでご両親との旅行にも嬉しい

朝食ブッフェには和食コーナーもあります。「朝は和食じゃなきゃダメ!」という人に嬉しいですね。高齢のご両親にもどうぞ。

和食のブッフェ台
別のブッフェ台には和食も用意されている

だし茶漬けが作れるコーナーがあります。穴子のトッピングがあり、鰻の代わりに「ひつまぶし」を楽しめます。

だし茶漬けのトッピングメニュー
トッピングメニュー。穴子を使っただし茶漬けを作れる

こんな感じで盛り付けて出汁をかけて頂きます。

だし茶漬けを作った様子
だし茶漬けを作ってみた、穴子で「ひつまぶし」

お粥と味噌汁もあります。

お粥と味噌汁
お粥と味噌汁

反対側のテーブルには、和食のお惣菜がいくつか置いてあります。

こちらは、「長芋とろろ」と「野沢菜」。

和食メニュー とろろ、野沢菜
とろろが置いてあるのは珍しい

こちらは「だし巻き卵」「本日の焼き魚(さばの塩焼き)」「筑前煮」です。

だし巻き卵、さばの塩焼き、筑前煮
だし巻き卵、さばの塩焼き、筑前煮

↑目次に戻る

ドリンク類:カフェラテを注文できるカウンターがある

カウンターにはドリンク類が多数用意されています。

オレンジジュース、ピンクグレープフルーツ、リンゴ酢、トマトジュース、ハーブウォーター、など。

ジュース類やミルク、コーヒー
ジュース類やミルク、コーヒーなど

その他、牛乳、アイスコーヒー、アイスアールグレイ(紅茶)なども並んでいます。

温かいコーヒーが欲しい場合は、カウンターでカフェラテを注文できます。アイスカフェラテやホットミルクも出来るようです。

カフェラテを注文できるカウンター
カウンターではカフェラテを注文できる

↑目次に戻る

フルーツやデザートもあるが種類は少ない

入り口に一番近いブッフェ台には、デザートやフルーツなどが置いてあります。

ヨーグルト、フルーツ類
入り口付近のブッフェ台にデザートやフルーツなどがある

こちらは、フルーツポンチとヨーグルト。ヨーグルトがビックリするくらい濃厚で美味しかったです。

ヨーグルトとフルーツポンチ
ヨーグルトがとても濃厚、隣はフルーツポンチ

ヨーグルトは味がプレーンなのが嬉しい。甘いヨーグルトはあまり好きではありません。

玄米フレークやグラノーラ、ドライフルーツ、フルーツソースや蜂蜜などもありますので、ヨーグルトと一緒にどうぞ。

フレークやグラノーラ
フレークやグラノーラ、それにかけるソースやドライフルーツもある

デザートには、マフィン、わらび餅、などがありました。

スイーツメニュー わらび餅
スイーツメニューもいくつかある。こちらはわらび餅

土日祝日限定でプリンがあるらしいのですが、この日は平日だったのでありませんでした。。

フルーツはライチ、パイナップル、ブルーベリーなどがあります。フルーツの種類が少ないのが少々残念でした。

ライチとパイナップル
フルーツはライチやパイナップル、あとブルーベリーがあった

以上が『名古屋JRゲートタワーホテル』の朝食(モーニングブッフェ)の紹介です。

価格がリーズナブルなのが良いですね。

高級ホテルと比べてしまうと種類が少なく感じてしまいますが、この価格なら充分なメニューだと思います。

味も美味しく感じました。

朝食付きのプランにしようか迷っている方は、朝食も利用して見ては如何でしょうか?

朝食付きプランなら、朝にわざわざ外に買いに行かなくて済むので、とてもラクです。

続いて、『名古屋JRゲートタワーホテル』の朝食プランの料金や、お得に予約できるサイトを紹介します。

↑目次に戻る

宿泊料金と安く予約できるサイトを紹介

『名古屋JRゲートタワーホテル』の宿泊料金の目安と、お得に予約できる予約サイトや旅行会社を紹介します。

宿泊料金の目安

宿泊料金はだいたい下記のような金額になります(レジャーシーズンは高くなると思います)。

価格は一休.comの価格です(2020/02/10 現在)。

部屋タイプ 料金(朝食なし) 料金(朝食付)
モデレートダブル(20.0㎡) 15,000 20,000
スーペリアツイン(28.0㎡) 22,000 27,000
スーペリアダブル(26.6㎡) 22,000 27,000
デラックスコーナーツイン(37.0㎡) 29,500 34,500
デラックスコーナーツイン ビューバス(37.0㎡) 31,000 36,000
部屋おまかせ 15,000 なし

他の予約サイトも、だいたい同じくらいの価格です。

一休.comの場合は、予約で獲得できるポイントをその場で割引に使用できる点がメリットです。

一休.com 公式サイト
名古屋JRゲートタワーホテル プラン一覧

ホテルだけを予約するならこちら

ホテルの宿泊を予約するなら、下記にリストアップした7つの大手サイトあたりが良いでしょう。

サイトによって、税込み表示だったり、税抜き表示だったりするので注意しましょう。

よしぞうはいつも一休.comを利用しています。

一休.com

イチオシは一休.comです。前述の通りポイントシステムにお得感がある会社です。

一休.comは、会員ステージが上がるとポイント還元率がアップするし、予約時に貯まるポイントを貯めずにその場で料金から割引できるからお得です。

一休.com 公式サイト
ポイントシステム

クーポンも配布されています(使用できるホテルは限定されています)。記事執筆時には『名古屋JRゲートタワーホテル』のクーポンも配布されています。

一休.com 公式サイト
名古屋JRゲートタワーホテル プラン一覧
ホテル&旅館限定 割引クーポン

一休.comの特徴
  • 価格は税込み表示
  • Yahoo!グループ企業
  • 独自ポイントシステムあり
  • 予約時に獲得できるポイントをその場で割引きに利用できる
  • クーポンもあり
JTB

JTBは有名な大手企業なので安心感がありますね。クーポンも配布されています。

JTB 公式サイト
名古屋 JR ゲートタワーホテル
国内宿泊・国内ツアーのネット予約に使える!割引クーポン特集

JTBの特徴
  • 価格は税込み表示
  • 知名度では抜群
  • 価格的に一休.comと大差なし
  • 独自ポイントシステムあり
  • クーポンもあり
じゃらん

じゃらんも有名です。リクルートグループなのでPontaポイントが貯まります。

じゃらん 公式サイト
名古屋 JR ゲートタワーホテル
宿・ホテル予約で使える今おすすめのじゃらんクーポン

じゃらんの特徴
  • 価格は税抜き表示
  • リクルートグループ
  • 価格的に一休.comと大差なし
  • Pontaポイントが貯まる
  • クーポンもあり
Yahoo!トラベル

Yahoo!トラベルでは、Yahoo!プレミアム会員限定で割引きクーポンがあるようです。

Yahoo!トラベル 公式サイト
名古屋 JR ゲートタワーホテル
Yahoo!プレミアム会員2000円引きクーポン
Yahoo!トラベルで使えるお得なクーポン

Yahoo!トラベルの特徴
  • 価格は税込み表示
  • Yahoo!グループ企業
  • Yahoo!プレミアム会員向けの新規利用限定クーポンもあり
  • Tポイントが貯まる
楽天トラベル

楽天トラベルは、楽天ポイントが貯まります。クーポンも配布されています。

楽天トラベル 公式サイト
名古屋 JR ゲートタワーホテル
宿泊料金の割引クーポン RaCoupon(ラ・クーポン)

楽天トラベルの特徴
  • 価格は税抜き表示
  • 楽天グループ
  • 価格的に一休.comと大差なし
  • 楽天ポイントが貯まる
  • クーポンもあり
Hotels.com

外資系のHotels.comでは、10泊ためると1泊ボーナスを獲得できるサービスがあります。エクスペディアグループ企業です。

クーポンも配布されています。

Hotels.com 公式サイト
名古屋 JR ゲートタワーホテル プラン一覧
ホテルズドットコムのクーポン&プロモーションコード

Hotels.comの特徴
  • 価格は税抜き表示
  • エクスペディアグループ企業
  • 価格的に一休.comと大差なし
  • 10泊ためると1泊ボーナスあり
  • クーポンもあり
エクスペディア

エクスペディアには独自のポイントシステムがあるようです。

エクスペディア 公式サイト
名古屋 JR ゲートタワーホテル プラン一覧

エクスペディアの特徴
  • 価格は税抜き表示
  • 価格的に一休.comと大差なし
  • 独自ポイントシステムあり

↑目次に戻る

新幹線付きのプランならこちら

新幹線付きの宿泊プランも紹介します。下記のサイトで新幹線付きのプランを予約できます。

JTB 公式サイト
名古屋JRゲートタワーホテル 新幹線付きプラン

日本旅行 公式サイト
新幹線+宿泊パックツアー

近畿日本ツーリスト 公式サイト
名古屋JRゲートタワーホテル 新幹線付きプラン

参考

首都圏からの出発プランをチェックしたところ、JTBが「15,300円~33,300円」と、記事執筆時では一番安いようです(2020/2/10 現在)。

↑目次に戻る

まとめ

以上、『名古屋JRゲートタワーホテル』で提供されている朝食(モーニングブッフェ)の良い点や悪い点、メニュー内容などを詳しく紹介しました。

名古屋の名物料理も食べられるし、朝食ブッフェとしてはリーズナブルな価格ですので、是非試してみては如何でしょうか?

今回の宿泊予約は一休.comを利用しました。朝食付きプランも用意されています。

ポイントも貯まり、利用するほどポイント還元率が上がりお得です。
↓↓↓
一休.com
名古屋JRゲートタワーホテル プラン一覧
名古屋駅周辺のホテル
名古屋駅周辺の美味しいレストラン

名古屋JRゲートタワーホテル 関連記事

『名古屋JRゲートタワーホテル』に宿泊したレポートです。部屋の中やアクセス方法、良い点悪い点についてレビューしています。

おとなのらいふはっく
名古屋JRゲートタワーホテルに宿泊!良い点悪い点、行き方、部屋、バスルームを紹介