おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

ルンバ980口コミ感想3:約2畳の広さの掃除なら10分で終了

掃除ロボット「ルンバ980」の口コミレビューです。

第3回目の今回は「ルンバ980」で部屋の中を掃除させてみました。2畳くらいの部屋だと10分くらいで掃除が終わります。

掃除が終わるとちゃんと充電器「ホームベース」に戻ってくるのがすごいです。

ルン980で部屋の中を掃除させてみた タイトル画像

皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

現在、「アイロボット ファンプログラム」の企画でルンバ980のモニターに参加し、製品本体をお借りしています。

今回はそのモニターレポートの3回目です。

前回はスマートフォンアプリの設定と操作方法をご紹介しました。

今回は「ルンバ980」で部屋の中をぐる〜っと掃除させてみました。

掃除が終わると自分で充電器に帰るのがすごいですね。眺めていると愛しく感じます(笑)。

ロボット掃除機「ルンバ980」の詳細については公式サイトをどうぞ。

2016年1月31日まで消耗品プレゼントキャンペーンを開催しています。
↓↓↓
アイロボット 公式オンラインストア
ルンバ980
・ルンバキャンペーン(終了しました)

目次:ルンバ980口コミ感想3:約2畳の広さの掃除なら10分で終了する

結論:ルンバのおかげでホコリの塊や床に落ちた髪の毛を見なくなった

前回のスマホ操作の時も思いましたが、ちゃんと充電器に戻ってくれるのがいいですね。生きてるペットより賢いかも(笑)。

いつも自分の定位置に収まってくれるので、とても愛しくなります。

もちろん、掃除も十分綺麗になります。「ルンバ980」を使うようになってから、ホコリの塊を見かけることがなくなりました。これ嬉しい。

自分で掃除していた頃は毎日掃除しなかったので、ホコリや床に落ちた髪の毛を見つけることが多かったです。

フローリングなのでそういったゴミが目立ってストレスなんですよね。

でも「ルンバ980」のおかげで綺麗になり、ホコリや髪の毛を見ることが減り、ストレスもなくなっています。

モニター期間が終わっても返却したくないなあ、これ(笑)。

「ルンバ980」はこんな人にお薦めです

  • 掃除する時間がない人
  • ホコリの塊や床に落ちた髪の毛の掃除がストレスな人
  • ハイテクやロボットがとにかく好きな人

「ルンバ980」の購入は公式サイトをどうぞ
↓↓↓
アイロボット 公式オンラインストア
ルンバ980
ルンバ消耗品プレゼントキャンペーン

↑目次に戻る

2畳なら10分で終わる。ルンバ980に部屋を掃除させてみたフル動画

「ルンバ980」で部屋の中を掃除させてみました。

撮影する必要があったので、部屋のスペースを区切り、約2畳くらいのスペースを掃除してもらいました。およそ10分で掃除が終わります。

フル動画をアップしましたので、よろしければご覧ください。再生速度を途中から倍速にして5分に短縮しています。カメラの手前にテーブルを置いてカメラにぶつからないようにしました。

YouTube
ルンバ980 部屋を掃除させてみた 倍速再生版 約5分

掃除を始めるには、前回のようにスマートフォンアプリで操作することもできますし、本体の「CLEAN」ボタンを押しても大丈夫です。

ルンバ本体の「CLEAN」ボタンでスタートさせる

ルンバはカーテンがあっても、普通に突撃していきます。サッシのレールに溜まったゴミも取れそう。

カーテンの下も果敢に攻め込むルンバ

棚や家具の下にある隙間も潜って掃除してくれます。隙間の高さがルンバの高さよりも高ければ入ってくようです。

棚の下も掃除してくれるので嬉しい

↑目次に戻る

狭い部屋でデュアルバーチャルウォールを使うとルンバが迷子になる

実は、最初、カメラの前にテーブルをおかず「デュアルバーチャルウォール」を使って立入禁止の結界を張ろうとしました。

「デュアルバーチャルウォール」を設置すると、ルンバにしか見えない赤外線ビームが発射されます。ルンバはその赤外線を見つけるとその中に入らないようにします。

デュアルバーチャルウォール

「デュアルバーチャルウォール」には2種類の機能があります。

1つは通行止めをする「バーチャルウォールモード」、もう1つは「デュアルバーチャルウォール」周辺エリアを立ち入り禁止にする「ヘイローモード」です。

デュアルバーチャルウォールの説明図

「デュアルバーチャルウォール」は単三電池2本で動作します。電池は付属しています。

バーチャルウォールは電池2本で動作する

ルンバとの大きさ比較するとこのくらいです。

バーチャルウォールとルンバの大きさを比較

最初はこれでカメラを守ろうとしましたが、部屋が狭すぎるせいで「ホームベース」の赤外線と干渉してしまい、ルンバがうまく認識してくれませんでした。平気で入って来る(笑)。

ルンバとバーチャルウォール

なぜか、部屋の角でも長時間悩んでいます(笑)。

部屋の角で悩むルンバ

おまけに「ホームベース」に帰ることもできなくなってしまいました。そっちじゃないよ!ルンバ!

ホームベースを見失うルンバ

結局「ホームベース」が見つからずエラーが出てしまいました。エラーが出るとルンバが「エラー18です」などと喋り、本体に三角のアラートマークが表示されます。

エラーが出ると本体にアラートマークが表示される

「デュアルバーチャルウォール」を設置する際の注意

「デュアルバーチャルウォール」と「ホームベース」には設置する距離にルールがあるので、それを守らないと誤動作してしまうようです。

  • 「ホームベース」と「デュアルバーチャルウォール」は3メートル以上離す

2畳程度の広さでは3メートル以上離すのは不可能なので「デュアルバーチャルウォール」を使わずに掃除させました。

「デュアルバーチャルウォール」を外したらちゃんと動作した(笑)

「デュアルバーチャルウォール」を使わずに掃除させてみたら、あらビックリ!

ちゃんと動作するし、部屋の角で悩まないし、「ホームベース」に自分で帰る!すごい!

撮影用カメラは三脚の足元にテーブルを置いて物理的にガードしました。さすがに何もないとカメラに突っ込んできてしまうので(笑)。

↑目次に戻る

充電器「ホームベース」をテープで固定させたほうが良い

「ルンバ980」の「ホームベース」は重量が軽くて簡単に動いてしまいます。

「ルンバ980」が掃除中にぶつかることもあります。また電源ケーブルを引っ張ってしまうことがあります。そうなると「ホームベース」が動いてしまい、壁の方を向いてしまうこともあります。

「ホームベース」が動いてしまうと「ルンバ980」が帰れなくなってしまうので、透明のテープで「ホームベース」を固定しました。

固定すると、多少ぶつかろうがケーブルが引っ張られようが全然平気です。これお薦め。

透明のテープにしたのは単なる見た目の問題です。さすがに茶色いガムテープは嫌だったので(笑)。

「ホームベース」はテープで固定したほうが良い

↑目次に戻る

まとめ:1度上手に掃除できると2回目からは上手くいく

最初は「デュアルバーチャルウォール」を認識しなかったりして、こちらの意図通りに掃除できませんでしたが、1度上手くいくと2回目からの掃除はちゃんと動作しますね。

自分で「ホームベース」に帰ってくれるようになりました。多分、ルンバがマッピングして記憶するんでしょうね。すごいな。

ルンバが自動で掃除して自動で帰ってくれるのを体験すると、手放したくなくなりますね。かなり快適で便利です。

フローリングのホコリもルンバのおかげですっかり綺麗になっています。

あなたもロボット掃除機「ルンバ980」で未来生活してみませんか?

「ルンバ980」の購入については公式サイトをどうぞ。
↓↓↓
アイロボット 公式オンラインストア
ルンバ980

2016年1月31日まで消耗品プレゼントキャンペーンを開催しています。

というわけで、まとめです

  • 2畳くらいの広さだと掃除が終わるまで10分くらい
  • ルンバは掃除が終わるとホームベースに帰ってくれる
  • 狭い部屋ではデュアルバーチャルウォールを使わない方が良い
  • 1度上手に掃除が済むと、2回目以降も上手く掃除できる
  • ホコリの塊や抜け落ちた毛がなくなり気分も爽快!