読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

エージェント・オブ・シールド シーズン1第8話「決死の潜入」感想とネタバレ

エージェント・オブ・シールド ドラマ・映画

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン1第8話「決死の潜入」の感想とネタバレです。

今回、シールドは超人とは関係なく、普通の事件を扱います。科学者フィッツの優秀さがわかるエピソードです。

エージェント・オブ・シールド シーズン1第8話「決死の潜入」感想とネタバレ タイトル画像

皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン1第8話「決死の潜入」を見ました。(前回のエピソード第7話「バーサーカー」はこちらをどうぞ。)

というわけで、以下ネタバレします!

このエピソード以外の「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

シーズン1第8話「決死の潜入」感想とネタバレ 目次

シーズン1 第8話「決死の潜入」あらすじ

■登場人物

  • フィル・コールソン:秘密組織シールドのチームリーダー(日本語吹替:村治学)
  • メリンダ・メイ:戦闘と操縦のプロ、チームメンバー(日本語吹替:沢海陽子)
  • スカイ:天才女性ハッカー(日本語吹替:渋谷はるか)
  • グラント・ウォード:元秘密工作員、チームメンバー(日本語吹替:花輪英司)
  • レオ・フィッツ:兵器やメカ開発の天才、チームメンバー(日本語吹替:落合佑介)
  • ジェマ・シモンズ:天才物理学者、チームメンバー(日本語吹替:宮下ともみ)
  • ジャスパー・シットウェル:シールドの「ハブ」在籍幹部(日本語吹替:丸山壮史)
  • ビクトリア・ハンド:シールドの「ハブ」指揮官(日本語吹替:弘中くみ子)

コールソンチームは、シベリアの収容所から得た情報を届けに、シールドの「ハブ」と呼ばれる基地へ向かいます。

「ハブ」では新しい作戦が遂行されます。南オセチアの独立派が「イズブドミウット(?)」という兵器を作り、ロシアとグルジアからの独立を求めました。24時間後にその兵器を使用すると言っているので、コールソンチームから2人が潜入作戦をすることになります。

兵器を現地で解体する必要があるため、ウォードが科学者フィッツを連れて行くことになります。

2人は、現地での仲介者がいるバーへ行きますが「そいつは死んだ」と言われ捕まってしまいます。しかしフィッツがバーの停電を直し2人は信頼されます。実はこの停電はフィッツがわざと起こしたもの。

2人は国境越えをする手はずを整えますが、国境で警備員と交戦、道すがら2人は言い争いをしながらもなんとか敵基地に潜入、兵器を解体します。

「ハブ」内でフィッツを心配しているシモンズは、スカイのアイデアでシールドのシステムにハッキングで潜入、その際、幹部のシットウェッルを麻酔銃で撃ってしまいますが、なんとかシステムから情報を得ることができます。

その情報によると、潜入した2人を救出する作戦は組まれておりませんでした。そのことはコールソン自身も知らなかったようで、彼はハンドのところへ言って怒ります。

ハンドは潜入したウォード達をそのままに爆撃を始めてしまいます。ウォード達も自分たちからの信号に反応がないことから、救出作戦がないことに気づきます。

スカイとシモンズはメイを誘い、3人でウォード達の救出に向かいます。途中、コールソンも合流。そして無事に2人を救出。

一件落着後、コールソンは以前からスカイと約束していたこと(彼女の両親に関するファイルの調査)を報告。調べによると、スカイを養護院に連れて行ったのはシールドのエージェントでした。それが母親なのか発見者なのかわからず、今はこれだけしか分からないと。

しかし、コールソンはもう少し多くの情報を入手していました。オフィスでメイと一緒にその書類に目を通しています。書類には女性の悲惨な写真。コールソンはこの件の真相を探るよう、メイに依頼します。

その後、オフィスで1人になったコールソンは、タヒチでの自分の記録を調べるため、データセンター(?)に連絡を取り、ファイルにアクセスしようとします。しかしアクセス拒否を言い渡されます。「自分はレベル8だ」と言っても通りません。向こうから「長官の許可をとりますか?」と訊かれますが、そこで諦めます。

↑目次に戻る

通称「ハブ」はシールドの巨大な基地

「ハブ」と呼ばれる場所は、巨大な基地でしたね。シモンズがあれだけ喜ぶのも無理はありません。最新の技術がたくさん詰まっていそうですね。

不思議に思ったのは、ハブでは超常現象以外の事件も扱っていることです。今回の独立派の活動はシールドが出る事件じゃないと思います。普通にアメリカのCIAとかが扱えばいいような事件に思えました。

なんでシールドが扱ったのか謎ですね。あの兵器に宇宙人の技術でも使われていたのでしょうか??

↑目次に戻る

コールソンのタヒチ療養に関するファイル

コールソンはタヒチに滞在していた期間のファイルを調べようとしましたがアクセス拒否されました。

ますますもって怪しい「魔法の国」タヒチ。

今回、コールソンはハンドとの会話で「魔法の。。国」と、すこし言い淀んだ言い回しをしていたようです。自分の中でもタヒチに関する疑念があったのでしょうね。

今回のアクセス拒否で、その疑念は完全な疑いに変わったと思います。

↑目次に戻る

ハッキングの罪が簡単に処理されるなんて甘い組織だなあ

シモンズがシットウェルを麻酔銃で撃ってしまった件に関する処理が甘いですね(笑)。コールソンの「処理する」の一言でハンドをやり過ごしました。軍法会議にならないのかな。まあ、コールソンが頑張って根回ししたのかもしれませんが。。。

ハンドが救出しないことをコールソンに言わないのは軍の規律に違反しているわけではないですし、あれは完全にシモンズ(というかスカイ)が悪いですよね。助けたい気持ちはわかるけど。。。

スカイとシモンズのやりとりって「悪い不良少女に無理やり万引きさせられて捕まっちゃった真面目な女の子」みたいな感じでしたね(笑)。

それにしても、あんなところにパネルとUSBソケットがあって簡単に情報にアクセスできるなんて、セキュリティ意識が低すぎな施設です(笑)。

↑目次に戻る

スカイの両親の謎が少し判明

コールソンがスカイの両親について調べてくれました。シールドが関わっているようですが、詳細は不明。

写真に写っていた女性はスカイの母親でしょうかね?だとすると養護院に連れて行ったのは母親ではないですね。

エージェントが連れて行ったということは、スカイには親戚縁者が全然いないのですね。

↑目次に戻る

まとめ:フィッツの有能さがわかったエピソード

普段は「頼りないおしゃべりな男」というイメージのフィッツですが、さすがシールドの天才科学者、コールソンがチームに招くだけのことはあります。

潜入中もずっと喋っているので、ウォードも災難だなあと思っていましたが、なかなかどうして優秀でした。こっそり停電を起こすし、武器はすぐに解体するし、それを小型の武器に転用するし、さすがです。

ウォードに「10分で終わらせろ」と言われた際、「5分かと思った」というセリフにもその優秀さが隠れていますね。

とりあえず今回わかったこと

  • コールソンのタヒチ関連ファイルはレベル8でもアクセス不可能
  • スカイを養護院に連れて行ったのはシールドエージェント
  • スカイの両親の件をメイがこっそり調査することに

というわけで第9話「テレキネシス」に続きます。

各エピソードの「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

動画配信サイトの「Hulu」では、日本テレビの深夜放送日から7日間限定で見逃し配信を行っています。もう一度見たい方は是非どうぞ。(2015年4月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

「エージェント・オブ・シールド」シーズン1は、Amazonインスタント・ビデオでオンデマンド動画を配信中です。第1話は無料で見られるので是非どうぞ!

Amazon インスタント・ビデオ
エージェント・オブ・シールド (字幕版) 配信中!

DVDやブルーレイもすでに発売中です。

ツタヤのネットレンタル「TSUTAYA DISCAS」でも、レンタル可能です。無料お試し期間があるのでお得ですよ。

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!