おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

エージェント・オブ・シールド シーズン2第22話「S.O.S. (後編)」感想とネタバレ

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン2第22話「S.O.S. (後編)」の感想とネタバレです。

エージェント・オブ・シールド シーズン2 第22話「S.O.S. (後編)」感想とネタバレ タイトル画像

アベンジャーズファンの皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン2第22話「S.O.S. (後編)」を見ました。

そのあらすじとネタバレ感想です。

(前回のエピソード「第21話「S.O.S. (前編)」の感想とネタバレはこちらをどうぞ。)

今回のエピソードは、いよいよシーズン2の最終話です。

というわけで、以下ネタバレします!

このエピソード以外の「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

シーズン2第22話「S.O.S. (後編)」 感想とネタバレ 目次

シーズン2 第22話「S.O.S. (後編)」 あらすじ

登場人物

  • シールドメンバー

    • フィル・コールソン:シールド長官(日本語吹替:村治学)
    • メリンダ・メイ:戦闘と操縦のプロ(日本語吹替:沢海陽子)
    • スカイ:天才ハッカーで特殊能力保持者(日本語吹替:渋谷はるか)
    • レオ・フィッツ:兵器やメカ開発の天才(日本語吹替:落合佑介)
    • ジェマ・シモンズ:天才物理学者(日本語吹替:宮下ともみ)
    • ランス・ハンター:傭兵、ボビーの元夫で元英国特殊空挺部隊(日本語吹替:滝知史)
  • シールドメンバー(もう1つのシールド側)

    • アン・ウィーヴァー:上層部のメンバー。元シールドアカデミーの校長先生。
    • オリヴァー:上層部のメンバー
    • バーバラ・ボビー・モース:格闘と諜報のプロ(日本語吹替:林真里花)
    • アルフォンソ・マック・マッケンジー:メカニック(日本語吹替:間宮康弘)
  • 元ヒドラメンバー

    • グラント・ウォード:身分を隠してシールドに所属していた(日本語吹替:花輪英司)
    • エージェント33:元シールドエージェント、現在はウォードと行動する
  • その他

    • ジャーイン:変化した能力者を導いている女性、スカイの母
    • カルビン・ザボ:スカイの父、怪力の持ち主
    • ゴードン:能力者。テレポートできる能力がある
    • リンカーン・キャンベル:アフターライフにいるスカイの世話役で能力者

あらすじ

コールソンは基地で暴れたカルを車で押さえつけ、話し合って説得します。

コールソンはカルにいいます。「スカイは自分にとっても家族同然、何があってもジャーインから守る」と。

なによりも娘が大事なカルはコールソンを手伝うことに賛同します。

インヒューマンズに制圧された空母の中では、マックがスカイを拘束室から助け出します。

スカイはパワーを封じられていますが、ハッキングのスキルを使って空母のシステムに侵入します。

空母の司令室では、ジャーインが「テリジェンクリスタルを送風機がある場所に運んで空母全体に流すよう」に指示しています。

そして、空母から発せられた救難信号を利用し、それを全世界のシールドに送信して世界中のエージェントをわざと呼び寄せ、クリスタルで全滅させようとします。

シールド幹部のオリヴァーはジャーインから救難信号を世界中に送るように言われましたが、それに反対したためテリジェンクリスタルで殺されてしまいます。

それを見たリンカーンは驚愕しジャーインの行動に疑問を持ちます。

シールド幹部のウィーヴァーはさらなる犠牲を出したくないため、仕方なく救難信号を全基地に送信します。スカイとマックはその信号を止めるため、空母の通信装置を破壊しに行きます。

ボビーを探しているハンターとメイ、彼らはウォード達が潜んでいるアジトに着きます。

ボビーが拘束されている部屋には、扉を開けた瞬間に銃弾が発射される罠が仕掛けられています。なんとか罠を外そうとするボビー、

ウォード達は、ボビーに仕掛けた罠の扉をハンターに開けさせるため、彼以外のエージェントを排除しようとします。

エージェント33がシールドの兵士を倒しトランシーバーを奪います。

それを見たメイは、南に向かったエージェントから連絡がないためそこにウォードがいると思い、トランシーバーで「全エージェントは南に集合、わたしの顔を見るまで安心しないこと」と嘘の指示を出します。

エージェント33はトランシーバーでそれを聞き、メイに変装して南に向かいます。メイは南に向かわずボビーを探しに行きます。

南にいたウォードはメイが現れたと思い襲いかかり倒します。しかしそれはメイに変装したエージェント33でした。悲しむウォード。

ハンターはボビーがいる部屋の扉を開けてしまいますが、ボビーが身を呈して罠の銃弾を受け、ハンターを助けます。瀕死の重傷を負ったボビーをメイと共に本部に連れて帰ります。なんとか一命は取り留めたボビー。

フィッツはゴードンの瞬間移動を封じる装置を開発します。それを持ってコールソンやカルとともに空母に向かいます。

フィッツはクインジェットの中で救難信号に混ざったスカイからの暗号を発見します。「救難信号は罠だ」「クリスタルは送風機室にある」と。コールソンは他のクインジェットに退却を命令し、自分達だけで空母に向かいます。

リンカーンはスカイが拘束室から出て通信室にいることを発見しスカイを攻撃します。スカイは全てジャーインの自作自演だったことをリンカーンに話します。納得したリンカーンはテリジェンクリスタルが送風機室にあることをスカイに伝えます。送風機室へ向かうマック。

送風機室でマックはゴードンと戦います。消えては現れるゴードンに苦労しますが、そこへコールソンとフィッツが駆けつけ、開発した装置でゴードンを足止めし、倒します。

倒れたゴードンは握っていたテリジェンクリスタルを落としますが、床に落ちて割れる寸前にコールソンが拾います。

しかし、クリスタルを握ったコールソンの手が固まり始めてしまいます。それを見たマックは咄嗟にコールソンの腕を切り、命を助けます。

テリジェンクリスタルを持って空母を出ようとするジャーイン。追いかけるスカイに立ちはだかる分身女アリーシャ。アリーシャを倒すのに苦労するスカイですが、そこへリンカーンとメイが駆けつけ倒します。

スカイはジャーインを追いかけます。ジャーインはスカイの説得を聞かず彼女に襲いかかりエネルギーを吸い取ろうとします。

スカイは力を振り絞り、テリジェンクリスタルを積んだクインジェットを海に沈めます。それでもまだスカイを襲うジャーイン、そこへカルが現れジャーインを倒します。

ジャーインが計画したシールドとの戦争はここで終わりを告げます。

事件が終わった後

マックはシールドを辞めるのを取り消します。それでもまだ異星の物体への不信感はもっているので、空母に隠してあった石の管理を任されます。

メイは休暇届を出してどこかへ行きます。念のため銃を持っていくメイ。

アンドリューはスカイの心理鑑定をし、精神的に安全だと太鼓判を押します。

コールソンはスカイに能力者のチームを任せます。アベンジャーズのようなオープンな存在ではなく、匿名で密かに行動するチームのようです。

ウォードはバーでヒドラへの賛同者を集めています。エージェント33の写真を見て「カタをつける」といいます。現時点では何を計画しているのかわかりません。

海に沈んだテリジェンクリスタルはケースが開き割れてしまっています。クリスタルの成分が海に流れ出し魚がそれを吸収してしまいます。その魚を使ったサプリメントが街で売られ始めてしまいました。サプリの名前は「オメガ3フィッシュオイル」。

カルはドクターウインズローと名乗って動物病院をオープンしています。スカイはカルに会いに行きますが、カルはタヒチ計画を受けて記憶を書き換えていました。スカイのことを覚えていないカル。少し寂しそうなスカイ。

シモンズは空母に隠してあった異星の石を調べています。うっかりケースの鍵を開けてしまったフィッツ。フィッツが去った後、異星の石がシモンズを飲み込んでしまいます。どうなるシモンズ!

↑目次に戻る

衝撃のラストシーン!シモンズはどうなる?

フィッツとシモンズがいい雰囲気でしたが、衝撃の展開でしたね。

シモンズが調査している最中、どうして警備をつけなかったんだろう。ゴンザレスが空母を沈めようとしてまで守ろうとしたくらい重要なものなのに。管理を任されたマックは何してる!?

フィッツがシモンズを食事に誘って、なんかいい感じになった直後だけに悲しいですね。

あと、話は前後しますが、フィッツがゴードンを倒しに向かう際のシモンズとの会話も笑えます。

「今その話するの?」が面白い。あの展開は死亡フラグっぽい雰囲気を持っていましたが違いました。(笑)。

フィッツが出て行った後、シモンズが小さく「ぅぅーん」と泣きそうな声を出すのが超かわいい!

↑目次に戻る

コールソンは体内にGH325が入っているのにクリスタルには弱いのか

コールソンはGH325が体に流れているのに、テリジェンクリスタルに対しての免疫はないのですね。

彼が片手になってしまう設定が後で生かされるのでしょうか? 例えば、GH325の力で手が生えてきて、それを研究した結果、能力者を作り出せるようになるとか(笑)?

片手になってしまうことが後で生かされないなら、今回の展開は意味がない気もしますね。ショッキングなシーンだっただけに、きちんと後の展開に繋がる設定であってほしい。。。

そのコールソンの手を切ったマックはシールドに残るようですね。第3シーズンも出るのかな。

「ゴードンを殺す男」と言ってカッコつけた割には、すぐゴードンに後ろから叩かれたのが笑えます。

結局、ゴードンを倒したのはフィッツだったし。(笑)。

マックは「コールソンの手を切った男」になっちゃいましたね。コールソンの性格からすると、ずっとこの件をジョークにした皮肉をマックに言いつづけそう。

↑目次に戻る

ジャーインが変わったのはホワイトホールのせいだった

カルが言うにはホワイトホールの実験台にされた以降、人格が変わってしまったようですね。

それ以前は、長老達が数10年に一度、ジャーインが生きるための生贄になっていたようですが、それはジャーインが望んでいたことではなく、泣いて「やめてくれ」と言っていたようです。

しかし、ホワイトホールにバラバラにされた後は、自分の傷を癒すために他人の命を欲しがるようになってしまったようですね。。

実はカルが村を襲ったのもジャーインが生きるための生贄が必要だったからとのこと。村1つを潰しましたがそれでも足りなかったようです。スカイを探し回って暴れたわけじゃないのか。

カルはジャーインが元に戻ることを信じて彼女に従っています。それは、ジャーインからスカイを守るためでもありました。

ジャーインが怖すぎますね。スカイのエネルギーまでも吸い取ろうとしていました。母親としてありえないだろうに。結局は娘のためではなく、自分の復讐を果たしたいだけだったのかもしれません。

彼女の中ではシールドも自分を実験台にしたヒドラと同じと認識しているようでした。

カルは最後に甲板の上に出てきましたが、どうやって出てきたんだろう?ゴードンが空母の拘束室か何かに入れたはずなのに。怪力で脱出したのかな?

↑目次に戻る

救難信号は誰が出したの?

1つだけ分からなかったのですが、最初の救難信号は誰が出したのでしょう?リンカーンが「コールソンの基地に向かって救難信号が出されています」って焦って報告してたやつ。

ジャーインはそれを利用して世界中のシールド基地に拡張して送信しました。

最初はスカイがハッキングして救難信号を出したのかと思いましたが、リンカーンが気づいた後のシーンでスカイは「救難信号を止めないと!」と言ってるし。。。

スカイが出したなら簡単に止められるでしょうに???しかも、わざわざ救難信号の中に暗号を忍ばせなくても、普通に連絡できるでしょうに??

ちょっと謎です。

そもそも普通にコールソンに連絡できなかったのかしら??

↑目次に戻る

ボビーとハンターの仲も戻りそう

ボビーはなんとか助かりそうですね。ハンターとの気まずさも解消されそうな感じです。

ボビーの手術はシモンズが行っていましたが、基地にはシモンズしかドクターはいないのでしょうか?こんな若いのに一番偉いのかな。

ボビーとハンターを主役にしたスピンオフドラマが作られる予定でしたが、製作中止になってしまいましたね。残念。

シネマトゥデイのニュースで、そのドラマが予定していたからメインのストーリーから外されてしまったと書かれてあります。

参考:シネマトゥデイ
「マイノリティ・リポート」「エージェント・オブ・シールド」スピンオフがキャンセル

もしそうだとしたら気の毒だなあ。第4シーズンではでるのかな??

↑目次に戻る

メイとアンドリュー

バーレーンの事件の最中に電話して以来、久しぶりに電話したようです。今後復縁するのかな。「言えばよかったと思うことがある」なんて言ってるし。

休暇はどこへ行ったのでしょうね。アンドリューに会いに行ったのかなあ??

アンドリューは結局シールドの心理鑑定の仕事を受けていますね。以前のエピソードではあまり乗り気じゃなかったのに。

↑目次に戻る

まとめ:第2シーズンはスカイと両親の話だった、第3シーズンはどうなる?!

第2シーズンはスカイと両親のエピソードを中心に展開していました。ジャーインは死に、カルは記憶を消されたので、彼らが今後メインストーリーに絡んでくる可能性は低そうです。

第3シーズンはどうなるのか楽しみですね。フィッシュオイルを飲んだ人はどうなるのか? ウォードはどうするつもりなのか? スカイが率いる能力者のチームはどんなチームなのか。そしてシモンズ!!どうなるんだろう??

早く日本で放送されないかな。DVD発売まで1年くらい待つのかなあ。

ウォードの話は必要なのかちょっと疑問に感じています。エージェント33とのストーリーもそれほど必要だと思えませんでした。なんか中途半端な役まわりになっちゃいましたね。

とりあえず今回わかったこと

  • シモンズが異星人の石に飲み込まれてしまった
  • スカイが能力者のチームを任された
  • コールソンが片手を失ってしまった
  • カルはタヒチ計画で記憶を消され第2の人生に進んだ
  • ヒドラ幹部はほぼ全滅し、新しい頭が生えてこない
  • ウォードは何かを計画し、ヒドラ賛同者を集めてる

というわけで第3シーズン第1話「自然の法則(Laws of Nature)」に続きます。

各エピソードの「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

「エージェント・オブ・シールド」シーズン2は、Amazonインスタント・ビデオやU-NEXTでオンデマンド動画を配信中です。Amazonではシーズン1の第1話が無料で、U-NEXTではシーズン2の第1話が無料で見られるので是非どうぞ!(2016/6/11 現在)。

Amazon インスタント・ビデオ
エージェント・オブ・シールド シーズン2 (字幕版) 配信中!

U-NEXT
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

DVDやブルーレイもすでに発売中です。

ツタヤのネットレンタル「TSUTAYA DISCAS」でも、レンタル可能です。無料お試し期間があるのでお得ですよ。

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!