読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

漫画「進撃の巨人」で印象に残った名言はビジネスの真実を表している

人気漫画「進撃の巨人」を読んでいて、ハッとする言葉がありました。多くの方が名言として挙げているこの言葉、よしぞうも名言だと思います。真実をついているなあと感心しました。

進撃の巨人 コミック 1-12巻セット (講談社コミックス)

アルミンの名言にハッとしたよ

漫画好きの皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

漫画には名言が多いですね。いろんなサイトがまとめてくれているので見たことがある人も多いでしょう。

人気漫画「進撃の巨人」にも名言がありました。この言葉を読んだときは「まさに!」と膝を叩く思いでした。

ビジネスにも役に立つ言葉です。

何かを捨てないと何も変えられない

その言葉は、アルミンが言うこの言葉。

何かを変えることのできる人間がいるとすれば
その人は きっと大事なものを捨てることができる人だ。
何も捨てることができない人には
何も変えることはできないだろう。

そう、今までの成功や大事な物を捨てられる人は、すなわちリスクを取れる人。投資も仕事もリスクテイカーに大きな利益をもたらします。

地位や権威などにしがみついている人は、成長しないし成功もしないでしょう。そして、周りからも尊敬されません。

フリーランスとして仕事をしていると、「事なかれ主義」で上に物を言うことが出来ないサラリーマンと沢山出会います。

そういう人を見る度にガッカリします。そんなに自分の立場が大事なのだろうかと。本人は優秀な能力を持っているだけに本当にもったいないなと思う事が多いです。

上の人間は、むしろ意見を言ってくれる人の方が「仕事が出来る奴」と思って評価してくれるのに。

ただ、器が小さい上司だと、煙たがれますけどね。。。

よしぞうは、仕事を貰っているクライアントにクレームを付けて何度も仕事を無くしました(笑)。でも後悔はしていません、言わずにイライラしながら仕事するよりも全然良いと思っています。

それに、そんなクライアントと長い間仕事を続けても、今後も良いことはありません。スパッと切って新しいクライアントを捜す方が良いと思っています。

成功にリスクはつきもの

何かを変えようとするのはとても難しいことです。努力が必要だし批判も受けます。しかしそういったリスクを覚悟できた人だけが成功するのだと思います。

進撃の巨人の最新刊がiTunesで配信開始!

そんな「進撃の巨人」、先日、最新刊である13巻がiTunes Storeで配信開始になりました。

物語がどんどん展開していくので、飽きさせませんよこの漫画!読んだことがない方は読んでみては如何でしょうか?

ただ、未だに絵に慣れないんですよねえ。もうちょっと巧ければなあ。。。