読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

iPhone:Safariで閉じてしまったウィンドウを再度開く方法が意外に便利だ

iPhoneSafariでうっかりウィンドウを閉じてしまったあと、「閉じたくなかったのに閉じちゃった!」ということはありませんか?

今回は今閉じたばかりのウィンドウをすぐに開き直す方法をご紹介します。

iPhone 6 Plus 画像

皆さんこんにちは、黄門様から「一緒に旅に出ないか?」と誘われるくらい、いつもウッカリしているよしぞう(@otonahack)です。

先日もiPhoneを使っている際、閉じたくないSafariのウィンドウをウッカリ閉じてしまいました。どこかに再度開くメニューはないか?とSafariをいじっていたら見つけました!閉じたばかりのウィンドウを開き直す方法を!

こんな方法があるなんて知らなかった!というわけで共有いたします。

Safariで閉じてしまったウィンドウを再度開く方法

まず、iPhoneの下部メニューにある一番右のアイコン、これをタップします。

iPhone ウィンドウ一覧を表示させる

通常、このアイコンは開いているウィンドウの一覧を表示させるためのボタンです。もし、画面下部にメニューが表示されていない場合は、Safariの画面を一度下にドラッグしてください。表示されるはずです。

タップした後、iPhoneの表示が下の画像のようなウィンドウ一覧表示になったら、真ん中にある「プラス」のアイコンを長押ししてください。

iPhoneでプラスキーを長押しする

長押しすると、今まで閉じたウィンドウの履歴が一覧で表示されます。

iPhoneでプラスキーを長押しすると閉じたウィンドウの履歴が表示されます

この一覧画面で再度開きたい項目をタップすれば開くことができます。

通常、「プラス」のアイコンは新規ウィンドウを開くためのアイコンですが、長く押すと閉じたウィンドウの履歴が表示されるのですね。全然知りませんでした。

ちょっとわからないのは、たくさんウィンドウを閉じても、全部が表示されないような感じです。直近で閉じたウィンドウしか表示されないのかもしれません。

iPhoneはまだまだ隠れた機能がありそうです。マニュアル本を買ったほうがいいかなあ。。。