読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

Macを無料で廃棄する方法:Apple Renewプログラムを使う

古い「MacBook Pro」を処分しました。

処分の際には「Apple Renewプログラム」を利用しましたので、廃棄方法の手順をご紹介します。

また、「Apple Renewプログラム」以外の廃棄方法、Macの中古買取業者などもまとめました。

Macを無料で廃棄する方法:Appleリサイクルプログラムを使う タイトル画像

皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

先日、古くなった「MacBook Pro」を処分しました。

相当古い機種なので、中古の買取金額を調べてもたいした金額になりませんでした。ですので、そのまま処分することにしました。

利用したのは「Apple Renewプログラム」。Appleが無料でMacintoshを回収してくれるプログラムです。

処分費用も配送料も必要ありませんし、自宅まで引き取りに来てくれるので便利です。

「Apple Renewプログラム」の詳細については公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
Apple Renewプログラム
Appleのリサイクルプログラム 家庭系パソコンのリサイクル

目次:Macを無料で廃棄する方法:Apple Renewプログラムを使う

重要:無料で処分するにはPCリサイクルマークのシールが必要

まず、最初に肝心なことを1つ。「Apple Renewプログラム」を使ってMacintoshを処分するには、購入した際に付いていたPCリサイクルマークのシールが必要です。

これが無いと有料になってしまいます。必ず見つけ出しておきましょう。

PCリサイクルマークのシール

↑目次に戻る

Macを処分する前にやっておくこと

Macintoshを手放す前にハードディスクのデータを完全に消去します。

消去する前に以下のことを必ず行いましょう

  • iTunes:「このコンピュータの認証を解除」してからサインアウトする
  • iCloud:「Macを探す」をオフにしてサインアウトする
  • iMessage:サインアウトする

詳しい方法はアップルのサポートサイトに書かれています。

アップル
Mac を売却または譲渡する前に
Mac を売却または譲渡する場合

ハードディスクの初期化は上記サイトの記述通りに進めます。

ハードディスクを初期化するには、ディスクユーティリティを使います。Macintoshに最初から入っているソフトです。

ディスクユーティリティでハードディスクを初期化する際に気をつけることは、消去したデータを誰かに復元されないようにすることです。

消去したデータを復元されないようにするには、ディスクユーティリティの「セキュリティオプション」をクリックします。

セキュリティオプションをクリック

「確実な消去オプション」という画面が出てくるので、スライダを「最も安全」に動かして初期化します。

最も安全に設定する

ハードディスクに何度も「0」を上書きして、復元出来ないようにする設定です。

何度も上書きするので、それだけ時間がかかります。初期化を始めたらしばらく放置しておきましょう。

どれだけ完全に消去されるのかは不明ですが、Macintoshに付属の機能だけで消去するのなら、この方法がベストだと思います。

↑目次に戻る

Apple Renewプログラムを使って無料で処分する

それでは「Apple Renewプログラム」に申し込みましょう。

Macintoshの回収手順は以下の通りです。

  1. 「Apple Renewプログラム」のサイトで回収を申し込む
  2. アップルから配送伝票が送られてくる(届くまで1週間くらいかかる)
  3. MacintoshにリサイクルPCマークのシールを貼り、段ボールに入れる
  4. 届いた発送伝票を使って郵便局から送る。

以上です。

申し込んでから伝票が届くまで1週間ほどかかるので、ハードディスクの初期化は申し込んだ後に行っても問題ありません。時間的余裕は充分あります。

↑目次に戻る

Apple Renewプログラムの申し込み方法

回収を申し込むには、アップルの「Apple Renewプログラム」のサイトへアクセスします。

アップル
Apple Renewプログラム

「Apple Renewプログラム」サイトの下の方に「そのほかのリサイクルプログラム」というメニューがあるのでクリックしてメニューを開きます。

開いたメニューの中に「家庭系パソコンのリサイクル」という項目があるのでクリックしてアクセスします。

家庭系パソコンリサイクルをクリック

家庭系パソコンリサイクルのページが開いたら「お申し込みはこちら」をクリック。

申し込みボタンを押す

廃棄の手順が表示されるので目を通しましょう。

廃棄の手順の図が出る

次に、回収するMacintoshのタイプを選択します。「MacBook Pro」なら「ノートパソコン」を選びます。

回収するMacのタイプを選ぶ

そして、PCリサイクルマークの有無を選び、マークに書かれている番号や製品名、Macintoshのシリアル番号を記入します。

PCリサイクルマークがあれば、その番号を記入する

住所氏名、メールアドレスなどを記入し、最後の画面で合計金額が0円になっていることを確認します。

価格を確認する PCリサイクルマークがあれば0円になる

そして、申し込みを済ませます。

申し込み完了画面

申し込みがすむと、自分のメールに申し込み完了のお知らせが届きます。

申し込みが完了した旨のメールが届く

あとは自宅に配送伝票が届くのを待ちます。

↑目次に戻る

処分するMacの配送方法

1週間ほどで配送伝票が届きます。

1週間前後で伝票が届く

「エコゆうパック」というシステムで送るようです。

届いた「エコゆうパック」の配送伝票

配送伝票以外にも、手順や注意が書かれた書類も同封されています。下の図にあるように伝票に書かれているメーカー名やパソコンの種類を確認しましょう。

使用済みパソコン排出手順書 伝票の記載が正しいか確認

処分するパソコンの梱包の仕方なども書かれています。

廃棄パソコンの梱包方法

上の図によると

  • キーボード、マウス、電源ケーブルは同梱して良い
  • プリンターやマニュアル、取扱説明書などは同梱不可

だそうです。

というわけで、段ボールに梱包します。購入したときの箱が残っていたのでこれを使います。

MacBook Proの箱

箱に詰めました。電源アダプターも一緒に送ります。無くても大丈夫だと思います。

箱に詰めたところ バッテリーケーブルも一緒に入れた

PCリサイクルマークを目立つところに貼ります。

PCリサイクルマークを見えるところに貼る

そして、しっかりガムテープで閉じ、配送伝票を貼れば完成。

MacBook Proの箱に伝票を貼り付ける

郵便局に電話すれば、引き取りに来てくれます。直接窓口に持ち込んでも大丈夫のようです。

ゆうパックは引き取りに来てもらえる

というわけで、ノート型Macは軽いので郵便局へ行く用事のついでに出してきました。

出した後は領収証を受け取っておきましょう。

配送したら伝票の控えを受け取る

以上で処分が完了です。

初期化に時間がかかりますが、手順は簡単だし無料で引き取ってくれるので助かります。

↑目次に戻る

Apple以外の業者で処分してもらう方法

参考までに「Apple Renewプログラム」以外での処分方法も考えてみました

以下のような方法があると思います。処分するMacintoshがまだ新しい機種であれば中古ショップに売った方がお金になるので、その方が良いでしょう。

無料回収業者に引き取ってもらう

PCリサイクルマークを無くしてしまった場合は、パソコンを無料で回収してくれる業者を探して引き取ってもらうのも良いでしょう。

利用したことはありませんが、以下のような業者があるようです。

データ消去サービスを行っている会社もあるようです。

こちらの会社は壊れたパソコンの買取も行っているようです。

↑目次に戻る

新しいMacintoshを買う際に下取りに出す

新しくMacintoshを買う予定の人は、下取りキャンペーンをやっているお店を探すのも1つほ方法です。

新しくMacを買うことを条件に、古いMacを買い取ってくれるサービスです。

下取りにするMacが古すぎる場合は、たいした金額にならないと思いますが、多少は割引になると思います。

次の項目で述べる中古Macintoshショップでも、たまに下取りキャンペーンを開催しています。ソフマップあたりが良くやっていますね。

「Apple Renewプログラム」にも下取りプログラムがあります。Macintoshの場合、下取り可能な機種は2007年以降のモデルに限られます。

アップル
Apple Renewプログラム

↑目次に戻る

中古Macintosh(パソコン)業者に売る

新品のMacintoshを購入するつもりが無いのであれば、下取りではなく、中古Macintosh買取ショップに買取ってもらいましょう。

主に以下のようなショップがあります。

↑目次に戻る

まとめ:PCリサイクルマークを捨てないようにしよう

Macintoshを買ったときは、PCリサイクルマークなんて全く気にしてなかったので「そんなのあったっけ?!!」と焦ったのですが、箱の中に入っていました。

よかった。。。

うっかり捨ててしまいそうな小さい紙なので、紛失しないように気をつけましょう。

というわけで、まとめです

  • アップルはApple RenewプログラムでMacintoshの回収を無料で行っている
  • Apple RenewプログラムはPCリサイクルマークが無いと有料になる
  • PCリサイクルマークが無い場合は、無料回収業者や中古ショップに売ってみよう