おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

エージェント・オブ・シールド シーズン2第7話「最後のピース」感想とネタバレ

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン2第7話「最後のピース」の感想とネタバレです。

ついに「謎の図形」の答えにたどり着きます。

エージェント・オブ・シールド シーズン2 第7話「最後のピース」感想とネタバレ タイトル画像

アベンジャーズファンの皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン2第7話「最後のピース」を見ました。そのあらすじとネタバレ感想です。

(前回のエピソード第6話「スプリンター爆弾」の感想とネタバレはこちらをどうぞ。)

今回のエピソードは、ついに長らく謎だった図形の答えにたどり着きます。

というわけで、以下ネタバレします!

このエピソード以外の「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

シーズン2第7話「最後のピース」 感想とネタバレ 目次

シーズン2 第7話「最後のピース」 あらすじ

登場人物

  • シールドメンバー

    • フィル・コールソン:シールド長官(日本語吹替:村治学)
    • メリンダ・メイ:戦闘と操縦のプロ(日本語吹替:沢海陽子)
    • スカイ:天才ハッカー(日本語吹替:渋谷はるか)
    • レオ・フィッツ:兵器やメカ開発の天才(日本語吹替:落合佑介)
    • ジェマ・シモンズ:天才物理学者(日本語吹替:宮下ともみ)
    • トリプレット:祖父がハウリングコマンドー(日本語吹替:名村幸太朗)
    • ランス・ハンター:傭兵、ボビーの元夫で元英国特殊空挺部隊(日本語吹替:滝知史)
    • アルフォンソ・マック・マッケンジー:メカニック(日本語吹替:間宮康弘)
    • バーバラ・ボビー・モース:格闘と諜報のプロ(日本語吹替:林真里花)
  • ヒドラメンバー

    • グラント・ウォード:身分を隠してシールドに所属していた(日本語吹替:花輪英司)
    • ダニエル・ホワイトホール博士:ヒドラの幹部
    • スニル・バクシ:ホワイトホール博士の部下
  • その他

    • レイナ:元ヒドラの協力者。スカイの出生の秘密を知る謎の多い女(日本語吹替:加藤有生子)
    • カルビン・ザボ:スカイの父、怪力の持ち主
    • セバスチャン・デリク:元シールドのおかかえ暗殺者、タヒチ計画の患者
    • ハンク・トンプソン:元シールドエージェント、タヒチ計画の患者
    • レベッカ・スティーブンス:元シールドエージェント、タヒチ計画の患者

あらすじ

ただいま、あらすじ修正中です。しばらくお待ちください。

↑目次に戻る

ウォードが完璧すぎるのが鼻につく

ウォードの観察力が凄すぎますね。すぐに尾行に気がつくし、ボビーが読んでいた本のページまで見えるとは。あんな遠くですれ違っただけなのに。

「俺が優秀すぎたのか」というウォードはなんかイラっとくる。鼻につきます(笑)。

ハンターがバーまで尾行していたことには気がつかなかったのかな?いや気がついていたんでしょうね。バクシを置いていったくらいですから。

バクシに「コールソンに合わせてやる」と言ったのは、バクシをコールソンに提供することだったのですね。

バクシってほんと、間が抜けてるよなあ。また失敗しているよ(笑)、

↑目次に戻る

冒頭で「GH325」について整理しているのは視聴者のためかな?

冒頭のシーンでスカイとコールソンが「GH325」について整理しているのは、視聴者に親切ですね。

もっと詳しく整理すると以下のようになります。

  • コールソンはタヒチ計画というプロジェクトで生き返った。
  • これは異星人の体内から抽出した「GH325」という血清を使う処置。
  • スカイも瀕死の重傷を負った際に「GH325」で命を取り留めた。
  • 「GH325」の処置を受けた人間(スカイ以外)は「謎の図形」を描きたくなる衝動にかられる。
  • スカイの父が持っている異星人の物体「オベリスク」は、適合する人間が触ると「謎の図形」が浮かび上がる。

つまり「オベリスク」と「GH325」は同じ星のものと思われます。

そして、今回「謎の図形」は街の地図だと判明しました。

↑目次に戻る

コールソンが入った機械

コールソンが記憶を思い出すために使った記憶マシンは、シーズン1の第11話「魔法の国」で、レイナが使っていた機械ですね。エピソード「魔法の国」では、機械にコールソンが入ったことで、自分がタヒチ計画を受けていたことを思い出しました。

タヒチ計画を受けた人は、皆、タヒチのことを「魔法の国」って言うんですね。レベッカ・スティーブンスの絵にもその言葉が書かれてありました。

↑目次に戻る

シールドの社会的地位が謎

シールドは崩壊しているので、政治的なバックアップ体制は何もないんですよね。

冒頭の事件現場に侵入する際には「14の法律を犯している」ってスカイが言っているので、勝手に侵入しているようです。

国家権力的な政治コネクションが全くない割には、簡単にレベッカ・スティーブンスの遺体を手に入れてしまいますね。しかも気合いで(笑)。どうやって手に入れたんだろう??

検死したシモンズが「犯人はGH325を投与されている人物」と言ったら、スカイがすかさず「私じゃないわよ」と言うのが笑えました。

↑目次に戻る

トンプソンが今後出てくるといいなあ

溶接工をしているトンプソンがナイスガイでよかったですね。エージェント時代の名前は、キャメロン・クライン。腕利きのエージェントだったようです。

投げたナイフを素手で「真剣白刃止め」するのがすごいですね、なかなかできませんよあれは。

最後の「溶接を頼みたいときは連絡をくれ」というセリフもよかった。何かのエピソードでまた出てくれると嬉しいな。

どうして彼は図形を立体で再現することに成功したんでしょうね? 

同じタヒチ計画の患者で、ルイス・シーバーという名前が出てきました。彼はシーズン2の第4話「仮面の敵」で、絵画の裏に図形を刻んだ人物だったようですね。

しかも、教会の火事はデリクの仕業だったっぽいですね。繋がってたんだ。

↑目次に戻る

まとめ:地図の街に何があるのか楽しみ

図形が街の地図だとわかりました。その街には何があるんでしょうね?「オベリスク」がざくざく出てきたらすごいな。

ウォードはヒドラに参加するようですが、前回、連行される際に「スカイとの約束は守る」と言い残していたので、スカイの父に近づくための作戦なのでしょう。

とりあえず今回わかったこと

  • 謎の図形は街の地図だった
  • ウォードはホワイトホール博士に会いヒドラに戻る予定
  • バクシはシールドに拘束された

というわけで第8話「兄弟の再会」に続きます。

各エピソードの「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

「エージェント・オブ・シールド」シーズン2は、Amazonインスタント・ビデオやU-NEXTでオンデマンド動画を配信中です。Amazonではシーズン1の第1話が無料で、U-NEXTではシーズン2の第1話が無料で見られるので是非どうぞ!(2016/6/11 現在)。

Amazon インスタント・ビデオ
エージェント・オブ・シールド シーズン2 (字幕版) 配信中!

U-NEXT
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

DVDやブルーレイもすでに発売中です。

ネットレンタル「TSUTAYA DISCAS」でも、レンタル可能です。無料お試し期間があるのでお得ですよ。

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!