おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

ネタバレ:エヴァ14巻収録の「夏色のエデン」に衝撃!エヴァファンなら必読!

貞本義行さんが描く漫画版「新世紀エヴァンゲリオン」14巻(最終巻)を読みました。終わり方はなるほどという感じでした。

で、本編以上に衝撃的だったのが巻末に収録されている短編「夏色のエデン」!

こんなのが入っているなんて知らなかったよ。言ってよ(笑)。連載時には無かった書き下ろしだそうです。

エヴァの謎が一つ解ける短編です。この記事はネタバレを含んだ感想ですのでご注意を。

「エバといえばお笑い漫画道場だ!」の皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

貞本義行版のコミック「新世紀エヴァンゲリオン」をラスト14巻(最終巻)まで読みました。コミック版の感想と14巻に収録されていた「夏色のエデン」について書きたいと思います。

エヴァファンもお笑い漫画道場ファンも14巻は必読ですよ。

この記事はネタバレしますのでご注意ください。

以下ネタバレします。

「新世紀エヴァンゲリオン」コミック版と「夏色のエデン」感想 目次

コミック版の綾波が良すぎる!

コミック版の綾波レイは、テレビ版と違ってなんだか積極的(ハート)。

シンジを部屋に入れて「お茶飲んでけ」な勢いで誘うし、シンジと手を繋いじゃったりするし。

コミック版の綾波はヤバイですね。好きになりますよ、これ確実に。うん。

コミック版はシンジもカヲルくんも性格がソリッドな感じですね。カヲルくんは完全に変人(笑)。シンジは預けられた親戚の家での扱いのせいか、シニカルになってる。

そんなテレビ版との性格の違いを楽しめるのがコミック版です。

あと加持さんの過去も描かれていて興味深いです。あんな過去があったなんて。あれでよく第2東京大学に入れたな。

↑目次に戻る

14巻のエンディング

14巻のエンディングは、基本的には旧映画版と同じです。

シンジに未来が託され、綾波との会話の中で他人がいる世界を選んでいきます。この時の綾波もいいんだなこれが。

映画と違って、会話のシーンにカヲルくんは現れません。

そして、映画との違いは一番ラスト。映画ではアスカとシンジが砂浜にいて訳がわからない終わり方をしましたが、コミック版では時が過ぎ、次の世界になっていました。いわゆる、繰り返している世界です。

その世界では、朽ち果てて残っている量産機は「昔の人が作った遺跡」と思われており、以前の世界の記憶はありません。

シンジは親戚の家を出て東京の高校を受験するために上京します。電車の中で偶然アスカと出会いますがアスカは覚えていません。シンジは「どこかであったような」的なことを言いますがきちんとした記憶はないようです。

同じく駅でケンスケに会いますが、こちらも覚えていない模様。トウジが出てこないのはシンジが受験する高校の偏差値が高いのではないかと思われます(笑)。

あ、それから、人類の補完が描かれる場面では、映画版には無かったアスカがLCLになってしまう描写がありました。当然、その時アスカが見るのは加持さんの姿です。

漫画版は、碇ユイさんの描写がしっかりしている印象でした。テレビではユイさんがどんな人なのか今ひとつわかりづらかったですが、漫画版ではより詳しく描かれています。

シンジが小さかった頃から「あなたが人類を守るのよ」と言っていたあたり、この時点ですでにシンジがパイロットになることやサードインパクトが起きることなど、計画が決まっていたようなセリフです。

そんな計画があったとしても、最後は「今のような世界を続けなさい」と言っているように思えます。

↑目次に戻る

「夏色のエデン」にびっくりした

エヴァ本編が終わったあと、巻末に「夏色のエデン」という早見優さんの歌のタイトルのような短編が収録されています。

最初は単なる貞本さんの短編漫画かと思ったら違かった!碇ユイさんの大学時代を描いたエヴァの短編でした。

そこに出てくる赤毛の女の子。16歳なのに飛び級で大学に入ってきた天才。そう、彼女は真希波マリ。

最初はメガネをかけずに出てきますし名前も語られないので誰だかわからない設定になっています。

メガネをかけるようになったのはユイにメガネをもらってから。彼女はユイのことが好きだったようです。そんな同人誌みたいな設定でいいのか(笑)。

マリはこの後、イギリスに留学する予定になっており、そのままユーロのネルフに入るのでしょうかね?

「Q」が公開された直後から、マリは「ゲンドウやユイと同級生」という説が流れました。この短編でそれがハッキリしました。「Q」で言っていた「オリジナルはもっと愛想があったよ」というセリフ、オリジナルはユイさんのことで決定ですかね。この短編でもゲンドウのことを「ゲンドウくん」と呼んでいます。

もちろんこの短編は違うエヴァの世界の話なのかもしれませんが。。。。

マリがユイを好きとなると、マリの「自分の目的」ってサードインパクトでユイに会うことだったりして。

モテモテだなユイさん。

コミック版で描かれるユイさんは、美人で頭が良くて、性格もよくて、ちょっとドジっ子という完璧な女子。まあモテるよね、そりゃ。

↑目次に戻る

ゲンドウはユイに逆ナンされた

「夏色のエデン」では、ゲンドウとユイの出会いも語られます。

ユイによると、出会いのきっかけは「学食で品切れになったB定食を譲ってくれた」こと。列の前に並んでいたゲンドウでB定食が品切れ。後ろにいたユイさんはB定食を食べられずガックシしますが、ゲンドウがぶっきらぼうにそれを譲ります。

そのままゲンドウはその場を離れようとしましたが、ユイが「一緒に食べよう」と誘い、全然笑わないゲンドウをなんとか笑わせようと必死に頑張ったようです。そして、やっと笑った顔が「かわいい」と(笑)。

ゲンドウって、テレビ版では「ゼーレに近づくためにユイを利用した」という言われ方でしたが、全然違うじゃん(笑)。

ゲンドウはユイに出会うまでは野心なんてなかったのでしょうかね?ユイに出会ってからゼーレの存在を知って野望を抱くようになったのでしょうか?

この辺はちょっと腑に落ちない出会いのエピソードでした。

それにしても、人類補完計画やサードインパクトの原因が「B定食」の材料の少なさだったとは(笑)。学食の仕入れ担当もウッカリ手を抜けないな。

↑目次に戻る

終了しても謎が残った

サードインパクトが終了してシンジが選んだ世界。

世界が繰り返し別の世界が始まっていますが、シンジのカバンにミサトさんの十字架ネックレスがぶら下がっていました。あれはどういう意味なのでしょう?

何か繋がりがあるものなのか?それともたまたまシンジくんがどこかのお店で見つけて買ったのか?(前世の記憶があるため似てるネックレスに何かを感じたとか)

あのネックレスの意味が謎でした。

コミック版を読んだことがない方、14巻は読んでおくといいかもしれません。Kindle版も売っていますのでぜひどうぞ。

表紙もびっくりですね。夏しかない世界に雪が降っています。物語が終わる暗示でしょうか?

「いつまでも夏休みが続けばいいのに。。。」、そんな僕たちの「エンドレスサマー」は終りを告げるのです。