読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

エージェント・オブ・シールド シーズン2第21話「S.O.S. (前編)」感想とネタバレ

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン2第21話「S.O.S. (前編)」の感想とネタバレです。

エージェント・オブ・シールド シーズン2 第21話「S.O.S.(前編)」感想とネタバレ タイトル画像

アベンジャーズファンの皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン2第21話「S.O.S. (前編)」を見ました。

そのあらすじとネタバレ感想です。

(前回のエピソード「第20話「傷」の感想とネタバレはこちらをどうぞ。)

今回のエピソードは、いよいよシーズン2最終話の前編です。

というわけで、以下ネタバレします!

このエピソード以外の「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

シーズン2第21話「S.O.S. (前編)」 感想とネタバレ 目次

シーズン2 第21話「S.O.S. (前編)」 あらすじ

登場人物

  • シールドメンバー

    • フィル・コールソン:シールド長官(日本語吹替:村治学)
    • メリンダ・メイ:戦闘と操縦のプロ(日本語吹替:沢海陽子)
    • スカイ:天才ハッカーで特殊能力保持者(日本語吹替:渋谷はるか)
    • レオ・フィッツ:兵器やメカ開発の天才(日本語吹替:落合佑介)
    • ジェマ・シモンズ:天才物理学者(日本語吹替:宮下ともみ)
    • ランス・ハンター:傭兵、ボビーの元夫で元英国特殊空挺部隊(日本語吹替:滝知史)
  • シールドメンバー(もう1つのシールド側)

    • ロバート・ゴンザレス:上層部のメンバー。秘密のない開かれたシールドを作ろうとしている
    • アン・ウィーヴァー:上層部のメンバー。元シールドアカデミーの校長先生。
    • オリヴァー:上層部のメンバー
    • バーバラ・ボビー・モース:格闘と諜報のプロ(日本語吹替:林真里花)
    • アルフォンソ・マック・マッケンジー:メカニック(日本語吹替:間宮康弘)
  • 元ヒドラメンバー

    • グラント・ウォード:身分を隠してシールドに所属していた(日本語吹替:花輪英司)
    • エージェント33:元シールドエージェント、現在はウォードと行動する
  • その他

    • ジャーイン:変化した能力者を導いている女性、スカイの母
    • カルビン・ザボ:スカイの父、怪力の持ち主
    • レイナ:予知能力がある能力者(日本語吹替:加藤有生子)
    • ゴードン:能力者。テレポートできる能力がある
    • リンカーン・キャンベル:アフターライフにいるスカイの世話役で能力者

あらすじ

「ゴンザレスに撃たれた」と嘘をつくジャーイン。シモンズは発砲があったことをコールソンに伝えます。状況がわかるまでは攻撃するなと指示するコールソン。

メイは村へ行って状況を調べますが、スカイが疑心暗鬼になってメイの邪魔をします。格闘の末、スカイのパワーで倒されるメイ。

ゴードンがシールドのクインジェットを1機乗っ取り、ゴンザレスがいた部屋を攻撃、証拠を隠滅します。村の人々はシールドが攻撃していると思います。

撃たれたジャーインは、体力を回復するために人質に取ったシールド職員のエネルギーを吸い取って自らのエネルギーにします。

シールド本部ではフィッツとハンターがボビーのクインジェットが行方不明になっている件を調べています。監視カメラでエージェント33がメイに化けて連れ去ったことを知り、メイとハンターが後を追います。

ウォードとエージェント33はボビーを拘束し、ジワジワと痛め付け謝罪をしろと要求します。実はボビーはヒドラへの潜入捜査中に作戦がバレないようにするため仕方なくエージェント33を犠牲にしたのでした。

ウォードはエージェント33がその件を乗り越えるためにボビーから謝罪を引き出そうとします。

シールドは発砲事件を調査した結果、すべてジャーインの自作自演だということを突き止めます。

コールソンは連行したカルを尋問します。「なんのためにシールド本部に送り込まれてきたのか?」と。

しかし、尋問中にカルは心停止になって倒れてしまいます。連行される前に飲んだ自作の薬の影響です。

薬は超人になるための薬ですが未完成でした。シモンズはカルを目覚めさせるためにアドレナリンを射ちますが、それがたまたま薬の効果を完成させてしまい、カルは超人化し暴れだします。車で体当たりしてなんとか食い止めるコールソン。

「アフターライフ」では、ジャーインがレイナを呼び出します。レイナは真実をみんなに伝えるといい、ジャーインの計画もすべて村人にバラすと言い出します。それを聞いたジャーインはレイナを切ってしまいます。それを見ていたスカイ。

スカイはゴンザレスの事件もジャーインの仕業だと知り、ジャーインの計画に反対しますがジャーインの手下に殴られて気絶してしまいます。

ハンターとメイはボビーの携帯電話の反応をキャッチし、現地に向かいます。

ウォードはボビーを縛り、ボビーに辛い思いをさせるため、最初にボビーを助けに来た人間が撃たれる仕掛けを施して去っていきます。

シールドの空母には、ゴードンとリンカーン達が奇襲をかけ制圧し、ジャーインが大量の「テリジェン・クリスタル」を持ち込み、何かを始めようとします。

↑目次に戻る

ジャーインはまるでディメンター!怖すぎる

ジャーインのエネルギー回復方法が怖い。ハリー・ポッターのディメンターみたいだ。。

ああやって何年も生きながらえてきたのでしょうか?だとすると誰が犠牲になってきたんだろう。。。それとも、ああいう回復方法は緊急時だけなのかなあ?恐ろしや。

こんな技を持っているなら、ホワイトホールに実験台として捕まった時、なんで敵のエネルギーを吸い取って逃げなかったんだろう??

スカイや仲間を守るために宣戦布告したって言うけど、レイナをあっさり切っちゃうし、スカイを部下に殴らせて「拘束しておいて」って言うし、本質は怖い人なんじゃないだろうか。

ホワイトホールの実験台にされる前はそんな人じゃなかったのかなあ??

↑目次に戻る

ボビーはウォードと対等に戦えるくらい強い

ボビーがウォードと対等に渡り合えるほど強いとは思わなかったです。

傷を負っていたのにあれだけ戦えるとは、サシで勝負したら余裕で勝てたんじゃないだろうか?

メイより強いかもしれないですね。

ボビーとエージェント33の過去の関わりについては、なるほどーと思いました。

そういえばシーズン最初の頃、ボビーはヒドラに潜入していましたね。しかもバクシの部下だった。

確かにあの状況なら、仕方なくシールドエージェントを裏切ることがあってもおかしくないですね。毎日周りをヒドラに囲まれているわけだし。

そんな頃の話を繋げてくるとは思いませんでした。やるなあ。

↑目次に戻る

フィッツはもう完全に回復しているので驚き

フィッツの脳の損傷は完全に回復していますね。シーズン最初の頃は設定はなんだったんだろう??

ハンターの言うことを先回りして言うくらい頭が回転している。昔のフィッツに戻った感じです。

それに比べてシモンズは怖いままだ。今回(前回だったかな??)も怖いこと言っていたような気がする。

↑目次に戻る

まとめ:いよいよあと1話残すのみ!

いよいよあと1話となりました。

ジャーインが空母で何をしでかすのか?コールソンは阻止できるのか?

そして、第3シーズンに繋がるようなネタが出てくるのか、楽しみです。

とりあえず今回わかったこと

  • ジャーインは人のエネルギーを吸い取ることができる
  • ボビーはヒドラ潜入時代、エージェント33をヒドラに売った
  • スカイは発砲事件がジャーインの計画だったと知った
  • ジャーインがシールドの空母を制圧した

というわけで第22話「S.O.S.(後編)」に続きます。いよいよ第2シーズン最終話です。

各エピソードの「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

「エージェント・オブ・シールド」シーズン2は、Amazonインスタント・ビデオやU-NEXTでオンデマンド動画を配信中です。Amazonではシーズン1の第1話が無料で、U-NEXTではシーズン2の第1話が無料で見られるので是非どうぞ!(2016/6/11 現在)。

Amazon インスタント・ビデオ
エージェント・オブ・シールド シーズン2 (字幕版) 配信中!

U-NEXT
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

DVDやブルーレイもすでに発売中です。

ツタヤのネットレンタル「TSUTAYA DISCAS」でも、レンタル可能です。無料お試し期間があるのでお得ですよ。

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!