読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

レゴランド名古屋:お薦めアトラクションベスト8!並んでも乗るべき!

名古屋の金城ふ頭にある「レゴランド・ジャパン」のプレオープンに行って遊び倒してきました。

今回はレゴランド・ジャパンで乗るべきお薦めのアトラクションベスト8をご紹介します。よしぞうによる口コミ感想です。

実際に行って感じたままの感想をランキングでご紹介します!

レゴランドジャパン 名古屋 入り口画像

皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

名古屋の金城ふ頭にオープンする「レゴランド・ジャパン」。

4月1日のオープンに先駆け、一足早く「プレビューデー」と称し、年間パスポート購入者向けにプレオープンされました。その模様をお届けします。

今回はレゴランド・ジャパンで乗るべきアトラクション、ベスト8をご紹介します。

下記の記事も参考にどうぞ。レゴランド・ジャパンのお薦めレストランを紹介しています。

目次:レゴランド名古屋のアトラクションベスト8!並んでも乗るべきはこれ!

はじめに:ランキングで考慮した点はレゴらしさと興奮度

レゴフィギュアの画像

レゴランド・ジャパンに行ったら乗るべきアトラクションをランキングにしてみました。

考慮したポイントは以下の点です。

  • レゴらしさはあるか
  • 大人も楽しめるくらい興奮度が高いか

といった点です。

興奮度が高くても「他のテーマパークでも似たものがあるよなあ」と感じたアトラクションはランキングを少し下げています。

↑目次に戻る

並んでも乗るべきアトラクションベスト8!

それでは、あなたが乗るべきアトラクションをランキングでご紹介します!

下記のランキングで括弧内に書かれている名称は、そのアトラクションがあるエリア名です。

参考までにプレオープン時の待ち時間も掲載しました。4月1日からの本オープンと比べると入場者が少ないのであくまでも参考程度にご覧ください。

プレオープンでは夕方近くなると列がかなり減っていました。

開場まもない時間帯は人気アトラクションに人が殺到するので2時間待ちのアトラクションもありましたが、午後3時頃になってくると45分程度で乗れるようになっていました。

↑目次に戻る

1位 レスキュー・アカデミー(レゴ・シティ)

レスキュー・アカデミー

1位は「レゴ・シティ」エリアにある「レスキュー・アカデミー」です。

巨大なレゴ消防車を動かして燃えている(という設定)の建物の前まで行き消火活動を体験するアトラクションです。消火栓からは本物の水を放水できるのが嬉しい!

基本的には親子で楽しむアトラクションのようです。

残念ながら一人で行ったので乗る勇気がありませんでしたが(笑)、これは絶対楽しいやつ! 特に親子で行ったら乗るべきです。

消防車を動かすにはレバーを上下させます。ちょっと体力がいるのでお父さんとお母さんの活躍が期待されます。

消防車は6台同時にスタートするので、他のチームと競争する楽しさもあります。最後まで残るとちょっと恥ずかしいぞ(笑)。

注意事項
  • 身長が90cm未満は乗れません
  • 身長130cm未満の場合は付き添いが必要
  • 乗車中の撮影は禁止。
  • プレオープン時での待ち時間:約60分くらい

↑目次に戻る

2位 スプラッシュ・バトル(パイレーツ・ショア)

スプラッシュ・バトル

2位は「パイレーツ・ショア」エリアにある「スプラッシュ・バトル」です。

海賊船に乗り込み、他の海賊船や陸から攻撃してくる赤の他人(笑)へ水鉄砲で攻撃し返すアトラクション。

これも楽しい! 全身ビッショビショになります。びしょびしょ秘書も顔負けの水浸し(笑)。

見知らぬ者同士が水で攻撃し合うという凄い乗り物です。子供はマジで狙ってくるので怖い。

このアトラクションの付近を歩いていると、突然攻撃されるので危険です(笑)。

是非とも夏に乗りたいアトラクションです。

各ショップにはポンチョが売っていますので、濡れたくない人はそれを買っても良いでしょう。大人用と子供用があります。

また「スプラッシュ・バトル」の脇には「全身ドライヤー(有料:300円)」がありますので、それで乾かす事も出来ます。

注意事項
  • 身長130cm未満の場合は付き添いが必要
  • 施設内(という表記だった)の撮影は禁止。
  • プレオープン時での待ち時間:約30分くらい(5分くらいで乗れる場合もあった)

↑目次に戻る

3位 レゴ・ファクトリー・ツアー(ファクトリー)

レゴ・ファクトリー・ツアー

3位は「ファクトリー」エリアにある「レゴ・ファクトリー・ツアー」です。

やっぱりレゴが好きならこのアトラクションに入らないとダメです。

レゴブロックが完成するまでの工程をガイド付きのツアーで学べます。ここに展示してある機械はすべて本物の工場と同じもの。

東京のお台場にある「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」にもファクトリーエリアがありますが、あちらはレゴでデフォルメされたものでしたので、リアルな工場を知りたい人は是非。

そして、最後には記念のレゴブロックが貰えますよ!! 

レゴ・ファクトリー・ツアーで貰える記念のレゴブロック

今回貰ったブロックはプレオープンだったので印刷が何もないブロックでした。本オープン以降はブロック本体にデザインされた印刷が入るようです。

このアトラクションはかなり人気でいつも45分くらいの待ち時間でした。それより短い時間になることはありませんでした。

注意事項
  • 身長130cm未満の場合は付き添いが必要
  • ファクトリー内のフラッシュ撮影は禁止。撮影自体はOK。
  • プレオープン時での待ち時間:約45分くらい
スポンサー リンク

↑目次に戻る

4位 オブザベーション・タワー(ブリックトピア)

オブザベーション・タワー

4位は「ブリックトピア」エリアにある「オブザベーション・タワー」です。

レゴランド・ジャパンにそびえ立つ、シンボル的な存在のタワーですので乗らないとなりません。カラフルなレゴカラーで出来たタワーは遠くから見ても目立ちます。

高さは約59.8m。円盤状の展望台が一番上まで上がっていき、レゴランド・ジャパン内を一望できます。円盤は回転するので360度見渡すことが出来ます。

オブザベーション・タワーから見える景色

上の画像は展望台の中から見た景色です。金城ふ頭の名港トリトン(画像は名港西大橋)も見えますよ。

レゴランド・ジャパンを上から撮影したいなら「オブザベーション・タワー」に乗りましょう。

注意事項
  • 身長130cm未満の場合は付き添いが必要
  • 撮影OK
  • プレオープン時での待ち時間:約30分くらい

↑目次に戻る

5位 ロスト・キングダム・アドベンチャー(アドベンチャー)

ロスト・キングダム・アドベンチャー

5位は「アドベンチャー」エリアにある「ロスト・キングダム・アドベンチャー」です。

古代寺院の遺跡の中をカートに乗って進み、備え付けのレーザー銃で的を狙うシューティングゲームです。

ディズニーランドにある「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」のレゴ版といった感じです。

遺跡の中にはレゴで作られたミイラやガイコツなどもいるので、レゴ好きも楽しめます。

ただ、的を狙うのに忙しくてじっくり見ている暇が無かった(笑)。大人も夢中になれます。

注意事項
  • 身長130cm未満の場合は付き添いが必要
  • 乗車中の写真撮影は禁止
  • プレオープン時での待ち時間:約45分くらい

↑目次に戻る

6位 サブマリン・アドベンチャー(アドベンチャー)

サブマリン・アドベンチャー

6位は「アドベンチャー」エリアにある「サブマリン・アドベンチャー」です。

潜水艦に乗って海底の中を探索するアトラクションです。海の中には本物の魚やサメ、エイなどが泳いでいます。

大人はちょっと退屈しちゃうけど、子供達は喜んでいました。

潜水艦に乗る際は、進行方向右側に乗るのがお薦めです。左側は壁ばかりで魚が出てこない。右側は広いエリアに出るとサメなどを見ることが出来ます。

このアトラクションは濡れませんのでご安心を。

注意事項
  • 身長130cm未満の場合は付き添いが必要
  • 乗車中のフラッシュ撮影は禁止。撮影自体はOK。
  • プレオープン時での待ち時間:約60分くらい(開園直後は2時間待ちでした)

↑目次に戻る

7位 スクイッド・サーファー(アドベンチャー)

スクイッド・サーファー

6位は「アドベンチャー」エリアにある「スクイッド・サーファー」です。これも楽しい。

本当は「サブマリン・アドベンチャー」よりもこっちの方を推したいのですが、レゴらしさがほとんど無いのでランキングを下げました。

これも水浸し必至の夏向けアトラクション。ジェットスキーのような乗り物で水の上をクルクル回転します。結構なスピードで回ります。

途中で海中から爆発音と共に大きな水柱が上がってさらに驚く。

「スクイッド・サーファー」の脇にも「スプラッシュ・バトル」と同様に「全身ドライヤー(有料:300円)」があります。

注意事項
  • 身長105cm未満は乗れません。
  • 身長130cm未満の場合は付き添いが必要
  • 乗車中の撮影は禁止。
  • プレオープン時での待ち時間:約60分くらい

↑目次に戻る

8位 ザ・ドラゴン(ナイト・キングダム)

ザ・ドラゴン

6位は「ナイト・キングダム」エリアにある「ザ・ドラゴン」です。これも超楽しくて上位に推したかった! でもレゴらしさはあまりないのでランキングを下げました。

大人も楽しめるジェットコースターです。

走行中はかなりのスピードで斜めになるのでレゴランドだと思って甘く見ていたらいけません(笑)。結構激しく動きます。

子供も乗って喜んでいたので怖いもの知らずの子供なら大丈夫だと思います。ただし身長制限があるのでご注意を。

あ、そうそう、レゴらしさが無いと言いましたが、出発して30秒くらいはレゴで出来たオブジェの中を進んでいきます。それは良かったな。

注意事項
  • 身長105cm未満、もしくは195cm以上は乗れません。
  • 身長130cm未満の場合は付き添いが必要
  • 乗車中の撮影は禁止。
  • プレオープン時での待ち時間:約60分くらい

小さいお子さん向けには、同じ「ナイト・キングダム」エリアに動きがマイルドな子供向けのジェットコースター「ドラゴン・アプレンティス」があるので、そちらへどうぞ。

ドラゴン・アプレンティス

「ドラゴン・アプレンティス」は地上からの高さは低めです。上の画像で背景に見える高い位置のレールは「ザ・ドラゴン」のものです。

↑目次に戻る

まとめ:4月の本オープンからはファストパスが登場予定

以上「レゴランド・ジャパンで並んでも乗るべきアトラクションベスト8」でした。

どういうわけか、濡れるアトラクションが多かったです。夏休みに行くのが良いですね。

夏は行列に並ぶのが大変ですが、4月1日からはディズニーランドでいう「ファストパス」にあたる「スキップパス」という制度が出来るそうです。

現段階では詳細は不明ですが、行列に並ぶのが楽になりそうですね。

レゴ好きなら「レゴ・ファクトリー・ツアー」は欠かせません。ツアーの最後にレゴが貰えるのでそれを目当ての人も多くて行列が絶えないのかもしれません。

「スクイッド・サーファー」と「ザ・ドラゴン」は大人が乗っても超楽しいのでお薦めですが、レゴらしさが無いのが勿体ないなと思いました。

レゴランド・ジャパンのチケット購入は公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
レゴランド・ジャパン