おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

まとめ:iPhone SE 第二世代のメリットとデメリット!こんな人にお薦め!

2020年4月24日に発売される『iPhone SE(第二世代)』のメリットとデメリットについてまとめました。

まとめ:iPhone SE 第二世代のメリットとデメリット!こんな人にお薦め!

 

2020/4/21 更新

こんにちは、よしぞうです。

2020年4月24日にアップルから『iPhone SE(第二世代)』が発売されます。

今でも小さいスマホは根強い人気がありますので、『iPhone SE(第二世代)』の発表は好意を持って受け止められました。

この第二世代の『iPhone SE』ですが、そのデザインや大きさは、初代の『iPhone SE』ではなく『iPhone 8』を踏襲しています。

この記事では、『iPhone SE(第二世代)』のメリットとデメリットについてをまとめてあります。

『iPhone SE』の購入は、各携帯会社のオンラインショップが便利です。街の店舗と違って余計なオプション契約などが不要になります。

携帯会社のオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

Apple 公式サイト
iPhone SE

スポンサー リンク

目次:

『iPhone SE』はこんな人にお薦め

『iPhone SE』はこんな人にお薦め

第二世代の『iPhone SE』はこんな人にお薦めです。

『iPhone SE』はこんな人にお薦め

  • なるべく安くiPhoneを買いたい人
  • 低価格で高性能のiPhoneが欲しい人
  • 小型のiPhoneが欲しい人
  • ホームボタンを使いたい人
  • 「顔認証」が嫌で「指紋認証」を使いたい人

こういった方に第二世代の『iPhone SE』はお薦めです。

各項目を『iPhone SE』のメリットに沿って説明していきます。

『iPhone SE』の予約は携帯会社のオンラインショップをどうぞ
↓↓↓
携帯会社のオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

それでは、第二世代『iPhone SE』のメリットとデメリットを合わせて紹介します。

↑目次に戻る

『iPhone SE』のメリット(良い点)

『iPhone SE』の良い点(メリット)

『iPhone SE』のメリットは以下の通りです。

『iPhone SE』のメリット

  1. 本体の重さが軽い・サイズが小さい
  2. 他のiPhoneに比べて価格が安い
  3. ホームボタンがあるので指紋認証が利用可能
  4. iPhone 11シリーズとほぼ同クラスの高性能

本体の重さが軽い・サイズが小さい

第二世代の『iPhone SE』は『iPhone 8』と同じサイズで、小型軽量に作られています。

現在発売されているiPhoneのメイン機種は『iPhone 11』シリーズで、かなり大きいサイズです。

手の小さな人や女性には使いにくさも指摘されています。

その点、『iPhone SE』は『iPhone 11』シリーズに比べてサイズが小さく軽い点がメリットです。

iPhone SE iPhone 11 iPhone 11 Pro
画面
サイズ
4.7インチ 6.1インチ 5.8インチ
サイズ
(mm)
高さ:138.4
幅:67.3
厚さ:7.3
高さ:150.9
幅:75.7
厚さ:8.3
高さ:144
幅:71.4
厚さ:8.1
重さ 148 g 194 g 188 g

第一世代の『iPhone SE』よりは大きくなってしまったのですが、それでも『iPhone 11』シリーズよりも小さくて軽いので、最近の大きなスマホに抵抗がある人にはお薦めです。

他のiPhoneに比べて価格が安い

『iPhone SE』は、現在の最新機種である『iPhone 11』シリーズに比べてかなり低価格なので価格的にもメリットがあります。

販売価格は49,280円(税込)〜です。

『iPhone 11』や『iPhone 11 Pro』と比較しました。

iPhone SE iPhone 11 iPhone 11 Pro
64GB 49,280 82,280 117,480
128GB 54,780 87,780 135,080
256GB 66,880 99,880 159,280

『iPhone 11』シリーズに比べてかなり低価格な設定になっています。

今までiPhoneが欲しくても高くて手が出せなかった人は購入を検討してみては如何でしょうか?

iPhone 11シリーズとほぼ同クラスの高性能

第二世代の『iPhone SE』に使用されているチップセットは、『iPhone 11』シリーズに使用されているチップセットと同じ「A13 Bionic」です。

ですので性能面では『iPhone 11』シリーズと比べて遜色ない性能になっています。

価格が安い上に性能も問題ないので、かなりコストパフォーマンスが良いモデルと言えます。

もちろん、背面カメラが1つだけとか、ディスプレイが有機ELではなかったりと、いくつかコストダウンされている部分もありますが、基本的にはほぼ同じ処理能力を備えています。

ホームボタンがあるので指紋認証が利用可能

個人的にはこれが一番のメリットです。

『iPhone SE』のディスプレイ下部にはホームボタンが備わっています。

iPhoneのホームボタン
iPhoneのホームボタン(画像は『iPhone 7 Plus』のもの)

ですので、指紋認証機能の「Touch ID」が利用できます。

iPhoneは『iPhone X』シリーズ以降、筐体の前面が全てディスプレイになってしまい、物理的なホームボタンがなくなってしまいました。

iPhone 11 正面画像
『iPhone 11』は全面ディスプレイなのでホームボタンがない

そのため、指紋認証機能「Touch ID」がなくなってしまい、顔認証の「Face ID」に変更になりました。

ユーザーの中には顔認証に不安を抱く人も多く、ホームボタンによる指紋認証の復活を希望する声が多くあります。

そういったユーザーには、ホームボタンがある『iPhone SE』がお薦めです。

新型コロナウイルスや花粉症などでマスクをしている場合は、顔認証の「Face ID」が使えない場合もあります。

その点、指紋認証機能の「Touch ID」なら、マスクをしていても指の指紋で認証できるので顔認証よりも便利です。

ホームボタンは、認証機能だけではなく、アプリを切り替える際にも利用できます。

個人的にはホームボタンの方がアプリの切替操作がしやすいし、iPhoneを見なくても親指でホームの位置がわかるので、操作しやすく感じています。

↑目次に戻る

『iPhone SE』のデメリット(悪い点)

『iPhone SE』のデメリット(悪い点)

では、続いて『iPhone SE』のデメリットについても説明します。

『iPhone SE』のデメリットは以下の通りです。

『iPhone SE』のデメリット

  1. 背面のカメラが1つだけ
  2. ディスプレイは小さいのでウェブや動画は見づらいかも
  3. ホームボタン付きのデザインはやや古さもある

それぞれについて詳しく説明します。

背面のカメラが1つだけ

『iPhone SE』には、背面のカメラと前面のカメラ(フロントカメラ)が付いていますが、それぞれ1つずつしかありません。

『iPhone 11』シリーズは、背面のカメラが2つ(『iPhone 11』)、ないしは3つ(『iPhone 11 Pro』)あり、超広角や望遠に対応しています。

『iPhone SE』の背面カメラは広角カメラですが、超広角や望遠カメラが付いていません。この点については『iPhone SE』は物足りない仕様になっています。

それでも『iPhone SE』のカメラでは、4Kビデオを撮影できますし、ポートレートモードも利用可能で被写界深度のコントロールなどが可能です。人物の写真を綺麗に撮影することが出来ます。

カメラは1つですが、普段使いなら充分なスペックのカメラだと思います。

ディスプレイは小さいのでウェブや動画は見づらいかも

コンパクトサイズですので、『iPhone 11』シリーズのような大きな機種と比べると、ウェブサイトを見る際や、動画を見る際に画面が小さいことがストレスになるかもしれません。

携帯性を取るか視認性を取るかの判断になりますが、携帯性を重視するなら『iPhone SE』がお薦めです。

ホームボタン付きのデザインはやや古さもある

メリットの多いホームボタンですが、デザイン面では少し古さを感じるかもしれません。

最近のスマートフォンのデザインは、前面が全てディスプレイになっているので未来的で格好良く見えます。

その点においては『iPhone SE』は少し古さを感じます。

デザインよりも使いやすさを重要視するなら『iPhone SE』がお薦めです。

また、全面ディスプレイのiPhoneは認証方式が顔認証になってしまいますので、顔認証に抵抗がある方は指紋認証が利用できる『iPhone SE』が良いでしょう。

というわけで、『iPhone SE』のメリットとデメリットでした。

『iPhone SE』の購入は、各携帯会社のオンラインショップが便利です。

携帯会社のオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

↑目次に戻る

『iPhone SE』の発売日や予約方法、価格一覧

『iPhone SE』発売日や予約方法

2020/4/21 更新

携帯会社の価格が出そろいました。

『iPhone SE』の発売日や予約方法です。

『iPhone SE』の発売日と予約開始日

  • 発売日:2020年4月24日(金)(AppleStore)
  • 予約開始:2020年4月17日(金)(AppleStore)

AppleStoreでの販売価格は下記の通りです。税込み価格です。

Apple Store
64GB 49,280
128GB 54,780
256GB 66,880

Apple 公式サイト
iPhone SE

AppleStoreでは予約開始が4月17日ですが、各携帯会社のオンラインショップでは、次で紹介しているように予約日が少し遅くなります。

各携帯会社の予約開始日

各携帯会社では、各社とも4月20日(月)10:00から予約を受け付けます。

発売日は5月11日に延期されました。予約開始日は下記の通りです。

各携帯会社の予約開始日

  • ソフトバンク:2020年4月20日(月)10:00
  • NTTドコモ:2020年4月20日(月)10:00
  • au:2020年4月20日(月)10:00

各携帯会社の『iPhone SE』価格一覧

大手携帯3社の『iPhone SE』販売価格が出そろいました。

下記の通りになっています。税込み価格です。

ソフトバンク NTTドコモ au
64GB 57,600 57,024 55,270
128GB 64,080 62,568 61,250
256GB 78,480 75,240 75,215

各携帯会社の購入サポートプラン適用後の価格

各社とも、下記の購入サポートプランが利用できるようです。

各携帯会社の購入サポートプラン

  • ソフトバンク:とくするサポート+(実質2万8800円から)
  • NTTドコモ:スマホおかえしプログラム(実質3万8016円から)
  • au:かえトクプログラム(実質2万8750円から)

購入サポートプラン適用後の価格です。税込み価格です。


ソフトバンク NTTドコモ au
64GB 28,800 38,016 28,750
128GB 32,040 41,712 31,970
256GB 39,240 50,160 39,215

各社ともオンラインショップで予約を受け付けます。

携帯会社のオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

家電量販店

ビックカメラやヨドバシカメラでは、発売日を4月24日としています。

どちらも、SIMフリー版を発売する予定で、公式オンラインショップで予約可能です。

ただし、受け取りは一部店頭のみとなっています。

ビックカメラ
iPhone SEページ

ヨドバシカメラ
『iPhone SE』検索結果

↑目次に戻る

まとめ

以上、第二世代『iPhone SE』のメリットとデメリットを紹介しました。

リーズナブルでコストパフォーマンスが良いので、これからiPhoneを買いたい人にとっては良い選択肢だと思います。

また、機種変更を考えていた人で大きなスマートフォンに使いにくさを感じていた人にもお薦めです。

『iPhone SE』の購入は、各携帯会社のオンラインショップが便利です。街の店舗と違って余計なオプション契約などが不要になります。
↓↓↓
携帯会社のオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

『iPhone SE』の詳細については公式サイトをどうぞ

Apple 公式サイト
iPhone SE