読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

混雑注意!六本木で開催の「ティム・バートンの世界」に行ってきた!展示はすごく良い!

ドラマ・映画

六本木ヒルズの「森アーツセンターギャラリー」で開催されている展覧会「ティム・バートンの世界」に行ってきました。

古くからのティム・バートンマニアのよしぞうは大興奮!ファンなら絶対行った方がいいですよ! 見たことのないイラストや作品が満載です。

しかし、平日の昼なのにものすごく混雑していました。行かれる方は覚悟してください。

内容も盛りだくさんなので全部の展示をゆっくり見ると4時間かかります。

「ティム・バートンの世界」タイトル画像

ティム・バートンファンの皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

ようやく、六本木ヒルズで開催されている「ティム・バートンの世界」に行ってきました。

いやあ、よかった!これはファンなら見る価値あります。東京の開催期間は1月4日までですので急いでどうぞ。2月からは大阪で開催されます。

チケットぴあ
ティム・バートンの世界 | チケット予約・購入

楽天チケット
ティム・バートンの世界 | チケット予約・購入

目次

平日の昼なのにすごい混雑しています

よしぞうが行った日は、先週の火曜日の昼間、ちょうど関東地方が大雨に見舞われた日でした。にもかかわらず、館内は混んでいました。

日曜に行った友人は、チケット売り場で1時間近く並ぶ必要があったそうです。幸いよしぞうが行った日はすぐにチケットを買えましたが休日に行く予定の人は前売り券を買っておいたほうがいいでしょう。友人は前売り券を持っていたので並ばずに済んだらしいです。

一応、まだチケットぴあ楽天チケット等でも売っているようなので、購入してから出かけることをお勧めします。

さて、エレベーターで「森アーツセンターギャラリー」まで上がると、入り口には大きなバルーンボーイが!これマジでかいです(笑)。

六本木ヒルズ「ティム・バートンの世界」入り口の巨大バルーンボーイ

その脇を通って、いざ入り口へ。入り口もティム・バートンらしい歪んだ世界が広がっています。テンションあがるう!

六本木ヒルズ「ティム・バートンの世界」ギャラリー入り口

↑目次に戻る

全部をちゃんと見ようとすると4時間は必要

会場入り口には、ギャラリー内の案内図がありました。全部で3つのギャラリーに分かれているようです。

六本木ヒルズ「ティム・バートンの世界」会場案内図

入り口から入ってすぐのコーナーがとても混んでいます。「アラウンド・ザ・ワールド」、「ホリデー」、「カーニヴァレスク」、「実現しなかったプロジェクト」のあたりはなかなか人が進みません。

六本木ヒルズ「ティム・バートンの世界」最初のフロアがとても混雑しています

この辺は、ナプキンに描かれたスケッチや小さい絵が多く、それらが数多く展示されているので、1つ1つじっくり見る人も多いのでしょう。

このコーナーを抜けて「ヘンゼルとグレーテル」の映像コーナーへ行くまで1時間以上かかりました。

おそらく映像を含め全部の展示をちゃんと見ようとすると4時間は必要です。

よしぞうは「ステイン・ボーイ」や「ヴィンセント」の映像は昔見たのでスルーしたのですが、それでも3時間半はかかりました。

いやあ、疲れた疲れた。30分位ある映像も全部立ち見なのですよ。椅子がありません。

よしぞう世代の人は、腰に気をつけて(笑)。

↑目次に戻る

知らない絵もたくさん!展示内容はすごくよかった!

ギャラリー内は撮影禁止でしたのでご紹介できないのですが、展示内容はとてもよかったです。やっぱり生で見る絵は迫力がありますね。

長年、ティム・バートンファンをやっているよしぞうなので、多くのティムのイラストは見てきましたが、それでも知らない絵が多数ありました。

ティムが高校生の頃に書いたゴミのキャンペーンイラストや、初期の頃のイラスト、ディズニー時代に書いたディズニーアニメの原画、レストランやホテルのナプキンに描いた簡単なイラスト、映画撮影後にスタッフに配布される記念本など、どれも興味深いものばかりです。

普段歪んだ絵ばかりを見ているので「ちゃんとした絵を描けるのかこの人?」と思うこともありますが、やっぱり上手い(笑)。

普段のティムとは違う一面を見ることができて、大変興味深かったです。

それから、映画のキャラクターの人形や、実際に映画で使用されたプロップも展示されています。「フランケンウィニー(2012年の方) 」のプロップがとても良かったですよ。あれ欲しい。。。。

展示会場を抜けると、展望台の中にティム・バートンのクリスマスツリーが展示されていました。

六本木ヒルズ「ティム・バートンの世界」クリスマスツリー

真ん中のかまくらには、ティム・バートンらしいトナカイ(?)が乗っかっています。

六本木ヒルズ「ティム・バートンの世界」クリスマスツリーのトナカイ

両脇には渦巻きのプレゼントボックスにバルーンボーイ。

六本木ヒルズ「ティム・バートンの世界」クリスマスツリー横のプレゼント

「SEKAI NO OWARI」とのコラボレーションらしいです。

六本木ヒルズ「ティム・バートンの世界」クリスマスツリーの解説

↑目次に戻る

まとめ:ティムファンなら時間を確保して絶対に行くべし!

またもう1回行きたいくらいよかったです。まだ見に行っていないティムファンの人は、時間を確保して見に行くことをお勧めします。レアな作品が満載ですよ。

2月からは大阪でも開催されるそうなので、西日本の人は足を運んでみてはいかがでしょうか?

東京での開催は1月4日までです。もう間もなく終了です。

チケットぴあ
ティム・バートンの世界 | チケット予約・購入

というわけで、まとめです。

  • レア作品満載!ティムファンなら絶対行くべし
  • 可能なら前売りを買ってから行くべし!
  • 最低でも4時間は時間を確保しよう。映像はすべて立ち見なので根性が必要