おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

サカイ引越センターを使ってみた感想:価格も安いし接客も問題なかった

「サカイ引越センター」の「せつやくコース」を単身世帯で使ってみた感想レビューです。

見積もりから引越当日までをレポートします。

サカイ引越センターを使ってみた感想:価格も安いし接客も問題ない

こんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

今住んでいるマンションに引っ越した際、サカイ引越センターを使用しました。

その時の見積もり金額や、サカイ引越センターのサービス内容、引越当日の様子などをレポートします。

「サカイ引越センター」の見積りは下記の公式サイトからをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
サカイ引越センター

目次:サカイ引越センターを使ってみた感想 価格も安いし接客も問題なかった

結論:価格が安くてダンボールも大量に貰えるので良かった

サカイ引越センター 結論

安い価格を最初から提示してくれたので他社と比較しやすかったです。ダンボールも大量に貰えます。

接客も普通で問題なく、特に不快に思うことはありません。作業するお兄さんも良い感じでした。

他社の見積もりでは「もっと安くできますから他社の価格が出そろったら電話ください」と言い残すだけで、その場で可能な限りの最安値を提示してくれませんでした。

なので、すぐに最安値を提示してくれたサカイ引越センターは、その場で決定しやすい感じがしました。

「サカイ引越センター」の見積りは下記の公式サイトからをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
サカイ引越センター

それでは、「サカイ引越センター」の良い点と悪い点を合わせてご紹介します。

「サカイ引越センター」の良かった点(メリット)

「サカイ引越センター」の良かった点は以下の通りです。

  1. 価格が安かった
  2. ダンボールをたくさん貰えた
  3. 安心保証パックで家具の組み立てを頼めた
良かった点1:価格が安かった

見積もり価格
サカイ引越センター 見積もり価格

見積もりに来た営業マンの方が、可能な限りの最安値を提示してくれました。

なので、価格が分かりやすかったです。

他社は「他の会社の見積もりがでたら改めて価格を提示する」というスタンスだったので、面倒くさいなと思いました。

そういう手間をかけさせる会社は契約取れないと思う(笑)。

良かった点2:ダンボールをたくさん貰えた

沢山貰えたダンボール
ダンボールを沢山貰えた

ダンボールを大量に貰えました。今回は大サイズ10箱と小サイズ20箱だったと記憶しています。

1人暮らしなので充分な量でした。

靴やハンガーにぶら下がったコートなどは、専用の移動ケースに入れますので梱包は必要ありませんでした。

タンスの中の洋服も、引き出しに入れたままで大丈夫でした。

なので貰ったダンボールで充分に足りました。

良かった点3:安心保証パックで家具の組み立てを頼めた

安心保証パック
オプションサービスの「安心保証パック」

1000円追加で「安心保証パック」を追加できます。

引越当日、10分間だけ別の仕事をお願いできる上、引っ越し後6ヶ月以内であれば、家具の移動作業をしてくれます。

メインで使っているパソコンデスクの組み立てが一人では難しかったので、組み立ての手伝いをお願いしました。

1000円で時間と労力を節約できるので良かったです。

↑目次に戻る

「サカイ引越センター」の悪かった点(デメリット)

「サカイ引越センター」の悪かった点は以下の通りです。

  1. 使用済みの雑巾を置き忘れていった
  2. 家具の配置表を作ったがきちんと見てなかった
悪かった点1:使用済みの雑巾を置き忘れていった

家具のホコリを拭いた汚れた雑巾を1つだけ我が家に置き忘れていきました。

こういううっかりミスを見ると「うちの荷物もうっかり忘れているんじゃないだろうか?」と不安になります。

悪かった点2:家具の配置表を作ったがきちんと見てなかった

家具の配置図

家具の置き場をいちいち説明するのが面倒だったので、移動前に家具のレイアウトを記した配置図を作って渡しました。

しかし、ほとんど見てくれず「これは何処に?」という会話をするはめに。

まあ、その方が早いのですけど、だいたいの配置は頭に入れて欲しかったな。

選択肢として問題ない

というわけで、「サカイ引越センター」の良かった点と悪かった点でした。

悪かった点にあげた部分は作業員個別の問題ですので、サービス全体としては問題ありませんでした。

接客も悪くないし、新居には新しい靴下で上がってくれるし、価格も安くて良かったです。

少なくとも「サカイにして失敗した」という事は感じなかったので選択肢として問題ないと思います。

「サカイ引越センター」の見積もり申込みについては下記公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
サカイ引越センター

続いて、サカイ引越センターに引越作業を頼んだ様子をレポートします。

↑目次に戻る

サカイを利用したレポート

それでは、実際にサカイ引越センターに引越作業をお願いした詳細なレビュー、感想などをお届けします。

見積もり:3割くらい割引してくれた

引越の2週間くらい前に見積もりに来てもらいました。

スーツを着た営業マンが訪問します。

荷物の種類や量を見て金額をはじき出します。コースは「せつやくコース」を選びました。

「せつやくコース」は、大型家具以外の荷物は荷造りと荷ほどきを自分で行うコースです。忙しい人には向かないですが、料金が安いのでお薦めです。

せつやくコース

大型家具はサカイ引越センターが梱包。食器などの小物類は自分で梱包・開梱する。料金を節約するコース

サカイ引越センター 公式サイト
せつやくコース

金額は下記の通り、71,280円。普段はPCで見積もりを入力するそうですが、この日はPCが不具合で使えず手書きだそうです。

サカイ引越センターの見積もり表
サカイ引越センターの見積もり金額。税込みで71,280円

実際の価格は10万800円でしたが、「何社か見積もりをお願いしている」と伝えたら割引してくれました。

自分で運ぶ荷物や「ここはこうして欲しい」という希望を出せば、見積もり表の右備考欄に記入してくれます。

パソコンはハードディスクが不安でしたので自分で運びました。

トラックは1台で2往復。作業員は2人

荷物がトラック1台に収まらない量でしたので、1台で2往復することになりました。家の前の道幅が狭く大きなトラック入れないためです。

引越先が歩いて10分くらいの所なので往復でも問題ありませんでしたが、遠い場合は2台になると思われます。

作業員の人件費は2人分で計算されています。

トラックのサイズは家の前の道幅が影響する

引越しの料金を決める大きな要因は、トラックの大きさや作業員の人数です。見積書の「車両」と「人件費」の部分です。

荷物が多ければトラックが大きくなったり、2台使ったりするので料金が高くなります。作業員が増えればさらに高くなります。

今回は区内の移動でしたが、移動距離が遠い場合も価格が高くなるでしょう。

トラックは軽四の次に大きい「Hタイプ」になりました。

サカイ引越センター 引越トラックの種類
トラックの大きさで価格も変わってくる。今回はHタイプだった

Hタイプ1回では収まらなかったので往復してもらうことになりましたが、2台使うよりは安いはずです。

また、家の前の道路の道幅によっても使用できるトラックが制限されます。狭い道には大型トラックが止められません。

道幅とトラックの大きさの関係
家の前の道の広さによって使用できるトラックが変わる

うちの前も狭いので大きなトラックが使えず、小さいトラックで往復することになりました。

ダンボールは最高で50箱貰える。今回は大小合わせて30箱

ダンボールは大小の2サイズがあり、最高で50箱まで貰えます。よしぞうは大サイズ10箱、小サイズ20箱貰いました。

無料で貰えるダンボールは最高で50箱
最高で50箱まで無料で貰える。大小2種類のサイズがある

今回運んだ荷物一覧

参考までに、実際に運んで貰った荷物の一覧です。

よしぞう家の荷物一覧

  • 洋服ダンス
  • 本棚
  • 小型キャビネット2台
  • 電子ピアノ
  • スチール棚
  • カラーボックス
  • ガラス製キャビネット
  • ガラス製パソコンデスク2台
  • 椅子
  • 姿見
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • CDラック
  • DVDプレーヤー2台
  • パソコンモニター
  • プラスチックケース30個
  • ダンボール30個

うちは1人暮らしですが、アクションフィギュアやレコードのコレクションがあるので、棚やキャビネットなどが普通の人よりも多めです。

通常の1人暮らしならもっと安くなったでしょう。

なお、下記の物は自分で運ぶよう公式サイトに記述がありました。

自分で運ぶべき荷物

現金、有価証券、通帳、印鑑、貴金属類、高価品(毛皮、高級バッグ等)、骨董品・美術品、精密機器、シャンデリア、動植物、土砂、特殊機械品、危険物(灯油、ガソリン等)等

サカイ引越センター 公式サイト
せつやくコース

サカイ引越センター 引越しコース一覧

「サカイ引越センター」にはその他、以下のような引越しコースがあります。

サカイ引越センター 引越しコース一覧

  • らくらくコースプレミアム
  • らくらくAコース
  • らくらくBコース
  • らくらくCコース
  • ご一緒便コース
  • 建て替えコース
  • 小口便引越サービス

サカイ引越センター 公式サイト
お引越しコースサービス比較

安く済ませたいなら「せつやくコース」「ご一緒便コース」「小口便引越サービス」あたりが良いでしょう。

見積もりの際にパンフレットを貰えます。いろいろサービス内容が出ていますのでよく読んでみましょう。

サカイ引越センターのパンフレット
見積もりの際に貰ったパンフレット

安心保証パックをお願いしてみた

1000円で安心保証パックを追加すると、引越後に10分間だけ別の仕事をお願いできます。また、引っ越し後半年以内なら家具のレイアウト変更もお願いできます。

安心保証パック
1000円で安心保証パックを追加できる

10分サービスでは下記のような作業をお願いできます。

安心保証パックで頼める作業
10分で終わる作業であれば色々な仕事を頼める

よしぞうはパソコンデスクの組み立ての手伝いをして貰いました。2つのデスクの両端を持って繋げる作業でしたので自分一人では無理、手伝ってもらって助かりました。

↑目次に戻る

引越前日までの準備:自分で梱包する物を全て梱包する

見積もりに納得したら契約します。

その後、ダンボールを持ってきてくれます。紙製の緩衝材も貰えます。

サカイ引越センターがくれた梱包道具一式
ダンボールや緩衝材を大量にくれた

30箱あるとかなりの量ですね。梱包するとパンダだらけになる(笑)。

サカイ引越センター ダンボール
梱包したダンボール

布団を包む袋も貰えます。

布団カバー
布団を入れる袋も貰えた

DVDプレーヤーやブルーレイレコーダーなどはむき出しにしておきましたが、当日、作業員の方がダンボールを器用に切って良い感じに包んでくれました。

その際のダンボール代金は請求されなかったので良かったです。

ハンガーに掛かった洋服や靴は梱包しなくて良い

靴やクローゼットのハンガーに掛かった洋服は、専用のケースに入れてくれます。ハンガーケースとシューズボックスが無料で利用できます。

ハンガーケースとシューズボックス
コートやスーツは専用のハンガーケースがある。シューズBOXもある

なので、自分で梱包しなくて大丈夫でしょう。心配なら見積もりの際に確認しましょう。

冷蔵庫の中身をなるべく使い切る。

引越当日までに冷蔵庫の中身をなるべく使い切りましょう。

最低限のものだけが残るようにします。残った物は当日にクーラーボックス(自分で用意する)に入れて移動します。

冷蔵庫のメーカーによっては、電源を抜いてすぐに移動させたり、動かしてからすぐに電源を入れたりしてはいけない場合もあります。

ご自身が使っている冷蔵庫のメーカーに引越の際の注意点を確認しておきましょう。

↑目次に戻る

引越当日:だいたい2時間前後で終わった

引越当日はトラックが来るまで待ちます。

その間に、冷蔵庫にある物をクーラーボックスに入れます。長持ちするように冷凍した保冷剤も2つ一緒に入れておきました。

冷蔵庫の中身をクーラーボックスに入れた様子
冷蔵庫の中身をクーラーボックスに入れた様子

購入したクーラーボックスは下記の「サーモス ソフトクーラー」です。

保冷剤はこちらを購入しました。

引越前日の夜にクーラーボックスに入れておきました。

当日の午前中くらいまでなら、なんとなく冷たかったです。

トラックが来たら大型家具の梱包と移動が始まります。家具は傷が付かないように保護してくれます。

クローゼットのハンガーに掛かった洋服は、専用のハンガーケースに入れてくれます。

ハンガーケースにコート類を入れた様子
ハンガーケースにコートや上着を入れた様子

あとは、作業員の仕事を見守るだけです。時々「これはどうしますか?」と訊かれることがあるので、なるべくその場を離れないようにしましょう。

途中から近所で作業が終わった作業員2人も参加(計4人)。あっという間に終わりました。

もちろん、その分の作業員の料金は要求されませんでした。良かった(笑)。

積み込みが終わったら、新居に移動します。

新居では作業員が荷物を入れてくれます。家具の置き場所を訊かれるので、その場で指示しましょう。

作業時間は全部で2時間前後です。もう少しかかったかも?

ダンボールの回収は有料で1回1,000円、しかも予約が必要

後日開封して荷ほどきしたダンボールは、有料ですがサカイ引越センターが回収してくれます。

しかし予約が必要で、日にちの指定はできますが、細かい時間の指定は出来ないそうです。

回収は引越作業中のスタッフが作業を終えてから引き取りに来るようなので、回収できる時間はその日の作業次第ということなのでしょう。

しかも引越ピーク時期は回収の予約が出来ない場合もあります。

自治体の資源ゴミ回収に出した方が早いかもしれません。

引越が終わると後日アンケートが届く

引っ越ししてしばらくすると、サカイ引越センターからアンケートハガキが届きます。

サカイ引越センターから届くアンケートはがき
後日、サカイ引越センターからアンケートはがきが届く

パンダグッズが貰えるらしいのです(笑)、欲しい方は是非答えましょう。

↑目次に戻る

アート引越センターにも見積もりを頼んだけど高かった

サカイ引越センターに見積もりをお願いする前に、アート引越センターにも見積もりをお願いしていました。

アート引越センター
アート引越センターのパンフレット

アート引越センターの見積もり価格は「119,558円」。サカイ引越センターの割引前の価格に近いですが、それでもサカイ引越センターの方が安いですね。

アート引越センターの見積もり表1
アート引越センターに頼んだ見積もり金額。10万円以上だった

運ぶ荷物のリストを明記してくれるのは良いですね。よく見ると人件費が3名になっていました。

あと、梱包材などもリストアップされています。残念ながら有料の物もありました。

アート引越センターの見積もり表2
アート引越センターに頼んだ見積もり

アート引越センターは「これ以上安くなりますが、他社さんの見積もりが出てから改めて連絡ください」というスタンスでした。

その場で安い価格を出してくれれば契約したくなりますが、わざわざ電話して競わせるのも面倒くさいので、電話しませんでした。

ひょっとしたら、アート引越センターの方が安い価格を提示してくれたかもしれません。

でも、その後、さらにサカイ引越センターが安くするかもしれません。

何度も電話するのはイヤなので、すぐにサカイ引越センターに決めました。

すぐに価格を提示するって大事だと思うぞ。

↑目次に戻る

まとめ

以上、「サカイ引越センター」の使用レビューでした。

「せつやくコース」は自分で行う作業もありますが、名前通りに価格を節約できます。

引越料金を節約したい人は、選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか?

最近は物流業者の人手不足の影響で、引越ピーク時(3月、9月など)は大変混雑しているので、早めに見積もりを出した方が良いようです。

出遅れると新生活の始まりに間に合わないということにもなりかねません。

「サカイ引越センター」の見積もり申込みについては下記公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
サカイ引越センター