読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

珈琲豆を挽いた!BRUNO コンパクトガラスブレンダ―用ミルセット 口コミ感想

グルメ 通販 BRUNO コーヒー

可愛いデザインのお洒落家電「BRUNO コンパクトガラスブレンダ―」を使ってみました。

使用してみた感想と口コミレビューをアップします。今回は別売りのミルセットを使ってコーヒー豆を挽き、挽きたてコーヒーを飲んでみました。いい香り〜。

「BRUNO コンパクトガラスブレンダ―」は色も綺麗なのでオシャレ家電好きにお勧めのブレンダーです。

BRUNO コンパクトガラスブレンダ―とミルセットのタイトル画像

オシャレ家電好きの皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

以前レビューした炭酸マシーンの「ソーダスパークル」A4サイズの「BRUNO コンパクトホットプレート」に続き、イデアインターナショナルさんから「BRUNO コンパクトガラスブレンダ―」を提供いただきました。

ブルーノ コンパクトガラスブレンダー 赤色 本体画像

今回も力を込めてレビューしたいと思います。

「BRUNO コンパクトガラスブレンダ―」は、フルーツを使ったスムージーやジュースを作ることができます。

また、今回の記事のように別売りのミルセットを使えば、ドレッシングを作ったりコーヒー豆を挽いたりできます。

BRUNOさんの製品なので、やっぱりデザインが可愛くてオシャレ。キッチンが華やかになりますよ。

BRUNO コンパクトガラスブレンダ―の詳細は以下の公式サイトをご覧ください。
↓↓↓
イデアインターナショナル 公式通販サイト
BRUNO コンパクトガラスブレンダ―
コンパクトガラスブレンダー用ミルセット

BRUNO コンパクトガラスブレンダ―用ミルセット 口コミ感想 目次

結論:生活が豊かになる!そんな気分にさせるミルセット

ミルセットのミルカップとミルの刃

今回、「BRUNO コンパクトガラスブレンダ―」とミルセットを使ってみて思ったのは、

「今より豊かな生活になりそう」

ということ。

例えば、インスタントのコーヒーを買って飲むよりも、自分で挽いた豆でコーヒーを入れる方がはるかに美味しいし、心が安らぎます。

ドレッシングやスパイスも既製品をそのまま使うよりも、自分で好きな味のドレッシングを作ったほうが料理の幅も広がります。

今よりちょっと贅沢で豊かな毎日をおくれる。そんな気分になりました。

お客さんが来た時にもいいですね。目の前で豆を挽いてあげれば相手もテンションが上がるでしょうし、なんだかワクワクしますよね。

毎日を新鮮に楽しく過ごしたい方にはお薦めできるアイテムです。

↑目次に戻る

BRUNO コンパクトガラスブレンダ―用ミルセットのメリット(良かった点)

「BRUNO コンパクトガラスブレンダ―」用ミルセットのメリット(良かった点)は以下のとおりです。

  • コーヒー好きなら嬉しい、いつでも挽きたてのコーヒーが飲める!
  • パスタスパイスやドレッシングなども作れる
  • 水洗いできるので掃除も簡単
  • ミルカップがそのまま保存容器になる(長期保存は不可)

コーヒー好きなら嬉しい、いつでも挽きたてのコーヒーが飲める!

コーヒー豆の画像

コーヒーを飲む習慣のある方なら、毎日挽きたてコーヒーを飲めるは嬉しいポイントですね。

これは大きい。

パスタスパイスやドレッシングなども作れる

料理をする人なら、料理の幅が広がります。食材を粉砕しながら混ぜることもできるので、オリジナルのパスタスパイスやドレッシングを作ることができます。

こちらは付属していたパスタスパイスのレシピ。

ミルセットを使ったパスタスパイスのレシピ

こちらはドレッシングのレシピ。バジルやパプリカ、オリーブなどのドレッシングを作れます。

ミルセットを使ったドレッシングレシピ

水洗いできるので掃除も簡単

分解すれば簡単に水洗いできるので汚れてもストレスはありません。

ミルカップがそのまま保存容器になる(長期保存は不可)

ミルカップには蓋が付いているので、そのまま粉砕した食材を保存することができます。ただし長期保存には向きません。すぐに使い切りましょう。

↑目次に戻る

BRUNO コンパクトガラスブレンダ―用ミルセットのデメリット(悪かった点)

「BRUNO コンパクトガラスブレンダ―」用ミルセットのデメリット(悪かった点)は以下のとおりです。

  • 肉や魚、氷の粉砕、粘り気のあるものは使用不可
  • 製品保証が6ヶ月しかない
  • ブレンダー本体が必要、ミルセット単体では何もできない

肉や魚、氷の粉砕、粘り気のあるものは使用不可

ミルセットでは、肉、魚類、氷の粉砕、液体や水分を含むもの、粘り気の強いものを使用することはできません。

ミルセットで調理できない材料

氷や液体はブレンダー本体のガラスジャーを使って調理しましょう。また、耐熱ガラスではないので、冷たいものや熱いものも使用できません。

ミルセットの使用上の注意

ただ、ドレッシング用のレシピが付いていたので、多少の液体は大丈夫なようですね。先ほどのレシピでは、ワインビネガーが20cc、オリーブオイルが50cc使用されています。

製品保証が6ヶ月しかない

製品保証は6ヶ月しかありませんので、ご注意を。しかもミルカップと蓋は保証対象外。ミルカッターとパッキンのみ(なのかな)。

ブレンダー本体が必要、ミルセット単体では何もできない

当然ながら「BRUNO コンパクトガラスブレンダ―」本体がないと使用できないので、本体が必要です。まあ、ミルセットを買う人は基本的に本体を持っている人でしょうから、その点は特に問題もないと思います。

↑目次に戻る

ミルセットに入っているもの

「BRUNO コンパクトガラスブレンダ―」用のミルセットのパッケージです。きちんとデザインされたお洒落なパッケージ。

ブルーノ コンパクトガラスブレンダ― ミルセット外箱

中を開けてみました。同梱物の一覧です。

ブルーノ コンパクトガラスブレンダー用のミルセット、同梱物一式

ミルセットに入っているものは以下の通りです。

  • ミルカップ
  • ミルカップの蓋
  • ミルカップの蓋用パッキン(蓋に装着済み)
  • ミルカッター
  • ミルカッター用パッキン(ミルカッターに装着済み)
  • 各種説明書

以上です。

説明書にも書いてあります。ミルカッター用パッキンは装着されていることに気がつきにくいので、きちんと付いているかしっかりとチェックしてください。

ミルセットのセット内容説明書

使用するのはこの3点。蓋の裏には蓋用のパッキンが付いています。

ミルセットを構成する部品 ミルカップ、ミル、蓋、ゴムパッキン

ミルカップはガラス製。しっかりとズッシリ感があります。手に持った大きさはこのくらい。

ミルセットのミルカップを手に持った大きさ

ミルカッターです。これで粉砕します。

ミルセットのミルの刃部分

蓋の裏にはゴムパッチンが付いています。

ミルセットの蓋にはゴムパッキンが付いている

簡単に取れます。付ける際は出っ張りがある側を蓋側にして装着します。

蓋のゴムパッキンには裏表がある。出っ張りがある方を蓋の凹みに合わせる

ミルセットを使う際の注意点です。1回の連続運転時間は30秒以内ですので、回しすぎないようにしましょう。

ミルセット使用上の注意

↑目次に戻る

ミルセットの組み立て方法

では、ミルセットを組み立てます。組み立てたミルセットは「BRUNO コンパクトガラスブレンダ―」の本体に装着します。本体のガラスジャー部分を取り外しておきましょう。

コンパクトガラスブレンダーの本体下部分にミルセットを取り付ける

本体に装着する際には、本体に付属していたジャーホルダーを使用します。

ブレンダー本体についているジャーホルダーの大きさ

ジャーホルダーの中に、ミルカッターを入れます。

ジャーホルダーとミルセットの刃

入れる際には、ミルカッターの出っ張りと、ジャーホルダーの凹みを合わせます。カチッとなるまでしっかり押して入れましょう。

ジャーホルダーにミルの刃を取り付ける方法 カチッとなるまでしっかり

装着するとこうなります。

ジャーホルダーにミルの刃を取り付けた状態

装着したミルカッターをミルカップに取り付けます。

ミルカップにジャーホルダーを取り付けた大きさ

この状態が完成です。これを本体に取り付けます。

ミルカップにブレンダーのジャーホルダーを取り付けた

ここで注意、具材を入れる必要があるのでこのまま取り付けないようにしてください。具材は本体に取り付ける前に入れる必要があります。

便宜上、組み立て方法を説明するために、とりあえず具材を入れずに組み立てました。

入れる具材の量ですが、限界値が説明書に出ています。ミルカップにMAX目盛りが付いていて、それを超えて具材を入れてはいけません。

コーヒー豆だと30gが最大容量です。

ミルセットで調理できる最大容量

↑目次に戻る

ミルセットでコーヒー豆を挽く方法

では、早速ミルセットでコーヒー豆を挽いて、挽きたてのコーヒーを飲みましょう!うひょ〜楽しみ!

今回使用したのはこちらの一式。

  • ドリッパー、ペーパーフィルター、サーバー:メリタ
  • 豆:小川珈琲店プレミアムブレンド

今回使用したコーヒードリップ一式。メリタ式と小川珈琲店のプレミアムブレンド

上の画像ではドリッパーとペーパーフィルターのサイズを間違えています。ご注意ください(笑)。

サイズが違うとペーパーがドリッパーからハミ出たりします。「2-4杯用」なら「2-4杯用」で合わせて購入してください。

まずは豆をミルカップに入れます。

ミルカップにコーヒー豆を入れた

そして、ジャーホルダーに取り付けたミルカッターをミルカップに取り付けます。

コーヒー豆を入れてミルカップを閉じた

いよいよ、ミルカップを本体に取り付けます。取り付ける際には、ジャーホルダーの三角マークと本体のロック解除マーク(鍵が外れているアイコン)を合わせてはめ込みます。はめ込んだらロック方向へ回して固定します。

ミルカップをブレンダー本体に取り付ける場合はマークを合わせること

ロック方向へ回して固定しないとミルカップがグラグラしてしまうので大変危険です。必ずロックしてください。

これが完成系。あとはスイッチを入れて粉砕するだけ!!ドキドキするね。

ブレンダーにミルカップを取り付けた状態

というわけで、「HI」で10秒間くらい粉砕してみました。油分を含むナッツ類の場合は「PULSE」でも良いそうです。コーヒー豆も「PULSE」でいいのかも?

コーヒー豆を10秒間くらい挽いてみた豆の状態

結構細かくなっていますね。コーヒーを飲むのが楽しみ。

挽いた豆を確認するためミルカップを開けてみた

使用したあとのミルカッターはこれくらい汚れます。ジャーホルダーとバラして洗えますので簡単に綺麗になりますよ。

使用した後のミルはコーヒーの粉で汚れる

もちろん、本体の中は全く汚れませんのでご安心を。こちらは洗う必要がありません。

ブランダー本体は汚れないので安心 洗う必要がない

というわけで、コーヒーを淹れて飲んでみました。

コーヒーを淹れていただきました

やっぱり、豆を挽いてすぐ淹れると、香りが全然違いますね〜、いい香りだ〜。美味しい。

挽いた粉にお湯を注いだ際に膨らむ泡立ちも違う気がしますね。粉を買った時よりも「コーヒードーム」が大きく膨らみます。

↑目次に戻る

まとめ:挽きたての豆で淹れるコーヒーは香りが違って格別だった!

今まで自宅で豆を挽いてコーヒーを飲むことはなかったのですが、これから癖になりそうです。

やっぱり香りが良いし、お湯を注ぐ際に粉が膨らんで泡立つのも嬉しい。今までは粉を買っていたのですが、コーヒーのマニュアル本に出ているような「コーヒードーム」を体験できなかったんですよね。

「BRUNOコンパクトガラスブレンダ―」と「ミルセット」があると、コーヒーライフが楽しくなりそうです。

もし、コーヒー豆用のミルを探している方がいるなら「BRUNO コンパクトガラスブレンダ―」とミルセットを購入してみてはいかがでしょうか? ワンランク上のコーヒーライフを楽しめますよ。

BRUNOコンパクトガラスブレンダ―とミルセットの購入は公式サイトをどうぞ
↓↓↓
イデアインターナショナル 公式通販サイト
BRUNO コンパクトガラスブレンダ―
コンパクトガラスブレンダー用ミルセット

アマゾンや楽天でも販売されていますので、そちらでも購入できます。

というわけで、まとめです

  • 「BRUNO コンパクトガラスブレンダ―」用ミルセットはコーヒー豆を挽ける
  • ミルセットは基本的に水分のない材料を粉砕するためのもの
  • 氷の粉砕はできない
  • 調理の幅が広がるので、生活が豊かになる
  • お客さんをもてなす場合にも使える