読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

まとめ:羽生結弦選手の愛用イヤホン&オーディオプレーヤーの買えるお店

フィギュアスケートの羽生結弦選手の愛用するイヤホン(ヘッドホン)をまとめてみました。

羽生選手は50個以上も所有しているほどのイヤホンマニア!同じモデルを購入するのがファンとして正しい姿勢です。でも高いよ〜。

Ultimate Ears 画像
※画像はe☆イヤホン公式サイトより

皆さんこんにちは、自分だけの世界に入り込むためにイヤホンを愛用しているよしぞう(@otonahack)です。

フィギュアスケートの羽生結弦選手、ものすごいイヤホンマニアだそうです。その金額に驚きました。若いのにお金持ちだなあ。。。

今回は、そんな羽生選手が愛用しているイヤホン、ヘッドフォン、オーディオプレーヤーなどをまとめてみました。そう簡単に買える値段ではないものが多いのですが、ファンならお揃いで持っていたいところ。頑張ってバイトしましょう(笑)。

羽生選手が愛用しているネックレスについては別記事「羽生結弦選手愛用のファイテンのネックレス「RAKUWA」とソックスはここで買えるよ!」にアップしてありますので、よろしければご覧ください。

羽生結弦選手が愛用しているイヤホン 目次

カスタムIEM「FitEar MH335DW」合計22万円!

2014年末の時点で一番愛用していると思われるのが、カスタムIEM(インイヤーモニター)です。

IEMとは、自分の耳の型を取り、耳に合わせたイヤホンをオーダーメイドしたものです。

「FitEar」もその一つ。羽生選手は「FitEar MH335DW」を購入。本体価格がおよそ18万円で、そのほか、SR化(Studio Referenceアップグレード)等のカスタマイズ料金がおよそ4万円、合計22万円のお値段。

一部報道で耳の型を取るのが4万円とありますが、耳の型を取る(インプレッション)料金は5,400円(税込)程度のようです。

この特注イヤホンには、羽のマークに結弦のイニシャル「Y」が入っています。

東京・秋葉原にあるイヤホン専門店「e☆イヤホン」で注文したそうです。お店のブログに羽生選手が登場しています

購入はこちらからどうぞ。

羽生選手のモデルには、サインも入っているようですね。かっこいいな。作っている人のTwitterです。

参考記事 BARKS
【BARKS編集部レビュー】圧倒的な信頼性を放つカスタムIEM、FitEar MH335DW

↑目次に戻る

カスタムIEM「Ultimate Ears」

こちらもカスタムIEMのメーカー「Ultimate Ears」です。ミュージシャンの愛用者が多く、すべてのカスタムIEMは手作りで細かく調整され、音の遮断性がとても優れています。

Ultimate Ears 画像
※画像はe☆イヤホン公式サイトより

デイリーモーションのこちらの動画を見る限りでは、「UE18Pro」「UE Referece Monitor」あたりを購入したと思われます。

なんと、先ほどのイヤホン専門店「e☆イヤホン」に訪れた際「FitEar」を合わせて一度に3本も買ったそうですよ。総額50万円近くをお買い上げです。

「Ultimate Ears」は、イヤホン専門店「e☆イヤホン」で購入可能です。
↓↓↓
ULTIMATE EARS カスタムIEM

↑目次に戻る

グッドデザイン賞「JayBird BlueBuds X Bluetooth」

「JayBird BlueBuds X Bluetooth」は、2014年度グッドデザイン賞を受賞している製品です。羽生さん、目の付け所がさすがです。

羽生選手はカスタム仕様のモデルを愛用しているようですね。

耳にフィットするため、簡単には取れない仕様になっています。さすがスポーツマンが選ぶヘッドフォンですね。お値段は先ほどの「FitEar MH335DW」に比べるとかなりリーズナブルな価格です。それでも高いですけどね(笑)。

カスタマイズ仕様でないモデルは、先ほどのイヤホン専門店「e☆イヤホン」でも購入可能です。一般人もカスタムを受け付けているかは不明です。
↓↓↓
JayBird BlueBuds X

通常発売されている製品なら、楽天やアマゾン等でも購入可能です。

↑目次に戻る

ドイツの有名メーカー「SENNHEISER IE80」

ドイツのオーディオメーカー「ゼンハイザー」の「SENNHEISER IE80」です。

ビジュアルグランプリ2013 「部門金賞」を受賞しているオシャレなイヤホンです。

音質調整機能を搭載しているため、好みや音楽的趣向に合わせて、低音の量感をコントロールすることができます。

一般発売されている製品ですので、楽天やアマゾン等で購入可能です。

参考記事 Phile-web
普遍的な魅力がさらに研ぎ澄まされた - ゼンハイザーの最新イヤーモニター「IE 80」「IE 60」を聴く

↑目次に戻る

シュア掛けの語源となったメーカーの「SHURE SE535LTD」

プロのレコーディング現場で使われているマイクで有名なメーカー「SHURE(シュア)」が発売しているイヤホン「SHURE SE535LTD」です。

高遮音性に優れた製品なので、羽生選手のように仕事で集中したいときにおすすめのイヤホンです。様々な用途に使える万能なモデルなので、高級イヤホンの中でも人気の高いモデルです。

先ほどのイヤホン専門店「e☆イヤホン」の楽天市場店で購入可能です。
↓↓↓
あのソチ五輪金メダリストも愛用のSE535LTD

そのほか、アマゾンなどでも購入可能です。

「シュア掛け」と言われるマニアによるイヤホン装着方法の語源となったメーカーです。もちろんマニアである羽生選手も「シュア掛け」しています。

公式に「シュア掛け」の正しい装着方法を解説するビデオが配信されています。

SEシリーズイヤホンの正しい装着方法 - YouTube

↑目次に戻る

ハイエンドマニア向けメーカー「final audio design heaven VI」

ファイナルオーディオデザイン」が発売している「final audio design heaven VI」です。

ボーカルの再生に適した機能を持ったイヤホンです。マイクのような形をしたデザインはシンプルで高級感がありますね。外装に金属を用いることで、金属特性を上手に使った特徴的な音を奏でます。金管楽器の響きなどが良いそうです。

先ほどのイヤホン専門店「e☆イヤホン」の楽天市場店で購入可能です。
↓↓↓
Final Audio Design heavenVI【送料無料】

そのほか、一般発売されている製品ですので、楽天やアマゾン等で購入可能です。

↑目次に戻る

臨場感のあるライブ音源向き「final audio design Piano Forte VIII」

こちらも同じく「ファイナルオーディオデザイン」が発売している「final audio design Piano Forte VIII」です。

ホーンスピーカーの理論をイヤホンに導入した製品で、臨場感のあるライブ音源に向いています。

イヤホンとは思えない形状ですね。ぶら下げておくとアクセサリーのように見えそうです。金色のカラーリングは高級感があります。

先ほどのイヤホン専門店「e☆イヤホン」の楽天市場店で購入可能です。
↓↓↓
final audio design Piano Forte VIII

そのほか、一般発売されている製品ですので、楽天やアマゾン等で購入可能です。

↑目次に戻る

iPhoneユーザーにも人気「audio-technica ATH-CKS90」

「オーディオテクニカ」が発売する「ATH-CKS90」です。

従来機よりも低音の再現性が高くなったモデルです。ジャンルを選ばずどんな音源でも気持ちよく聴くことができるオールマイティなイヤホン。

個人的には大きさとデザインが今ひとつかなあと思います。その点が気にならない方にはいいかも。

一般発売されている製品ですので、楽天やアマゾン等で購入可能です。

↑目次に戻る

ワイヤレスヘッドフォン「Victor HA-WD100」

ビクターが発売する「HA-WD100」です。こちらはイヤホンではなくヘッドフォンです。羽生選手が荒川静香さんの番組「荒川静香のフレンズプラス」に出演した際、愛用しているのが判明しました。

ワイヤレスヘッドフォンシステムなので、ケーブルがありません。ストレスなく音楽を聴くことができます。

ヘッドフォン本体と、置くだけで充電ができるスタンドのセットで販売されています。フル充電で約10時間の連続再生が可能です。

ワイヤレスヘッドフォンにしては音質も良いようで、ボーカルが綺麗に聞こえ低域のボリューム感もしっかりしているとのこと。

先ほどのイヤホン専門店「e☆イヤホン」の楽天市場店で購入可能です。
↓↓↓
HA-WD100

そのほか、一般発売されている製品ですので、楽天やアマゾン等で購入可能です。

イヤホンだけではなく、ヘッドフォンも持ち歩いているんですね。

↑目次に戻る

超高級プレーヤー「iriver AK120」「iriver AK120II」

ここからはイヤホンではなく、オーディオプレーヤーです。羽生選手はiPhoneやiPodではなく、iriver製のオーディオプレーヤーを愛用しています。渋いな。

今まで愛用していたのが「iriver AK120」、ですが「e☆イヤホン」に訪れた際に「iriver AK120IIに買い換えたい!」と言っているので、もうすでに買い換えているかもしれません。

こちらがその買い換えたいモデル「iriver AK120II」です。

ハイレゾ音源に対応したプレーヤーでWiFiも搭載しています。かなり音質が良くなっているようで、AK120に比べて音場の広がりが実感できるそうです。

参考記事 AV Watch
第2世代ハイレゾポータブル「AK100II」、「AK120II」を第1世代と比較

先ほどのイヤホン専門店「e☆イヤホン」の楽天市場店で購入可能です。
↓↓↓
AK120II

そのほか、一般発売されている製品ですので、楽天やアマゾン等で購入可能です。

お値段も金メダル級なプレーヤーですね。素人には手が出ない製品です。。。。

↑目次に戻る

まとめ:ヘッドフォンを変えるだけで音楽は変わる

イヤホンは結構重要です。高いイヤホンに変更するだけで日頃聴いている音楽が全然違う音楽に聞こえることもありますよ。

オーディオプレーヤーに付属しているイヤホンではなく、ちょっと頑張って高いイヤホンを購入してみてはいかがでしょうか?装着感が良いと毎日の行動もアクティブになるし、通勤通学が楽しくなりますよ。

ちなみに、よしぞうが使っているイヤホンは、BOSEの「QuietComfort20i」と「QuietComfort3」です。

羽生選手が使っているモデルに比べると、とても安く感じてしまいますね。。。。結構なお値段するんですけどねえ〜。。。

羽生選手が愛用しているネックレスについてもまとめましたので、よろしければご覧ください。
↓↓↓
羽生結弦選手愛用のファイテンのネックレス「RAKUWA」とソックスはここで買えるよ!