おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

感想 BOSE SoundSport wireless headphones 使用レビュー

ボーズの新しいスポーツ用ワイヤレスイヤホン「Bose SoundSport wireless headphones」を使用した口コミレビューです。

とにかく、そのコンパクトさに感激。持ち運びしやすいのでスポーツ以外でも便利に使えそう。

ワイヤレスだから余計なケーブルがなく、とても小さくなっています。

「Bose SoundSport wireless headphones」タイトル画像

皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

以前、体験会レポートをアップした「Bose SoundSport wireless headphones」。

この度、ボーズさんから製品をお借りすることができましたので、2週間ほど使用した感想をアップします。

ケーブルが短くて快適です。さすがワイヤレス。

装着にはコツがいるので、慣れるまですこし戸惑いました。

「Bose SoundSport wireless headphones」の詳細については公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
Bose SoundSport wireless headphones
ボーズ・オンラインストア

目次:Bose SoundSport wireless headphonesを使った感想

Bose SoundSport wireless headphones

結論:コンパクトさがすごく快適、他のインイヤーより少し重さがある

ワイヤレスなのでとてもコンパクトで扱いやすかったです。余計なケーブルがないのは快適ですね。

このコンパクトさだけで買ってもいいくらい。スポーツをする際にケーブルが気にならないのはとても良いと思います。

バッテリーがイヤホン部分に搭載されているので、バッテリーがブラブラ揺れる心配もありません。

ただ、BOSEが過去に発売したインイヤーヘッドホンと比べると、バッテリーの分だけイヤホン部分が重く感じました。

それでも、装着感は安定しています。外れてしまうことはありませんでした。

「Bose SoundSport wireless headphones」の詳細については公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
Bose SoundSport wireless headphones

それでは、「Bose SoundSport wireless headphones」の良い点と悪い点を合わせてご紹介します。

「SoundSport wireless headphones」の良かった点(メリット)

「SoundSport wireless headphones」の良かった点は以下の通りです。

  1. とにかくコンパクト!持ち運びに便利!
  2. 多少の汗や水滴なら問題ない
良かった点1:とにかくコンパクト!持ち運びに便利!

とにかく、この小ささがとても快適でした。手のひらに収まるコンパクトさ。余計なケーブルがないのが良い。

手のひらに収まる小ささ

スポーツをしながら音楽を聴くならワイヤレスが必須だと感じます。

装着した際の身軽感はハンパないほど快適!

良かった点2:多少の汗や水滴なら問題ない

スポーツする際に気になるのは、汗。この「Bose SoundSport wireless headphones」は防滴・防汗仕様になっているので、その点は安心です。

USB接続端子もゴム(?)のカバーでガードされています。

接続端子がしっかりガードされている

ただ、あくまでも防滴・防汗であって、防水ではないので注意が必要です。水でジャブジャブ洗ったりしないように。

↑目次に戻る

「SoundSport wireless headphones」の悪かった点(デメリット)

「SoundSport wireless headphones」の悪かった点は以下の通りです。

  1. 操作ボタンがすこし硬い
  2. 充電用USBケーブルが短い
悪かった点1:操作ボタンがすこし硬い

操作ボタンがすこし硬めに感じました。防滴ガードされているせいでしょうか?しっかり押す必要があります。イヤホン本体のパワーボタンも押しづらく感じました。

操作ボタン。しっかり押す必要がある

悪かった点2:充電用USBケーブルが短い

付属の充電用USBケーブルが短いので充電中のイヤホン置き場に困りました。

充電用USBケーブルが短い

もう少しケーブルが長いといいですね。

というわけで、「Bose SoundSport wireless headphones」の良かった点と悪かった点でした。

「Bose SoundSport wireless headphones」の詳細については公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
Bose SoundSport wireless headphones

↑目次に戻る

使用・開封レポート

それでは、開封レポ、使用したレビューと感想をお届けします。

開封:オシャレなパッケージに入っている

こちらが「Bose SoundSport wireless headphones」のパッケージです(※ 貸し出し用の製品なので本製品と違う部分があるかもしれません)。

Bose SoundSport wireless headphones 商品パッケージ画像

開くと下の画像のようになります。オシャレですね。

パッケージを開いたところ

「Bose SoundSport wireless headphones」は台座に固定されて収納されています。

パッケージを開いたところ その2

台座を取ると、下には付属品が入っています。

付属品

「Bose SoundSport wireless headphones」の同梱物一式です。

  • 「Bose SoundSport wireless headphones」本体
  • キャリングケース
  • 充電用USBケーブル
  • StayHear+ Sportチップ(S/M/L)
  • 取扱説明書

Bose SoundSport wireless headphones 同梱物一式

キャリングケースは丸型。結構小さいです。

キャリングケース

充電用のUSBケーブル。micro-USB側をイヤホン本体に挿します。

充電用USBケーブル

StayHear+ Sportチップ。イヤホンを耳に装着するためのパーツです。本体にはデフォルトでMサイズがついており、LサイズとSサイズが交換用として付属しています。

予備のイヤーチップ StayHearプラス

StayHear+ Sportチップは自分で耳にあったサイズに交換することが可能です。

↑目次に戻る

開封:本体はコンパクト!ケーブルをまとめる手間が必要ない!

さっそく本体をチェックしてみます。

本体がとてもコンパクト!これビックリしました。

ケーブルは左右のイヤホンをつなぐ部分だけ。ワイヤレスなのでiPhoneなどの音楽プレーヤーにつなぐケーブルはありません。

Bose SoundSport wireless headphones 本体はコンパクトな作り

クルっと丸めれば手のひらに収まる大きさ。持ち運びも簡単です。ケーブルをまとめる手間がないので快適。

手のひらに収まる小ささ

イヤホン部分はこんな感じです。色が黒いのでちょっと重たい見た目ですね。

イヤホン本体部分

外側にはBOSEのロゴが入っています。

BOSEのロゴが入っている

右側のイヤホンには、バッテリーインジケーターやBluetoothの接続ランプなどがあります。黒い部分のボタンが電源ボタンです。

右側のイヤホンにバッテリーインジケーターとBluetoothの接続ランプ

耳に装着する部分には「StayHear+ Sportチップ」が付いています。ウイング型のチップが耳にしっかりフィットし、外れづらくします。

イヤーチップ StayHearプラスで耳にしっかりフィット

右側のイヤホンを裏返すと、黒い部分に切り込みが入っています。

右側のイヤホンには切れ目が入っている

ここには充電用のmicro-USB端子があります。ここにUSBケーブルを挿して充電します。

切れ目をめくると充電用USB端子がある

↑目次に戻る

使用:装着方法は慣れるまでコツが必要かも

というわけで、装着してみました。装着方法は下の画像のとおりです。左右をつなぐケーブルは首の後ろに回します。

Bose SoundSport wireless headphones の装着方法 ケーブルを首の後ろに回す

「StayHear+ Sportチップ」は慣れていないと装着に手惑います。耳に装着する際の挿入方向がわかりづらいです。下の図のように装着します。ウイング部分を耳の内側に入れて安定させます。

耳への装着方法の解説図

イヤホンにバッテリーが搭載されているせいか、少し重たく感じますがすぐに慣れてしまいます。

右側のケーブルに操作ボタンが付いています。

操作ボタンは右耳側のケーブルについている

各操作部分は下の図の通りです。ワイヤレス接続はNFCにも対応しているので、操作ボタンの裏側にNFCのマークがあります。

Bose SoundSport wireless headphones の各操作部分の図

操作ボタンはやや硬めなので、しっかり押す必要がありました。もうちょっと押しやすいといいな。

操作ボタンは押し心地が硬め、やや力とコツが必要

「Bose SoundSport wireless headphones」をつけて街を歩いてみました。

やはりノイズキャンセリングではないので、車の往来が激しい大通りを歩くと音楽が聞こえづらいですね。これは仕方ない。

ただ、ケーブルがない快適性はすごいです。ケーブルを気にせず走ったり腕を回したりできます。まさにスポーツ専用。

↑目次に戻る

充電してみた、USBケーブルが短いので充電しづらい

バッテリーはフル充電で6時間の連続再生が可能です。フル充電まで必要な充電時間は2時間です。

急いでいる場合にはクィックチャージ機能があるので便利です。15分ほど充電すると約1時間の再生が可能になるそうです。

充電方法は、イヤホン本体とパソコンをつなぐだけ。付属のUSBケーブルで接続します。

充電用USBケーブルを繋いだところ

充電中はバッテリーインジケーターが光ります。

充電中はバッテリーインジケーターが光る

「BOSE QuietComfort 35 wireless headphones」の使用レビューでも触れましたが、付属のUSBケーブルが短いのが難点です。パソコンのすぐそばにヘッドホンを置かねばならず、パソコンで作業しながら充電する際には邪魔になります。

充電用USBケーブルの反対側はパソコンのUSB端子につなぐ

もう少し長ければ、首にかけたまま充電できるなあと思いました。

↑目次に戻る

専用アプリ「Bose Connect」で操作や設定が可能

iPhoneとの接続は簡単です。

まず「Bose SoundSport wireless headphones」の電源をオンにします。

オンにしたら、iPhoneの「設定」から「Bluetooth」の設定に進み、「自分のデバイス」に「Bose SoundSport」が現れたら「接続する」をタップして接続すれば完了です。

「Bose SoundSport wireless headphones」の電源を入れておけば、自動でスキャンして探し出してくれるはずです。

iPhoneの「設定」アプリ Bluetooth接続設定

これだけで、すぐに音楽を聴くことができます。

上記のみでも音楽を聴くことができますが、ボーズはワイヤレスヘッドホンの専用アプリ「Bose Connect」をリリースしているので、そちらを使用するのも良いでしょう。

アプリ「Bose Connect」は、AppleのApp StoreやGoogleのGoogle Playからダウンロード可能です。

Google play Bose Connect
Bose Connect
制作: Bose Corporation
評価: 3.6 / 5段階中
価格: 無料 (2016/7/11 時点)
posted by: AndroidHTML v3.1

アプリを起動すると、先ほどの「Bluetooth」の設定で登録したイヤホンを自動でスキャンします。

下の画像では「Bose SoundSport wireless headphones」が認識された状態です。

専用アプリ「Bose Connect」の画面

上記画面の右下にある歯車マークをタップすると、各種セッティングが可能です。

イヤホンから聴こえる音声ガイドのオンオフや、その言語選択が可能です。

「Bose Connect」の設定画面

音声ガイドの言語は日本語以外も選択可能です。

「Bose Connect」の言語選択画面

↑目次に戻る

旧機種のインイヤーヘッドホンと大きさを比較してみた

参考までに、過去にボーズが発売したインイヤーヘッドホンと大きさを比較してみました。旧機種を持っている方の参考になれば幸いです。

比較したのは、

  • 「Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones」(白いイヤホン)
  • 「Bose QuietComfort 20i」(黒いイヤホン)

の2つです。

イヤホン全体の比較画像です。今回紹介している「Bose SoundSport wireless headphones」はワイヤレスなので、他の2機種に比べてケーブルの少なさが際立っていますね。他の2つはゴチャゴチャしている(笑)。

旧機種のインイヤーヘッドホンと大きさを比較してみた その1

「Bose QuietComfort 20i」(黒いイヤホン)はノイズキャンセリングなので、ケーブル部分にバッテリーがあります。このバッテリー、結構ストレスです。

イヤホン部分の大きさ比較です。

旧機種のインイヤーヘッドホンと大きさを比較してみた その2

下の画像では、左(青)が「Bose SoundSport wireless headphones」、右(白)が「Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones」。さすがに右の「Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones」はBose史上最も小さなイヤホンでしたので小ささでは勝っていますね。

「Bose SoundSport wireless headphones」と「Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones」の大きさ比較

左(青)「Bose SoundSport wireless headphones」はバッテリーを搭載してある分、本体が大きくなってしまうのでしょう。

次は「Bose QuietComfort 20i」との比較。左が「Bose QuietComfort 20i」。これと比べてもまだ「Bose SoundSport wireless headphones」は大きいですね。

「Bose SoundSport wireless headphones」と「Bose QuietComfort 20i」の大きさ比較

しかし、バッテリー搭載している割には、「Bose QuietComfort 20i」と比べてそれほど大きいわけでもないので、なかなか頑張ってると思います。

ケーブルの途中でバッテリーがブラブラぶら下がっているよりは全然いいですよね。

↑目次に戻る

まとめ:なによりもケーブルが無いコンパクトさが嬉しいと思った

以上、「Bose SoundSport wireless headphones」の使用レビューでした。

やっぱりコンパクトさとワイヤレスの快適さ、これに尽きます。イヤホン本体部分は少し大きめですが、ケーブルが無いとこんなにコンパクトになるのですね。

運動しながら音楽を聴くことを前提としていますので、ケーブルがないのはありがたい。

運動しない人でもこのコンパクトさは欲しくなります。

普段ケーブルの煩わしさにストレスが溜まっている人は、購入を考えてみてはいかがでしょうか?

「Bose SoundSport wireless headphones」の購入は公式サイトをどうぞ。
↓↓↓
公式サイト
Bose SoundSport wireless headphones

Bose SoundSport wireless headphones

というわけで、まとめです

  • 「Bose SoundSport wireless headphones」はワイヤレスで超コンパクト
  • 余計なケーブルがないので、動きやすい上、持ち運びやすい
  • 操作ボタンは硬めなのでしっかり押す必要がある
  • 防滴・防汗なので、多少の水滴は大丈夫