読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

これぞ究極のヘッドホン!ボーズQuietComfort 35はワイヤレスでノイズキャンセリング!

これを待っていた!ボーズのノイズキャンセリングがワイヤレスになった!

ボーズさんのヘッドホン体験会で新製品「QuietComfort 35 wireless headphones」と「SoundSport wireless headphones」をチェックしてきました。

ボーズさんが初めてノイズキャンセリングヘッドホンをワイヤレスにしました。その詳細をご紹介します。

QuietComfort 35 wireless headphones シルバーモデル 全体画像

皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

先日、ボーズさんが主催した新しいヘッドホンの体験会に参加してきました。

体験したのは2つの新製品です。

  • QuietComfort 35 wireless headphones
    ノイズキャンセリング機能付きでは初のワイヤレス
  • SoundSport wireless headphones
    スポーツ時に快適に装着できるようになったワイヤレスヘッドホン

ということで、新製品2つを2回の記事に分けてご紹介します。今回はノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスヘッドホン「QuietComfort 35 wireless headphones(ボーズ クワイアットコンフォート 35 ワイヤレスヘッドホン)」をご紹介します。

2016.07.12 追記

2週間使用した感想とレビューもアップしました。
↓↓↓
感想 BOSE QuietComfort 35 wireless headphones 使用レビュー

追記ここまで

体験会での「SoundSport wireless headphones」レポートは別記事でご紹介します。

新しいヘッドホンの詳細については公式サイトをどうぞ
↓↓↓
BOSE 公式サイト
Bose QuietComfort 35 wireless headphones
Bose SoundSport wireless headphones
ボーズ・オンラインストア

目次:これぞ究極のヘッドホン!ボーズQuietComfort 35はワイヤレスでノイズキャンセリング!

Bose QuietComfort 35 wireless headphones

結論:ワイヤレスでノイズキャンセリング付きは誰もが欲しい待望の製品

ノイズキャンセリングが初のワイヤレスに

今回発売された「QuietComfort 35 wireless headphones」は、ボーズのノイズキャンセリングヘッドホン製品で初めてワイヤレスが採用されました。ワイヤレスのノイズキャンセリングヘッドホンは待ちに待った製品です。

試してみて思いました、ワイヤレスはやっぱり便利!首を振っても煩わしさがない!ケーブルがないというのはこんなにストレスがないのか!と改めて思いました。

音質もボーズですから安心のクオリティ。

「QuietComfort 35 wireless headphones」のメリットや主な機能は以下の通りです。

QuietComfort 35 wireless headphones のまとめ

ワイヤレス接続はBluetoothだけではなくNFCにも対応しています。iPhoneユーザーだけではなくAndroid端末の人も是非どうぞ。

また、通話機能もありSiriにも対応しているのでiPhoneユーザーにはお勧めですよ。通話時の風切り音や周囲のノイズを低減する機能も備えています。

「QuietComfort 35 wireless headphones」の購入は公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
Bose QuietComfort 35 wireless headphones

↑目次に戻る

展示されたQuietComfort 35をチェックしてみた

こちらが展示されていた「QuietComfort 35 wireless headphones」。色はシルバーとブラックの2色が発売されます。

QuietComfort 35 wireless headphones 展示画像

こちらはシルバーモデル。

QuietComfort 35 wireless headphones シルバーモデル 全体画像

手で持って大きさをチェックしてみました。持ち運び時には折りたたむことができてコンパクトになります。ケーブルがないから超スッキリ!

QuietComfort 35 wireless headphonesを手に持った大きさ 折りたたみ可能

専用ケースも付いています。普段は使わないと思うけど、旅行で長期間出かける際にはケースに入れたほうがいいかも。かさばらなくて済むし破損の恐れも減りますしね。

専用ケース

パワーボタンは右側のイヤーカップにあります。

右側にパワーボタンがある

カップの側面にはボリュームや再生など操作ボタンがあります。ケーブルがないのでコントロールはここで行います。

カップの横にボリュームボタンがある

上の画像で、ボタンの右にはBluetooth接続のランプやバッテリーランプがあります。さらに右端にmicro-USB端子があり、充電は付属のUSBケーブルをここに挿入してパソコンなどからUSB経由で行います。フル充電が完了するまで約2.25時間だそうです。

連続再生時間はワイヤレスで20時間。有線(ケーブルをつないで再生)なら40時間が可能です。

イヤーカップの耳あて部分はとても柔らかくて触ると気持ちいい〜(笑)。装着感も良いです。

耳当てのパフあ柔らかくて装着感が良い

過去製品もそうですが、ボーズのヘッドホンは装着感にもこだわっており、長時間の装着でも不快感がないように開発されています。

頭にあたるヘッドレスト部分も同様に柔らかいです。

ヘッドレスト部分も柔らかい

ユーザとしては装着感は重要ですよね。ソニーの「MDR-CD900ST」などは長時間つけてると耳が疲れますよね。つけてること自体がストレスになると音楽を聴きたくなくなってしまうので装着感は大事です。

というわけで、装着してデモンストレーションを受けました。デモンストレーションでは様々なノイズを流しながら音楽を聴きました。

f:id:yoshizoblog:20160621201604j:plain

カフェの雑踏や飛行機の中など、どんな時でもしっかりと音楽が聞こえます。ノイズを完全に消すのではなく、安全のために少し残してあるのもボーズの開発ポリシーのようです。周囲の音がまったく聞こえなくなると事故がおきかねませんからね。

装着してみて良かったのはやはりケーブルがないスッキリ感ですね。首を左右に振っても邪魔なケーブルがブラブラすることもありませんし、すれ違う人に引っかかる心配もありません。

音質の違いなどはオーディオマニアじゃないとわからない場合が多いと思いますが、ケーブルがないメリットはどんな人でもすぐに感じると思います。想像以上に快適です。

ノイズキャンセリングヘッドホンがワイヤレスになり、ケーブルの煩わしさから解放されたのはとても大きいと思います。

↑目次に戻る

ブラックカラーはちょっと色が濃すぎるかな

ブラックカラーも手に取ってみました。

QuietComfort 35 wireless headphones ブラックモデル 展示画像

ブラックカラーは文字通り真っ黒な印象です。シルバーのほうが好きだなと思いました。見た目の色は装着感にも影響しますよね。黒いと頭が重く感じそうなのでシルバーがお勧め。

ブラックモデルは真っ黒で男性向け

ロゴもあまり目立たないデザインです。

ブラックモデルを手に持った画像

余談ですが、引越し屋さんが白いダンボールを使っているのは作業員が荷物の重さを軽く感じるようにするためだそうです。

ヘッドホンも付けてる負担を感じないためには明るい色のヘッドホンが良いと思います。見た目が重いと頭が疲れそうです(これはボーズさんの見解ではなく、よしぞうの個人的な意見です)。

↑目次に戻る

静かな環境を確保するのが困難な時代だからこそ欲しいノイズキャンセリングヘッドホン

街中のノイズの大きさ

「静かな環境で考え事をしたい」と思うことが多々あります。

自宅やオフィスにいたとしても、デジタル機器が発する動作音や空調の音、近所から聞こえる工事現場の音など、多様なノイズだらけです。

パソコンをシャットダウンして静かになった時に感じますよね、「うわっ!パソコンってこんなにうるさかったんだ」って。普段は意識しませんが生活環境にはかなりのノイズがあります。

そんな常にノイズにさらされている現代人は、知らない間にストレスを溜め込んでいる可能性があります。

静かな環境に身を置くことが難しい現代は、ノイズキャンセリングヘッドフォンで心の静寂を手に入れ、ストレスを軽減する必要があるかもしれません。

今回の体験会のお話で驚いたのは走行中の電車内の騒音。なんと80デシベルもあるそうで、これは救急車を間近で聞くのと同じくらいの騒音だそうです。

すごいな。。。電車通勤すると毎日そんな大音量を浴びるんだ。。。。

↑目次に戻る

開発者のダン・ゲイジャー氏による説明

ボーズ 体験会 開発者 上級エンジニア ダン・ゲイジャー氏

体験会にはボーズの開発者ダン・ゲイジャーさんも参加して、開発の歴史や新製品についての説明をしてくれました。

ゲイジャーさんの趣味はなんと合気道。合気道は相手の力を利用しそれを中和することで攻撃をかわします。

ボーズのノイズキャンセリング機能もノイズの波形を利用することで音を中和し、静かな環境を作り出しています。両者にはそんな共通点があるそうです。

↑目次に戻る

まとめ:外で仕事する人にお勧め、ワイヤレスは本当に便利

「QuietComfort 35 wireless headphones」はカフェで仕事をする人や電車内で集中したい人にオススメです。ワイヤレスなので混雑した電車内でもケーブルが気にならないのが良いですね。

「QuietComfort 35 wireless headphones」の購入は公式オンラインストアをどうぞ
送料無料で30日間返品返金保証があるので安心です。
↓↓↓
公式オンラインストア
Bose QuietComfort 35 wireless headphones

Bose QuietComfort 35 wireless headphones

というわけで、まとめです

  • 「QuietComfort 35 wireless headphones」はボーズ初のワイヤレス機能付きノイズキャンセリングヘッドホン
  • 色は明るくて軽く感じるシルバーがオススメ
  • ケーブルがない快適さは想像以上
  • 耳あて部分とヘッドレストは柔らかくて装着感が良い
  • 連続再生時間はワイヤレスで20時間。従来のケーブル接続なら40時間
  • 電車の中は救急車並みにうるさいので耳をいたわろう

2016.07.12 追記

2週間使用した感想とレビューもアップしましたのでよろしければご覧ください。
↓↓↓
感想 BOSE QuietComfort 35 wireless headphones 使用レビュー

追記ここまで

次の記事では、スポーツタイプのワイヤレスヘッドホン「SoundSport wireless headphones」をご紹介します。

それにしても、電車の中が救急車並みにうるさいとは思いませんでした。ビックリした(笑)。耳のケアのためにもノイズキャンセリングヘッドホンが必要だなあと思いました。