読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

書評:投資信託の見分け方がわかる!「株・投信で2020年までに資産を倍にする法」の感想

書評

ファンドマネージャー糸島孝俊さんの書籍「株・投信で2020年までに資産を倍にする法」を読んだ口コミ感想です。

書籍 糸島孝俊「株・投信で2020年までに資産を倍にする法」 タイトル画像

皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

前回の尾河眞樹さんの書籍「富裕層に学ぶ外貨投資術」に続いて今回も投資本の書評です。

コモンズ投信の投資信託「ザ・2020ビジョン」のファンドマネージャーを務めている糸島孝俊さんによる書籍「株・投信で2020年までに資産を倍にする法」を読みました。

買ってはいけない投資信託の見分け方などが書かれていて、参考になりました。

コモンズ投信や「ザ・2020ビジョン」については公式サイトをどうぞ
↓↓↓
コモンズ投信 公式サイト
ザ・2020ビジョン

糸島孝俊さんはテレビにも時々出ていますので、名前は知らなくても顔を知っているという方も多いでしょう。テレビ東京「マネーの羅針盤」によくでています。

糸島孝俊 プロフィール画像

目次:糸島孝俊著「株・投信で2020年までに資産を倍にする法」口コミ感想

結論:資産を倍にする具体的な方法は書かれていなかった

書籍のタイトルにある「倍にする方法」について、具体的な方法が書かれていませんでした。それが残念。

「倍にする方法」が出ていると思って読むと期待外れになります。

ただ、買ってはいけない投資信託を見分ける方法については参考になりました。

投資信託にもいろいろあり、効率的に資産を増やすためにはどんな投資信託を選べばいいのかがわかりました。

投資信託選びに迷っている方には参考になる書籍です。

↑目次に戻る

前半は日本の見通しについて。アベノミクスが元気な頃に出版された本なので注意

前半は、2020年までの日本の見通しが書かれています。

オリンピックやアベノミクスの3本の矢の効果で、大きく成長するだろうと予想されています。

アベノミクスが始まったばかりに書かれたの本なので、明るい見通しです。あの頃は、世の中全体がそんな雰囲気でした。

2016年現在では、その見通しは楽観的すぎてやや懐疑的ではあります。話半分で読むのがいいでしょう。

↑目次に戻る

後半は主に投資信託について書かれている

後半は、投資情報を得る方法、銘柄を選ぶ方法、投資信託についての解説などが書かれています。

主に投資信託について多くのページが割かれています。

買ってはいけない投資信託、買うべき投資信託についての解説は役に立つと思います。

先ほどの前半は読み飛ばして、こちらの部分だけ読んでもいいと思います。

↑目次に戻る

投資を失敗しないために考えておく4つのポイント

投資を始める前に考えておく4つのポイントが出ていました。以下の4つの質問に答えられるようにすることが大事だそうです。

  1. 投資目的:なぜ株式投資をするのか、その収益を何に使うのか?
  2. 投資期間:いつまでに収益を得たいのか?
  3. 目標リスク・リターン:どれくらい収益が必要か? 
  4. 投資金額:投資に回せる資金はどれくらいか?

この4つが決まっていない投資はいずれ破綻すると言われているそうです。

↑目次に戻る

買ってはいけない投資信託

一番参考になったのがこの部分。

詳しくは本書を読んで頂くとして、以下のような投資信託は注意が必要、もしくは買ってはいけません。

  • テーマ型投資信託
  • 毎月分配型投資信託
  • フルインベストメント型投資信託
  • インデックス型投資信託
  • アクティブ型(ベンチマークあり)投資信託

毎月分配型がダメなのはよく言われますね。ただ、残念ながら、現在の日本では、売上トップに出てくる投資信託は多くが毎月分配型だそうです。

わかって買っているのならいいのですが、そうではないのでしょうね。。ご自身のご両親がそんな投資信託を買っていたら、指摘してあげましょう。

意外なのが、インデックス型もダメということ。

多くのアクティブ型投資信託がインデックス型のパフォーマンスに勝てないと言われているので「買うならインデックス型」と考えていました。

しかし、そうではないそうです。インデックス型は市場の下落とほとんど同じ値動きをするので自分で売買ポイントを見つけないとならないそうです。なるほど、確かに。

プロに預けるのが投資信託なのに、自分で考える必要があるんじゃ意味がないとのこと。なるほどね。

↑目次に戻る

買うべき投資信託

で、どんな投資信託を買うべきかというと、上記の反対の特徴を持つもの。

本書では糸島さんがファンドマネージャーを務める「ザ・2020ビジョン」が紹介されています。まあ、そうでしょう(笑)。

ご自身がファンドマネージャーをやっている投資信託が「買ってはいけない投資信託」の特徴を持っていたら、こんな本は書けませんですからね(笑)。

実は、よしぞうは少しだけ「ザ・2020ビジョン」を買って持っています。いいファンドだと思いますが、それでも市場の下落には引っ張られますね。。。

↑目次に戻る

まとめ:投資信託の選び方はとても参考になるので読んでおくといい

資産を倍にする具体的な方法が書かれていないのが残念でした。

ただ、投資信託の選び方が出ているので役に立ちます。

フルインベストメント型なんてまったく知らなかった。これ、下落局面では結構重要ですよ。パフォーマンスに大きく差が出ます。

投資信託の運用を考えている方は、読むことをお勧めします。

よしぞうは、別ブログで投資情報も配信しています。トレンドが出ているFX通貨やセミナー情報を掲載しているのでよろしければご覧ください。
↓↓↓
おとなの投資はっく

というわけで、まとめです

  • 資産を倍にする具体的な手法は書かれていない
  • 投資信託の選び方はとても役に立つ
  • 投資を始めるなら4つの質問に答えられるようにする
  • 個人的には糸島さんの「ザ・2020ビジョン」は良いファンドだと思う