読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

大人にお薦めのスニーカー!blueoverのMikeyが凄く良かったよ

ファッション

大人向けのスニーカーが欲しいけど、世の中は派手なデザインばかりでなかなか気に入ったスニーカーが見つからないことはありませんか?

そんなあなたにお勧めするのがblueoverのスニーカー。これ良かった!

シンプルなデザイン、熟練職人による国内生産の高クオリティ、お気に入りの一足です。

blueoverのスニーカー mikey タイトル画像

皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

長いことスニーカーを買い換えていなかったので新調しました。買ったのはblueoverというメーカー。

雑誌「ホットドッグプレス」の「日本が誇るスニーカーブランド10」という特集を見て初めて知ったのですがこれが良い!

足にピッタリフィットして、履き心地がよく、デザインも無駄なロゴが無くてオシャレです。

blueoverの詳細については公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
blueover

目次:大人にお薦めのスニーカー!blueoverのMikeyが凄く良かったよ

結論:シンプルで履き心地が良い!blueoverの「Mikey」は大人にお勧め

初めて買うメーカーなので足に合うか心配でしたが、そんな心配は必要ありませんでした。

少し小さめのサイズなので、1サイズ大きいものを選ぶのがお薦めです。足にジャストフィットして包み込んでくれる感覚があります。

デザインも可愛いし、スエードの質感も良いです。

「もう大人だし、ハイテクスニーカーは恥ずかしい」と思ってい方、blueoverはそんな大人にお勧めです。

いつも、スニーカーを買おうと探していても、アディダスやナイキ、ニューバランスなどは無駄な装飾が多く、なかなか良いデザインのものが見つかりませんでした。

それらのメーカーはどこかで妥協する必要があったのですが、blueoverの「Mikey」は全てにおいて良かったです。

シンプルで質の良いスニーカーを探している方は試してみてはいかがでしょうか?

大阪にあるメーカーのようですが東京でも購入可能です。アマゾンや楽天でも買えますよ。

↑目次に戻る

外観とデザイン:「Mikey」はベロアスエードで見ためが上品

blueoverの「Mikey」にはローカットとハイカットがあるようで、こちらは「lo」と表記されるローカット。

blueoverのスニーカー mikey 正面からの画像

表面はベロアスエードで上品なデザインです。色はグレー。色は他にもバリエーションがあります。

表面の素材はベロアスエード

無駄な装飾やロゴも無いのが素晴らしい。かかと側も無地です。

かかと側 ロゴも無くシンプル

もちろん側面にもロゴはありません。日本のメーカーらしい奥ゆかしさです(笑)。

スニーカーの側面部分にもロゴは無い

ソール部分は先端に行くほど薄くなるのでシャープなシルエットです。ハイテクスニーカーのようなゴテゴテ感がないのも良い。

ソール部分は先端に行くほど薄くなる

唯一、ロゴがあるのは靴の中敷き部分。

中敷きの画像に唯一ロゴがある

ソール部分はラバーのようですね。

裏側はラバー

↑目次に戻る

サイズを選ぶ方法:blueoverのスニーカーは1サイズ大きめを選ぶべし

買う前はサイズを選ぶのも不安でした。というのもblueoverのサイズ展開は

23.0 / 24.0 / 25.0 / 26.0 / 27.0 / 28.0

と、1cm刻みです。0.5が無いのです。

さらに、公式サイトに書かれているように少しきつめに作られているようです。

日本人の足のカタチと、レザースニーカーらしい革の伸びによる履き心地を考慮した、少しきつめの革靴サイズで設計を行ったブランドにおけるスタンダードなラストです。少し反り上あがったつま先と、幅広気味のワイズが特長です。

ですので、どのサイズを選んで良いのかわかりませんでした。

その際、参考にしたのがこちらのブログ。洋服屋さんのブログのようです。

comoda 明石の小さな洋服屋
ブルーオーバーのスニーカー"Mikey/マイキー"!【blueover】

この記事の中で

いつものサイズで履くと、始めは多少キツく感じると思います。普段26cmを履く僕は、サイズ5を少し余裕を持って履いています。

とありました。サイズ5は27cmのこと。

普段25cm、もしくは25.5cmを履いているよしぞうは、26cmを購入することに決めました。

実際に届いたスニーカーを履いてみると、これがピッタリサイズ、ジャストフィット!足を包み込んでくれる感覚が素晴らしい。

実際に履いてみた画像

実はblueoverを買う前に、ABCマートで「アディダス キャンパス 80s ジャパンパック」を購入したのですが、歩くと踵が脱げやすく感じることがありました。

adidas キャンパス 80s ジャパンパック

キャンパス 80s ジャパンパック 側面画像

ですが、blueoverは踵が脱げるようなことはなく、しっかり踵をホールドしてくれます。

さらに嬉しいことに、アディダスのスニーカーでは横幅がキツく感じたのですが、blueoverの「Mikey」は横幅もピッタリ。

先ほどの公式サイトの文章にも「幅広気味のワイズが特長」とありましたので、アディダスより広めに作られているのかもしれません。よしぞうの足にはピッタリです。

普段「スニーカーの縦のサイズにあわせると横がキツくなる」と感じている方には良いかと思います。

↑目次に戻る

blueoverってどんなメーカー?

blueoverは日本の工場で日本の職人が少数生産でレザースニーカーを作っているメーカーです。ほとんどの工程が手作業により丁寧に作られています。

blueover 工場の職人が作業している様子※画像出典:blueover公式サイトより

使用されるレザーもオリジナルのもの。

丸みを帯びたデザインは、日本人の足形にフィットする木型から作られているので、海外メーカーのスニーカーよりも足に合うと思います。

大量生産しないため価格は安くないのですが、同価格帯のニューバランスやアディダスよりも全然良いと思いました。

blueoverの制作ポリシーについては、公式サイトをご覧ください。

blueover 公式サイト
Mind

今回購入した「Mikey」は創立当初からほぼ形を変えていない定番モデルだそうです。ずっとこのまま変わらないで欲しい。

blueoverでは「Mikey」以外のスニーカーや革靴なども作っています。

kopori」というスニーカーの「monotone」カラーもオシャレで良いですね。上品さがあって可愛いです。

blueover kopori

カラフルな「light tricolor」は履きこなすのが難しそうですが、シックな色合いの「monotone」ならよしぞうでも履きこなせそうです。

17/02/28 追記

koporiの「monotone」、購入しちゃいました。

blueover kopori モノトーンカラー

やっぱりおしゃれ感があって良いですね。色が派手じゃないので普通に履けます。

コポリ 正面からの画像

Mikeyと並べてみました。

コポリとマイキーを並べてみた

↑目次に戻る

まとめ:買って良かった、何足でも欲しい!

というわけで「大人にお薦めのスニーカー!blueoverのMikeyが凄く良かったよ」でした。

いやあ、不安な気持ちで購入しましたがそんな心配はいりませんでした。デザインも良いので何足でも欲しいくらいです。

blueoverのスニーカーはシンプルでクオリティの高いスニーカーを探している大人にお勧めです。

blueoverの詳細については公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
blueover

ホットドッグプレスって今は電子書籍のみなのですね。よしぞうはdマガジンで見ただけだったので電子書籍のみだとは知りませんでした。

普通に本屋で売っているものだと思ってアマゾンを探したらkindleしかなかったのでビックリ。