読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

エージェント・オブ・シールド シーズン1第10話「取引」感想とネタバレ

エージェント・オブ・シールド ドラマ・映画

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン1第10話「取引」の感想とネタバレです。

今回は、懐かしのあの人が登場します。そしてシーズン1の折り返し地点を迎え、大きなヤマ場となります。

エージェント・オブ・シールド シーズン1第10話「取引」感想とネタバレ タイトル画像

皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン1第10話「取引」を見ました。(前回のエピソード第9話「テレキネシス」はこちらをどうぞ。)

というわけで、以下ネタバレします!

このエピソード以外の「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

シーズン1第10話「取引」感想とネタバレ 目次

シーズン1 第10話「取引」あらすじ

■登場人物

  • フィル・コールソン:秘密組織シールドのチームリーダー(日本語吹替:村治学)
  • メリンダ・メイ:戦闘と操縦のプロ、チームメンバー(日本語吹替:沢海陽子)
  • スカイ:天才女性ハッカー(日本語吹替:渋谷はるか)
  • グラント・ウォード:元秘密工作員、チームメンバー(日本語吹替:花輪英司)
  • レオ・フィッツ:兵器やメカ開発の天才、チームメンバー(日本語吹替:落合佑介)
  • ジェマ・シモンズ:天才物理学者、チームメンバー(日本語吹替:宮下ともみ)
  • マイク・ピーターソン:ムカデ計画の最初の被験者(日本語吹替:佐藤美一)
  • レイナ:ムカデ計画組織のメンバー(日本語吹替:加藤有生子)
  • エディソン・ポー:ムカデ計画組織のメンバー(日本語吹替:楠見尚己)

刑務所で食事をしている男のところへ兵士が3人突入し彼を奪っていきます。この男は以前、ムカデ計画組織の女レイラが面会していた男。なまえはエディソン・ポー。

刑務所に突入した3人は、アップデートされたムカデの装置をつけています。パワーアップしたムカデは腕だけではなく背中や肩にも付いています。ムカデの兵士は定期的に血清を投与しないと力を維持できないそうです。

シールドは、ポーとこの兵士の行方を追います。今回の任務には最初のムカデ被験者で、シールドに助けられたマイク・ピーターソンが応援部員として派遣され、追跡を手伝います。

3人の兵士の一人ヘイワードに妹がいることがわかり、コールソンとウォードは会いに行きます。うまく妹を騙してヘイワードの居場所を割り出し、ムカデ組織の新しいラボを発見します。

ラボに到着し兵士と格闘、その内1人を倒し確保します。彼の右目には以前、アケーラ・アマドールが装着させられていた義眼カメラが付いていました。

義眼カメラは以前よりも進化しており、カメラの監視元を追跡するのは不可能。その技術の進化スピードから資金と人材が豊富にある大きな組織だと判断、コールソンは本部に報告します。

一方、レイラとポーは奪われた兵士の義眼カメラに映しだされるシールドの作戦室を見ていました。カメラにマイクが映ったのを見て驚きます。ずいぶん前に血清を打ったのにもかかわらず、マイクの力が衰えていないことにも驚きます。ポーはそれが実験の第三段階へ移る鍵だといいます。

マイクの力が衰えていないのは、フィッツたちが開発した麻酔銃のおかげ。あの銃が血清にいい作用を及ぼしたようです。

スカイとメイは、レイラがポーに面会にきた時の刑務所の映像を入手。2人の会話を解析し「クレヤボヤント」という人物の存在を知ります。

マイクは第1話のエピソード後、息子に会っていないことを告白します。コールソンに促され息子に電話をすると、そこにはレイラがいました。レイラは息子との交換としてマイク自身と捕獲した兵士を要求、その取引にむかうコールソン達。

レイラ達と取引現場で会いますが、マイクの代わりにコールソンが拉致されます。レイラたちの本当の目的はコールソンでした。

マイクの息子を確保した後、マイクはコールソンを助けに戻りますが爆発に巻き込まれてしまいます。レイラ達はコールソンを連れてヘリで逃げます。その際、ビルの屋上の狙撃場所に隠れていたウォードも撃たれてしまいます。

レイラが知りたいことは、「コールソンが死んだ後、どのように復活したか?」らしいです。

↑目次に戻る

メイは思わずスカイの件について口を滑らす

メイは相変わらず怖いままですね。前回のエピソードを経て丸くなるかと思いましたが。。

ウォードと軽い口論をした際、タイミング悪く登場したスカイに八つ当たりします。

その際、ついスカイの両親の件について別の真相があることを口走ってしまいます。そして「公私混同する人間はここにはいらない」と言い放ちスカイを傷つけます。

おーこわ。

メイが元に戻るのは、まだまだ先のようです。

↑目次に戻る

コールソンの恋人チェロ奏者について

ウォードとの会話の中で、コールソンがチェロ奏者と付き合っていたことが出てきました。映画「アベンジャーズ」の中でも言及されていたのでいつ出てくるかなあと思っていました。

コールソンは表向きには死んだことになっているので、この恋は終わってしまったようですね。すこし気の毒です。

笑ったのはその後の会話。ウォードの「同僚との恋は?」という質問に「経験上、ロクなことにならない」と返事をします。その返事に複雑な表情をするウォードです(笑)。メイとの今後に注目です。

↑目次に戻る

義眼カメラの組織と同じだったムカデ組織

ムカデの被験者になっていた兵士には、第4話「裏切り者を救え」で出てきたアケーラ・アマドールと同じ義眼が装着されていました。

あの時はムカデ組織だとはわからなかったと思いますが、今回同じ組織だとわかりました。

ひょっとしたら、レイラ達もみんな装着させられているのかもしれませんね。レイラは今の所では地位が高そうに見えますが、もっと上に幹部がたくさんいそうですよね。

↑目次に戻る

まとめ:タヒチについての謎が解明するか次回に期待

レイラはコールソンが復活した謎を聞き出そうとしています。

これまでも「タヒチ」に関しては、小さなネタ振りが何度も出てきました。次回以降、ようやく謎が判明するかもしれません。楽しみです。

それにしても、なんでシールドはマイクの息子を24時間監視体制にしておかなかったのでしょうね?あんな重要人物の身内ならそれくらいのことをするでしょうに。ネルフならすぐにでもすると思う(笑)。あれはシールドの失態だと思います。

とりあえず今回わかったこと

  • 義眼カメラの組織はムカデ計画の組織だった
  • フィッツ達が開発した麻酔銃は、ムカデ計画の血清を安定させる効果がある
  • コールソンが生き返ったのには、やはり訳がある

というわけで第11話「魔法の国」に続きます。

各エピソードの「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

動画配信サイトの「Hulu」では、日本テレビの深夜放送日から7日間限定で見逃し配信を行っています。もう一度見たい方は是非どうぞ。(2015年4月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

「エージェント・オブ・シールド」シーズン1は、Amazonインスタント・ビデオでオンデマンド動画を配信中です。第1話は無料で見られるので是非どうぞ!

Amazon インスタント・ビデオ
エージェント・オブ・シールド (字幕版) 配信中!

DVDやブルーレイもすでに発売中です。

ツタヤのネットレンタル「TSUTAYA DISCAS」でも、レンタル可能です。無料お試し期間があるのでお得ですよ。

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!