おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

エージェント・オブ・シールド シーズン4第1話「ゴースト」感想とネタバレ

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン4第1話「ゴースト」の感想とネタバレです。

エージェント・オブ・シールド シーズン4 第1話「ゴースト」感想とネタバレ

アベンジャーズファンの皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン4第1話「ゴースト」を見ました。

そのあらすじとネタバレ感想です。

(前シーズン「シーズン3」の最終エピソード「第22話「上昇」の感想とネタバレはこちらをどうぞ。)

エージェント・オブ・シールドの新シーズンを最速で見たいなら、WOWOWとの契約がおすすめです。

WOWOWのお申し込みはこちらから
↓↓↓
公式サイト
WOWOW

というわけで、以下ネタバレします!

このエピソード以外の「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

シーズン4第1話「ゴースト」 感想とネタバレ 目次

シーズン4 第1話「ゴースト」 登場人物とあらすじ

登場人物

  • シールドメンバー

    • フィル・コールソン:シールド元長官(日本語吹替:村治学)
    • メリンダ・メイ:戦闘と操縦のプロ(日本語吹替:沢海陽子)
    • レオ・フィッツ:兵器やメカ開発の天才(日本語吹替:落合佑介)
    • ジェマ・シモンズ:天才物理学者。科学技術顧問に昇進(日本語吹替:宮下ともみ)
    • アルフォンソ・マック・マッケンジー(マック):メカニック担当(日本語吹替:間宮康弘)
    • ホールデン・ラドクリフ博士:条件付きで恩赦を受けた科学者(日本語吹替:森田順平)
    • エレナ・ロドリゲス(ヨーヨー):高速移動の能力を持つインヒューマンズ(日本語吹替:相田さやか)
    • エイダ:ラドクリフ博士に作られたAI搭載アンドロイド(日本語吹替:木下紗華)
    • デイヴィス:コールソンの下で働くシールドエージェント
  • インヒューマンズ

    • デイジー(クェイク):元シールド。単独で悪党を退治して回っている(日本語吹替:渋谷はるか)
  • その他

    • ロビー・レイエス:ゴーストライダー(日本語吹替:桐本拓哉)
    • ゲイブ・レイエス:ロビーの弟。車いすで生活している

あらすじ

デイジーはシールドを離れ「クェイク」と呼ばれるインヒューマンズとなり、「ウォッチドッグ」などのテロリストの資金源や逃走ルートをつぶして回っています。

そんな中、デイジーは武器密売人が「ゴーストライダー」に襲われる場面に遭遇します。

シールドのメイはその事件の生存者の証言から、その場にデイジーがいたことを知り、コールソンとマックに知らせます。

かねてからデイジーの行方を捜していた二人は現場に急行。デイジーを探しに向かいます。

デイジーは「ゴーストライダー」を追うため、生き残った武器密売人の病室を訪れますが、彼は「ライダーに焼かれたものは魂も焼かれる」と言って息を引き取ってしまいます。

一方、シールド内部では、新しい長官により組織改革が行われ、旧コールソンチームのメンバーは各部署にバラバラに配属されてしまい。。。

↑目次に戻る

いきなりゴーストライダー登場

最初のシーンからいきなりゴーストライダーが登場しましたね。このシーズンはゴーストライダー中心で行くのかな?

まだ何故彼が悪人を退治しているのかが分からなかったですね。車いすの弟がいるようなのですが何か関係あるのかな。

ロビーのセリフによると、自分の意思で行っている訳では無く「中にいる悪魔の意思」で行っているようにも受け取れます。

ロビーはゴーストライダーになることで苦しんでいるのかもしれません。

今後、何故彼がゴーストライダーになったのかが明かされていくのを楽しみにしていたいですね。

↑目次に戻る

デイジーはお尋ね者、シールドを抜けた理由は語られず

シーズン3のラストでデイジーがシールドを去って、コールソン達が行方を捜しているシーンがありました。

現在は「クェイク」と呼ばれ、テロリストの資金源や逃走ルートをつぶして回っているそうです。

銀行や橋を破壊しているそうなのでお尋ね者のようですね。

今シーズンも「ウォッチドッグ」が出てくるとは思いませんでした。ひょっとしたら、シーズン3で思わせぶりに出てきたエージェント・ブレイクが出てくるかもしれませんね。

参考:おとなのらいふはっく
シーズン3第14話「番犬たち(Watchdogs)」感想とネタバレ

残念ながら、デイジーがシールドを去った理由は不明のまま。今後明かされるのかな。

デイジーはゴーストライダーに攻撃された際に「自分は死んで同然」と言っていました。

ひょっとしたらリンカーンの死と何か関係あるのかもしれませんね。シールドを去った理由もそれを気にしてのことなのかなあ??デイジーが悪いわけじゃ無いけどな。

デイジーがまだハワイの人形を持っていたのがなんか嬉しい。あの人形があることで、いくらパワーを持っていても中身は以前のデイジーのままであることがわかります。

パワーの使いすぎで腕がアザだらけになっていたので、エレナが治療薬を渡していました。

シールドの研究もずいぶん進みましたね。以前はリンカーン曰く「まるで役に立たない」グローブだったのに。

それにしても、エレナはどうやってデイジーと落ち合う連絡をとったんだろう? 携帯番号知ってるのかな??

デイジーは車で移動しながらモーテル(ホテル?)暮らしをしているようですが、ハウスキーピングに掃除代として置いていった金額が凄い。20ドルの札束。

デイジー金持ちだなあ。銀行襲った際に拝借したのかなあ(笑)。

↑目次に戻る

コールソンは長官ではなくなっている

これもシーズン3のラストで判明しましたが、コールソンは長官の座を降りています。

新しい長官は次回登場するようです。

新長官は政府関係者なのでしょうか?

誰かのセリフで「タルボットが大統領に基地の場所を伝えてからシールドが変わった」というセリフがありましたので、政府関係か軍関係なのかもしれません。

コールソンはさらに義手をグレードアップ。X線装置がついていました。

「ずるいな」とマックが言ったのが笑えますね(笑)。コールソンが義手になったのはマックが切ったおかげでもあるから。。。

↑目次に戻る

シモンズが偉くなってる

フィッツとシモンズは健在。

シーズン3で深い関係になったフィッツシモンズ、今は一緒に暮らしているのかな?

フィッツはラボで仕事をしているようですが、シモンズは昇進して「科学技術担当長官特別顧問」となったようです。新長官の側近。

Marvel Cinematic Universe Wikiによると、 英語で「科学技術担当長官特別顧問」のことを「Special Advisor to the Director In Science and Technology」と言うそうで、別名「 S.A.D.I.S.T.」となるようです(笑)。

「シビル・ウォー」の二の舞を避けたい新長官は、毎日シモンズを嘘発見器にかけているようで、シモンズも大変ですね。ブラック企業だ(笑)。

「広範囲侵入監視プログラム(Widespread Information Monitoring Program)」別名「小心者 (W.I.M.P.)」)と言うそうです。

「広範囲侵入監視プログラム」が嘘発見器単体をさすのか、それともそれを含む警戒プロジェクト全体をさすのかは不明です。

新長官がシモンズを側近に置いたのは、旧コールソンチームの動向を把握するためなのかなと思いました。

シモンズが一番嘘がつけなそうだし。

↑目次に戻る

メイは「劣等感ありあり」(笑)

新長官の意向で旧コールソンチームがバラバラになり、各メンバーはそれぞれの部署の責任者になっているようです。

確かに、旧コールソンチームは勝手なことしそうですし、元長官が率いるそんなチームが部下にあったらやりづらいです(笑)。

バラバラになってからは会う機会が少ないようで「あと10分で出ないと」とコールソンが言った際には、フィッツシモンズは寂しそうな顔してましたね。

今のシールドは何でも秘密のようで(っていうか諜報組織って普通そうですよね(笑))、みんな仕事をしづらそう。

ラボは新顔が多く、ラボのスタッフ(ネイサンソン)がコールソンのことを知らないなんて(笑)。元長官の顔くらい知ってるでしょうに。

コールソンの顔を知らないような人だからシモンズから「あなたより役に立つ人達よ」って言われたのかな(笑)。意外と毒舌なシモンズ。

シールドではエージェントの数字によるレベル分けは廃止されていました。

数字は劣等感を生むから使いたくないという新長官の意向で、「セキュリティー・スペクトラム」というエージェントを色分けするシステムで管理されているようです。

もう「レベル8」といったレベル分けはないのですね。色分けって幼稚園かいな(笑)。

メイよりもシモンズの方が権限が上だそうで、色分けされても「劣等感ありあり」なメイが面白かった(笑)。

↑目次に戻る

マックとヨーヨー

マックはコールソンと一緒に、デイジー探しを担当していましたが、なかなか確保できずに(わざと逃がしていると思われ)任務を外されてしまいました。

今は「ゼファーワン」でインヒューマンズ探しをしているようです(たぶん)。

ヨーヨー(エレナ)は定期的にシールドと面談をしているようですね。ジョーイはもうやめちゃったのかな。

マックとヨーヨーがいい仲になりそうですが、規則によると「インヒューマンと付き合うのは違反」だそうです。

規則なんて守らなそうな二人だからどうなるか分かりませんね。

↑目次に戻る

ラドクリフ博士とエイダ

シーズン3でハイヴに協力していたラドクリフ博士。

無罪放免という訳では無く、監督者が付いていないと研究をしてはいけないことになっているようです。

違反すると刑務所行きのようで、結構厳しい。しかし、エイダを作っちゃいました(笑)。

フィッツが「なんで裸?」って言うのが面白かった。よしぞうもそう思いました(笑)。

エイダはエージェントを守るため、危険な任務の担当や、おとりになることを目的として作られたようです。

ラドクリフ博士が言っていた「不気味の谷」とは、アンドロイドやロボットを作る際に出てくる言葉です。

Wikipedia
不気味の谷現象

人はロボットが人間に似ていくほど好感を抱くようになりますが、似すぎてくると嫌悪感や不気味さを感じるそうです。

その状態のことを「不気味の谷」といいます。

また、その谷を越えてロボットが人間に近づくと、再び好感を持つようになるそうです。

↑目次に戻る

箱と幽霊みたいな存在は何?

今シーズンのメインストーリーとなりそうなのが箱の中身ですね。幽霊のような存在が入っていたようです。「レイダース」みたいだ(笑)。

中国マフィアが開けた箱は何だったのでしょうね? 普通のコンテナのようでしたが。

現場に急行したメイも幽霊の影響を受けているようです。

シーズン4は「ゴーストライダーの中にいる悪魔」とか、「コンテナにいた幽霊」だとか、ちょっとオカルトっぽい話になるのかな?

もっと科学的でスーパーヒーローっぽい話が良いなあ。

↑目次に戻る

まとめ:今回わかったこと

今回は新シーズン第1回目ということで、各メンバーの状況を紹介するエピソードでしたね。

とりあえず今回わかったこと

  • シールドには新長官がいて、コールソンチームをバラバラに配属している
  • ゴーストライダーが悪党達を退治している
  • デイジーはシールドを離れ、独自にテロリストを叩いている
  • シモンズは長官の側近になっている
  • ラドクリフ博士はAIを搭載したアンドロイド「エイダ」を作った
  • 箱の中に幽霊のような存在がいた

というわけで第2話「シールド新長官」に続きます。

各エピソードの「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

ネットで視聴できるエージェント・オブ・シールド

U-NEXT

動画配信サイトの「U-NEXT」では、 エージェント・オブ・シールドのシーズン1から3までを配信しています。

U-NEXT
エージェント・オブ・シールド

(配信情報は2017年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は U-NEXT の公式ホームページにてご確認ください。)

Amazonビデオ

Amazonビデオでもシーズン1から3までを配信中です。シーズン1の第1話は無料で見られるので是非どうぞ!

Amazon インスタント・ビデオ
エージェント・オブ・シールド シーズン1 (字幕版)
エージェント・オブ・シールド シーズン2 (字幕版)
エージェント・オブ・シールド シーズン3 (字幕版)

TSUTAYA DISCAS

ツタヤのネットレンタル「TSUTAYA DISCAS」では、動画見放題とDVDのレンタルが可能です。30日間無料お試し期間があるのでお得ですよ。

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!