読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

エージェント・オブ・シールド シーズン3第9話「ヒドラの扉(Closure)」感想とネタバレ

エージェント・オブ・シールド ドラマ・映画

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン3第9話「ヒドラの扉(Closure)」の感想とネタバレです。

エージェント・オブ・シールド シーズン3第9話「ヒドラの扉(Closure)」タイトル画像

アベンジャーズファンの皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン3第9話「ヒドラの扉(Closure)」を見ました。

そのあらすじとネタバレ感想です。

(前回のエピソード「第8話「いくつもの首(Many Heads, One Tale)」の感想とネタバレはこちらをどうぞ。)

というわけで、以下ネタバレします!

このエピソード以外の「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

シーズン3第9話「ヒドラの扉(Closure)」 感想とネタバレ 目次

シーズン3 第9話「ヒドラの扉(Closure)」 あらすじ

登場人物

  • シールドメンバー

    • フィル・コールソン:シールド長官(日本語吹替:村治学)
    • メリンダ・メイ:戦闘と操縦のプロ(日本語吹替:沢海陽子)
    • デイジー:天才ハッカーでインヒューマンズ(日本語吹替:渋谷はるか)
    • レオ・フィッツ:兵器やメカ開発の天才(日本語吹替:落合佑介)
    • ジェマ・シモンズ:天才物理学者(日本語吹替:宮下ともみ)
    • ランス・ハンター:傭兵、ボビーの元夫で元英国特殊空挺部隊(日本語吹替:滝知史)
    • バーバラ・ボビー・モース:格闘と諜報のプロ(日本語吹替:林真里花)
    • アルフォンソ・マック・マッケンジー(マック):メカニック(日本語吹替:間宮康弘)
  • ATCU

    • ロザリンド・プライス:ATCUの指揮官(日本語吹替:山像かおり)
    • バンクス:ロザリンドの部下
  • ヒドラメンバー

    • グラント・ウォード:元シールドエージェントでヒドラ再建を計画(日本語吹替:花輪英司)
    • ギデオン・マリック:ヒドラのリーダー。実業家で元世界安全保障委員会メンバー
    • ギエラ:マリックの部下でインヒューマンズ
  • インヒューマンズ

    • リンカーン・キャンベル:元アフターライフの住人・デイジーの世話をした(日本語吹替:川田紳司)
    • ラッシュ:インヒューマンズを狙っているインヒューマンズ。ガーナー博士が変身した姿
  • その他

    • トーマス・ウォード:ウォードの弟で一般市民。兄に対して良い感情を持っていない。

あらすじ

ロザリンドとコールソンはロザリンドの家でディナーを楽しんでいます。

突然、ロザリンドが撃たれて死んでしまいます。撃ったのはウォード。

コールソンはウォードの部下に襲われますがマックが駆けつけ救出します。

復讐に燃えるコールソンはウォードの弱みを探るため、オリジナルメンバーからウォードに関する情報を細かいところまで聞きだします。 家族について弱みがあると判断するコールソン。

上司ロザリンドを失ったバンクスはシールドと協力して捜査をします。

NASAが行っていたモノリスの「遠隔惑星探査」はマリックが持ち込んだ計画であるとバンクスは話します。

研究拠点はNASAではなく外部のラボ、そこは何年も前に封鎖されていますが、手がかりを探しにフィッツとシモンズ、バンクスが調査に向かいます。

しかし施設ではマリックの部下ギエラが待ち構えておりバンクスは倒されてしまいます。マリックの元へ連行されるフィッツシモンズ。

マリックは時空の扉からの戻り方を聞き出すため、ギエラを使ってシモンズを痛めつけます。

コールソンはハンターとボビーを連れてウォードを倒しに行きます。その間、長官代理をマックに命令。

コールソンはウォードが大事に思っている弟トーマスを拉致し、ウォードにその映像を見せます。「弟に指一本触れるな」と怒るウォード。

弟トーマスはウォードに良い感情を持っていないようで、コールソン達に協力します。ウォードから掛かってきた電話を長引かせ、逆探知に成功。ウォードはイギリスの古城にいるようです。以前、コールソン達がモノリスの扉を開いた古城です。

マックはコールソンから「古城に乗り込む」と連絡を受けます。コールソンは応援を拒否しますが、マックはジョーイ、デイジー、リンカーンを連れて応援に向かいます。

逆探知されたことに気づいたウォードは怒り、なんとしても情報を引き出そうとシモンズを痛めつけます。

シモンズの悲鳴に耐えられないフィッツは自分が扉の向こうへ行くことにし、扉からの戻り方もウォードに話しました(たぶん)。

マリックは時空の扉の向こう側にいるインヒューマンズを連れ戻すため、モノリスを使って時空の扉を開きます。

ウォードはマリックに説得され、時空の向こう側へ行くチームを指揮することになります。マリックはこちらに戻るための扉が12時間後に開くので、その時間には指定の座標へ戻ってくるようにウォードに伝えます。

時空の扉を超えて行くウォードのチーム。

コールソンはウォードが扉の向こうへ行ったことを知り、スカイダイビングで直接時空の扉へダイビング、間一髪で時空の扉に飛び込みます。しかし着地時に頭を打って気絶してしまいました。

↑目次に戻る

まさかのロザリンド

まさかロザリンドがもういなくなってしまうとは思いませんでした。

せっかくヒドラじゃないと判明したのに、コールソンかわいそう。

復讐心で頭がいっぱいになるコールソンの気持ちも分かります。シールドは火が付くと止められない人ばっかりですね。

ハンター、メイ、コールソン、デイジー。感情に流されて行動する人ばかりで、とてもスパイ組織とは思えない(笑)。

忠実な部下バンクスも気の毒ですね。バンクスも今回のエピソードでギエラに倒されてしまいました。

強面だけど、悪い奴じゃなかったのに。

それにしても、ディナーにハンバーガーを食べるのはどうかと思います(笑)。いくらコールソンの大好物の店だとしても。

ワインとハンバーガーってあうのかな(笑)。肉だからあうのかな。

DJ'Sのバーガーを好きな割には「オールアメリカン」という名の付くバーガーにはロクなのがないと思っているコールソン。

↑目次に戻る

戻り方を教えたのはフィッツでいいのかな

マリックはウォードに「12時間後に扉が開くから、その座標へ来い」と戻り方を伝えています。

「ん?戻り方は分からないんじゃないの?」と思ったのですが、おそらくフィッツが教えたんですよね??

「遠隔惑星探査」の旧施設を調べている際にシモンズとの会話の中で「時空の扉が開く場所を突き止めるプログラムは完成した」って言っていたから、その計算方法を伝えたんでしょうね。

シモンズは痛めつけられた割には元気そうで、あまり怪我してないですね。

ヒドラは意外と優しいんだよね、なぜか(笑)。

↑目次に戻る

インヒューマンズのチームが初出勤、でも弱そう

人手不足のシールド。苦肉の策でジョーイとリンカーンを出動させます。

デイジー念願のインヒューマンズチーム結成。それにしても弱そう(笑)。

マックがリンカーン達に名演説。

「大勢の人が犠牲になるのを君らの力で止められるかもしれない、どうするか決めてくれ」と言いますが、あんな言われ方したら断れないですね(笑)。

分かって言ってるのかもしれないな、マックは。

↑目次に戻る

ウォードの弟はまともで良い奴だ

トーマスは初登場でしょうかね? 銀行員なのか。

ウォードの思いとは裏腹にトーマスはウォードを良く思っていないようですね。

井戸の事件以降は兄を信頼しておらず、名前を変えて隠れて生活しているようです。

兄二人はどちらも性格が屈折していますが、トーマスはハンターが言うとおり「すごくまとも」ですね。

↑目次に戻る

ヒドラは5人の幹部がモノリスを分割所有していた

ヒドラのモノリスは小型サイズですが、幹部5人が1つづつ持っていて、それをあわせて使うようになっていました。抜け駆けする奴が出ないような仕組みにしたのでしょう。

モノリスの量はあの程度の量でいいんですね。なんな薄い水たまりみたいな量でも時空の扉が開くんですね。

そういえば、大きなモノリスって四角い窓のような物がいくつかありましたが、あれは小型サイズを切り出した跡なのかもしれませんね。今気がついた(笑)。

マリックの話術に簡単に乗せられてるウォード。未熟だな(笑)。現場を指揮する汚れ仕事を押しつけられてしまいます。

マリックは人を利用するのが上手ですね。ヒドラの身分を隠して生き延びてこれたのも分かるような気がしました。

シモンズがウォードに「何、その格好は」と訊かれた際、「チームを指揮する」と言っていましたが、乗り気じゃないのが笑えました。

↑目次に戻る

まとめ:今回わかったこと

とりあえず今回わかったこと

  • ロザリンドとバンクスが倒されてしまう
  • マリックが時空の扉を開き、ウォードはフィッツを連れて扉を超える
  • コールソンも後を追いかけ時空の扉を超える
  • 扉から戻れるのは12時間後
  • シモンズはマリックに捕まったまま
  • ジョーイとリンカーンがインヒューマンズチームとして出動

というわけで第10話「死の星(Maveth)」に続きます。

各エピソードの「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

「エージェント・オブ・シールド」は、Amazonインスタント・ビデオやU-NEXT、Huluなどでオンデマンド動画を配信中です。(2016/12/11 現在)。

シーズン1とシーズン2は、Amazonインスタント・ビデオで配信中です。シーズン1の第1話は無料で見られるので是非どうぞ!

Amazon インスタント・ビデオ
エージェント・オブ・シールド シーズン1 (字幕版)
エージェント・オブ・シールド シーズン2 (字幕版)

Huluでは、シーズン1が配信中。(2016年12月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

Hulu
海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

U-NEXTでは、シーズン1とシーズン2が配信中。(2016年12月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

U-NEXT
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

シーズン3のDVDやブルーレイが2017年2月に発売予定です

ツタヤのネットレンタル「TSUTAYA DISCAS」でも、レンタル可能です。無料お試し期間があるのでお得ですよ。

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!