読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

エージェント・オブ・シールド シーズン3第7話「カオス理論(Chaos Theory)」感想とネタバレ

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン3第7話「カオス理論(Chaos Theory)」の感想とネタバレです。

エージェント・オブ・シールド シーズン3第7話「カオス理論(Chaos Theory)」タイトル画像

アベンジャーズファンの皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン3第7話「カオス理論(Chaos Theory)」を見ました。

そのあらすじとネタバレ感想です。

(前回のエピソード「第6話「ラッシュの正体(Among Us Hide...)」の感想とネタバレはこちらをどうぞ。)

というわけで、以下ネタバレします!

このエピソード以外の「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

シーズン3第7話「カオス理論(Chaos Theory)」 感想とネタバレ 目次

シーズン3 第7話「カオス理論(Chaos Theory)」 あらすじ

登場人物

  • シールドメンバー

    • フィル・コールソン:シールド長官(日本語吹替:村治学)
    • メリンダ・メイ:戦闘と操縦のプロ(日本語吹替:沢海陽子)
    • デイジー:天才ハッカーでインヒューマンズ(日本語吹替:渋谷はるか)
    • レオ・フィッツ:兵器やメカ開発の天才(日本語吹替:落合佑介)
    • ジェマ・シモンズ:天才物理学者(日本語吹替:宮下ともみ)
    • ランス・ハンター:傭兵、ボビーの元夫で元英国特殊空挺部隊(日本語吹替:滝知史)
    • バーバラ・ボビー・モース:格闘と諜報のプロ(日本語吹替:林真里花)
    • アルフォンソ・マック・マッケンジー(マック):メカニック(日本語吹替:間宮康弘)
  • ATCU

    • ロザリンド・プライス:ATCUの指揮官(日本語吹替:山像かおり)
    • バンクス:ロザリンドの部下
  • ヒドラメンバー

    • グラント・ウォード:元シールドエージェントでヒドラ再建を計画(日本語吹替:花輪英司)
    • キーボ:ウォードの部下
    • ウェルナー・フォン・ストラッカー:元ヒドラ幹部バロン・フォン・ストラッカーの息子
    • ギデオン・マリック:元ストラッカーの仲間
  • インヒューマンズ

    • リンカーン・キャンベル:元アフターライフの住人・デイジーの世話をした(日本語吹替:川田紳司)
    • ラッシュ:インヒューマンズを狙っているインヒューマンズ。ガーナー博士が変身した姿
    • ジョーイ・グティエレス:インヒューマンズ。金属の形を変えることが出来る
  • その他

    • アンドリュー・ガーナー博士:メイの元夫、心理学者。ラッシュの正体

あらすじ

コールソンは、アメリカ大統領が参加するインヒューマンズ問題の国際会議に参加するため、コロラドのNORAD(ノーラッド)に向かいます。

シールドの存在はまだ秘密なので、ロザリンドがATCUの顧問として参加できるよう手配してくれたようです。

メイはストラッカー少年が言った「ガーナー博士が化け物に変身した」という言葉が気になっています。

ボビーから「インヒューマンズを襲っているモンスターがいる」話を聞かされ、イヤな予感がしました。

メイは基地に戻るなり、ガーナー博士の飛行記録や医療記録を調べます。そしてインヒューマンズがモンスターに倒された日は必ず現場の近くにガーナー博士がいたこと、そして、医療記録の血液検査記録が削除されていることを突き止めます。

それをガーナー博士に問いただすメイ。博士はやむを得ずメイをアイサーで撃ち、今は使われていないカルヴァー大学の施設に監禁します。

リンカーンはマックに連絡を取り「ラッシュはシールドの中の誰かだ」と伝えます。

その理由は、ラッシュが襲っているインヒューマンズは、シールドがジャーインから押収したリストに載っている仲間と一致するから。

その話を聞いたマックは、NORADに向かっているコールソンの「ゼファーワン」を追いかけドッキング、そのことをコールソンに報告。

そしてそのリストを見ることが出来るのはシールド内でガーナー博士ただ一人だと言います。

コールソンはその直前にメイとガーナー博士が行方不明になっていると報告を受けていました。メイの身に危険が迫っていると思い、急いでNORAD行きを取りやめて救出に向かいます。

大学の施設で全てをメイに告白するガーナー博士。そこへコールソンが現れ穏便に解決しようとしますが、リンカーンが暴走し博士に攻撃を仕掛けます。

ラッシュに変身して暴れるガーナー博士ですが、メイが説得して落ち着きを取り戻します。その隙を狙ってメイが拘束モジュールに押し入れて身柄を確保します。

メイはガーナー博士をATCUの技術で人工冬眠させる事に同意し、治療法が確立するまで眠らせることにしました。

逃亡に疲れたリンカーンは、コールソンの誘いを受けてシールドの元に残ることになりました。

事件が一段落し、ロザリンドはコールソンに「一杯おごらせて」と飲みに誘います。

シモンズはフィッツに自分のスマートフォンを渡して、惑星で記録したデータを復元するよう依頼します。

フィッツは復元してデータを調べます。シモンズがウィルと写っている写真を見てやり場のない怒りが沸きますが、シモンズがつらい状況の中、ずっとフィッツに話しかけている記録を聞いているうちに涙がこみ上げてきます。

シモンズにとって一番大事な人は自分だと分かったのでしょう。

フィッツはシモンズの記録を調べているうちに、イギリスの古城に書かれていたマークとNASAのマークが似ていることを突き止めます。

ひょっとしたら、NASAを陰から操っている組織があり、その組織は古くからモノリスを調べていた連中なのではないかと推測します。

ラッシュの事件翌日、ロザリンドとコールソンは一夜を共に過ごしたようです。

ロザリンドはコールソンに隠れてある人物に電話をします。なんとその相手はギデオン・マリック。

ロザリンドはマリックに「いずれ彼を連れて行く」と伝えます。

↑目次に戻る

ギデオン・マリックとロザリンドの関係は?

ロザリンドがマリックと繋がっているとは思いませんでした。ロザリンドはいい人なのか悪党なのか分かりませんね。。。

ただ、ロザリンドはマリックに「NORADで会えなくてごめんなさい」と言っていたので、単にマリックは会議の参加者だったのかもしれません。

マリックは大統領に近い存在か、インヒューマンズの対策会議のメンバーという可能性があります。

ロザリンドはマリックがヒドラ側だと知っているんでしょうかね? ロザリンドもヒドラ側なのかなあ?

コールソンは一夜を共にしましたが、きっと彼のことだから騙されているフリをしている気がします。

前回かその前のエピソードで「この仕事を長くやっていると、人を好きになることを考えなくなる」ってデイジーに言っていたのは、このシーンのためのネタ振りなのではないでしょうか??

ちなみに「NORAD」とは「北アメリカ航空宇宙防衛司令部」という実在する組織のようです。

毎年サンタクロースを追跡していることで有名ですね。

↑目次に戻る

ガーナー博士は変化が完了すると人間に戻れなくなるって何故?

第4話「協力関係」で、ウイルスを送っていたプログラマーが「ラッシュは名前だけを伝えに来る」と言っていたので、ジャーインの名簿を見て彼に名前だけ伝えていたんですね。なるほど。

リンカーンが「ガーナー博士は変化が完了したらもう人に戻れない」って言っていましたが、それがよく分かりませんでした。

他の変化者達は、変化が起きても人間の意識も記憶も保持したまま変化が完了しています。デイジーやリンカーン、ジョーイなど。

なのに、なぜ博士は怪物化して博士に戻れなくなるんでしょう???

ジャーインが名簿に仕込んだテリジェンクリスタルが特殊仕様の可能性もありますね。名簿を見た人と始末するためのものなので。。。

それでも、この点はちょっと謎でした。

↑目次に戻る

シールドの存在は秘密なのか

シールドの存在はまだ秘密だそうです。ほんとか(笑)。

ATCUは大統領直々の組織なのだから、大統領に報告しているでしょ、ロザリンドの事だから。

世間的に秘密ってことなのかな??

↑目次に戻る

ジョーイが久しぶりに登場

第1話「自然の法則で登場したジョーイが久しぶりに登場しましたね。

能力のコントロールを覚えて、かなり成長しているようです。

ジョーイはすごい良い奴そうで心配。。。こういう良い奴キャラはすぐにやられてしまう可能性があるんですよね、映画やドラマって(笑)。

↑目次に戻る

シモンズのスマホを解析するときの気持ちと言ったらないね

シモンズの記録を見るフィッツ。そりゃ泣けるよね。好きな人が過酷な状況に耐えている時にずっと自分に話しかけているんだもの。

その時なにも出来なかった自分が悔しいだろうし、こんなにも自分を思ってくれているんだと分かったら涙が溢れますわ。

フィッツに話しかけている記録が入っているスマホをあえて渡すシモンズもいいですね。

ウィルとの関係を心配しているフィッツに対して、自分の本当の気持ちを分かって欲しかったのでしょう。

パースシャーに住みたいって言っていたシモンズに対して、少しあきれたように「スコットランドだよ」っていうフィッツ。

この台詞はイギリス人には分かるジョークなのでしょうか?? パースシャーはどんなところなんでしょう。

ハンターは口が悪い皮肉屋ですが、時々、優しさをにじませる台詞をいいます。

今回もウィルの写真を見て「こいつ豚ヅラだよな」という台詞は、フィッツに対しての思いやりですよね。いい奴だハンター。

↑目次に戻る

まとめ:今回わかったこと

とりあえず今回わかったこと

  • イギリスの古城にあったマークとNASAのマークが似ている
  • ガーナー博士はジャーインが名簿にしかけたテリジェンクリスタルで変化した
  • ガーナー博士を人工冬眠で眠らせて治療法が出来るのを待つことにした
  • ロザリンドはマリックと繋がっている

というわけで第8話「いくつもの首(Many Heads, One Tale)」に続きます。

各エピソードの「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

「エージェント・オブ・シールド」は、Amazonインスタント・ビデオやU-NEXT、Huluなどでオンデマンド動画を配信中です。(2016/12/11 現在)。

シーズン1とシーズン2は、Amazonインスタント・ビデオで配信中です。シーズン1の第1話は無料で見られるので是非どうぞ!

Amazon インスタント・ビデオ
エージェント・オブ・シールド シーズン1 (字幕版)
エージェント・オブ・シールド シーズン2 (字幕版)

Huluでは、シーズン1が配信中。(2016年12月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

Hulu
海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

U-NEXTでは、シーズン1とシーズン2が配信中。(2016年12月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

U-NEXT
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

シーズン3のDVDやブルーレイが2017年2月に発売予定です

ツタヤのネットレンタル「TSUTAYA DISCAS」でも、レンタル可能です。無料お試し期間があるのでお得ですよ。

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!