読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

エージェント・オブ・シールド シーズン3第2話「扉の向こうへ(Purpose in the Machine)」感想とネタバレ

エージェント・オブ・シールド ドラマ・映画

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン3第2話「扉の向こうへ(Purpose in the Machine)」の感想とネタバレです。

エージェント・オブ・シールド シーズン3第2話「扉の向こうへ(Purpose in the Machine)」タイトル画像

アベンジャーズファンの皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン3第2話「扉の向こうへ(Purpose in the Machine)」を見ました。

そのあらすじとネタバレ感想です。

(前回のエピソード「第1話「自然の法則(Laws of Nature)」の感想とネタバレはこちらをどうぞ。)

というわけで、以下ネタバレします!

このエピソード以外の「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

シーズン3第2話「扉の向こうへ(Purpose in the Machine)」 感想とネタバレ 目次

シーズン3 第2話「扉の向こうへ(Purpose in the Machine)」 あらすじ

登場人物

  • シールドメンバー

    • フィル・コールソン:シールド長官(日本語吹替:村治学)
    • メリンダ・メイ:戦闘と操縦のプロ(日本語吹替:沢海陽子)
    • デイジー:天才ハッカーでインヒューマンズ(日本語吹替:渋谷はるか)
    • レオ・フィッツ:兵器やメカ開発の天才(日本語吹替:落合佑介)
    • ジェマ・シモンズ:天才物理学者(日本語吹替:宮下ともみ)
    • ランス・ハンター:傭兵、ボビーの元夫で元英国特殊空挺部隊(日本語吹替:滝知史)
    • バーバラ・ボビー・モース:格闘と諜報のプロ(日本語吹替:林真里花)
    • アルフォンソ・マック・マッケンジー(マック):メカニック(日本語吹替:間宮康弘)
  • ATCU

    • ロザリンド・プライス:ATCUの指揮官(日本語吹替:山像かおり)
  • ヒドラメンバー

    • グラント・ウォード:元シールドエージェントでヒドラ再建を計画(日本語吹替:花輪英司)
    • ウェルナー・フォン・ストラッカー:元ヒドラ幹部バロン・フォン・ストラッカーの息子
  • インヒューマンズ

    • リンカーン・キャンベル:元アフターライフの住人・デイジーの世話をした(日本語吹替:川田紳司)
    • ジョーイ:フィッシュオイルのサプリを飲んで能力に目覚めてしまった人
  • その他

    • アンドリュー・ガーナー博士:メイの元夫、心理学者
    • エリオット・ランドルフ教授:アスガルド人。大学教授として地球で暮らしている

あらすじ

1839年のイングランド。グロスタシャー。

くじ引きでハズレをひいた男が別の部屋へ。そこにはモノリスがあります。

人類は古くからモノリスの謎に挑戦していたようですが、男は簡単に飲み込まれてしまいます。

場面は変わって、現代。シールド基地内のモノリス保管庫。

フィッツはモノリスから砂が出てきたことに気づきます。その砂を調べると10臆年も前のもの。モノリスは時空の扉ではないかと推測します。

その話を聞いたコールソンは、時空を超えてやってきたアスガルド人、ランドルフ教授の協力を取り付け、モノリスを調べます。

ランドルフ教授は、前回フィッツが手に入れた羊皮紙に書かれたヘブライ語の文字「死」と同じものを過去に見たことがあると言います。

その場所は冒頭で出てきたグロスタシャーの古城。一行はその場所に向かいます。

城の中のヘブライ語が書かれた部屋に行くと、モノリスを稼働させるための装置があります。コールソンはマックにモノリスを城に運ぶよう指示。モノリスを使って実験が始まります。

最初の実験では装置が壊れ失敗するものの、時空の向こう側に照明弾を打ち込むことに成功します。

2回目の実験では壊れた装置の代わりにデイジーが振動を起こして装置を稼働させます。

時空の扉が開いた瞬間に、フィッツが命綱を付けてモノリスに飛び込み、見事シモンズを連れて帰ります。シモンズは照明弾に気がついて、時空の扉の近くまで来ていたようです。

2回目の実験の負荷に耐えられなかったモノリスは崩壊してしまいました。

無事に帰還したシモンズは精密検査の結果、汚染も何もないと診断され一安心。

デイジーはインヒューマンズのチームを作るべく、前回保護したジョーイをチームに加えようと考えます。

メイの元夫、ガーナー博士がその面談を担当します。早くチームを作りたいデイジーですが、博士はすぐにはOKを出しません。チームの再建はまだまだ時間がかかりそう。

一方、ヒドラ再建をもくろむウォード。

ウェルナー・フォン・ストラッカー少年を誘拐します。彼の父親は今は亡きヒドラの幹部バロン・フォン・ストラッカー。

ウォードは彼を利用してヒドラ再建を目指すつもりです。その第一歩として、彼をメイの元夫であるガーナー博士に接近させます。

ハンターは休暇中のメイを訪れ、ウォードを倒す手伝いをして欲しいと誘います。最初は断るメイですが、やり残した仕事にけりを付けるため、ハンターと行動を共にします。

ランドルフ教授はデイジーは何者だとコールソンに尋ねます。コールソンが「彼らはインヒューマンズと呼ばれている」と言うと、教授は「久しぶりにその忌々しい言葉を聞いた」と過去の何かを思い出すように答えます。

↑目次に戻る

久しぶりのランドルフ教授

ランドルフ教授は過去のエピソード「バーサーカー」に登場したキャラクターです。

アスガルド人ですが、表向きは地球人として生活しています。

「インヒューマンズ」という言葉を聞いたときに顔を曇らせました。アスガルド人もクリーとの間に何かあったのでしょうか?

そういえば、シーズン2 第12話「記憶をなくした戦士」にて、同じくアスガルド人のシフがクリーを追いかけて地球に来ましたね。

あの時追いかけてきた理由は「クリー人が地球に行くのを見つけた」という感じのことを言ってた気がするけど、アスガルド人は「クリー人は危険」という認識でいるんだろうと思います。

それにしても教授が刑務所を脱獄した後の処理はどうやったんでしょうね?「こいつがやった」って言われたときのコールソンの顔(笑)。

↑目次に戻る

モノリスはなんでシモンズを飲み込んだのか?

ようやくシモンズが無事に帰ってきました。良かった良かった。数ヶ月も何食べて生きてたんだろう(笑)。

モノリスは意外とあっさりと壊れてしまいました。シモンズを飲み込んだときは、自ら意思を持っている生き物のような印象でしたが単なる物質(装置の一部)のような描かれ方でした。

なんでシモンズを飲み込んだのかが謎のままです。

今後、解明されるのでしょうか?

モノリスは特定の周波数に反応して波状になるようですが、シモンズを飲み込んだ際、シールド基地の中であの周波数を発していたものがあるのでしょうか?

ひょっとして、まだデイジーが力をコントロールできなかった時期に偶然その周波数の波動を出してしまったのでしょうか?

人には聞こえない周波数ですが、デイジーには聞こえていたのも気になります。

あー、デイジーって名前、まだ馴染めないな(笑)。うっかりスカイって書いちゃいそうになる(笑)。コールソンの気持ちがよくわかります。。。

↑目次に戻る

ゴンザレスは何のためにモノリスを運んでいたんだろう?

そもそもモノリスはシールド崩壊時にゴンザレスの空母で運ばれていたものでした。

おそらく元はイギリスにあったんでしょうね。それを運び出していたんでしょうね。何のために? ヒドラに渡さないため?

シーズン2でジャーイン達がモノリスを恐れている理由もよく分からないままですね。シーズン2第20話「傷」にてジャーインが「その石はクリーの物で能力者を破壊する石だ」と言っています。

スカイが鼻血を出して倒れたのも、その言葉と何か関係があるのでしょうか? 能力者に悪い影響を与えるんでしょうかね?

ジャーインの言葉を信じるなら、時空の扉を開ける装置じゃないような気がしますね。

クリーが作ったものなら、シモンズがいた星はクリーの星なのでしょうか?

ん〜、謎だ。

↑目次に戻る

ヒドラ再建の第一歩が「船にネズミを放つ」作戦で良いのか(笑)

バロン・フォン・ストラッカーの息子が出てきました。

ウォードは頭良いですね。

バロン・フォン・ストラッカーの息子、ウェルナー・フォン・ストラッカーを取り込むことで、正当なヒドラ組織であることをヒドラの残党達にアピールできるし、当然、資金もこの少年に出させることも出来る。

あっという間にヒドラ再建出来そうですね。

それにしても誘拐する時の作戦が「ねずみを放つ」ってセコすぎ(笑)。他になかったのか(笑)。

むしろ、ネズミを集める方が大変だと思います(笑)。

↑目次に戻る

新しい飛行機は「ゼファーワン」と言うらしい

コールソンがマックにモノリスを運ばせた際に使った飛行機が「ゼファーワン」

翼にプロペラが付いた飛行機で、ヘリキャリアとクインジェットの中間モデルのような飛行機ですね。英語だと「Zephyr One」と書くようです。

「Marvel Cinematic Universe Wiki」を見ると、設定ではフィッツが設計したことになっているようです。トニースタークのスターク・インダストリーズが陰で協力しているのかと思ってたけど違うのか。

Marvel Cinematic Universe Wiki
Zephyr One

たしか、映画「ウィンターソルジャー」でインサイト計画に使われたヘリキャリアは、トニースタークがエンジンの改良をしたと記憶しています。

同タイプのモデルに見えるので、その設計を再利用していてもおかしくないはず。

↑目次に戻る

まとめ:今回わかったこと

ガーナー博士がちょっと心配ですね。ストラッカー少年のような金持ちのボンボンは無茶しそうだから怖い。ハリー・ポッターのマルフォイみたいな感じですな。なんか。

とりあえず今回わかったこと

  • モノリスは時空の扉だった
  • ジャーインの言葉「能力者を破壊する石」というのも気になる
  • ウォードはストラッカーの息子を担ぎ上げてヒドラ再建へ
  • ストラッカーの息子がガーナー博士に接近した

というわけで第3話「ファイト・クラブ(A Wanted (Inhu)man)」に続きます。

各エピソードの「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

「エージェント・オブ・シールド」は、Amazonインスタント・ビデオやU-NEXT、Huluなどでオンデマンド動画を配信中です。(2016/12/11 現在)。

シーズン1とシーズン2は、Amazonインスタント・ビデオで配信中です。シーズン1の第1話は無料で見られるので是非どうぞ!

Amazon インスタント・ビデオ
エージェント・オブ・シールド シーズン1 (字幕版)
エージェント・オブ・シールド シーズン2 (字幕版)

Huluでは、シーズン1が配信中。(2016年12月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

Hulu
海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

U-NEXTでは、シーズン1とシーズン2が配信中。(2016年12月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

U-NEXT
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

シーズン3のDVDやブルーレイが2017年2月に発売予定です

ツタヤのネットレンタル「TSUTAYA DISCAS」でも、レンタル可能です。無料お試し期間があるのでお得ですよ。

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!