おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

エージェント・オブ・シールド シーズン3第1話「自然の法則」感想とネタバレ

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン3第1話「自然の法則(Laws of Nature)」の感想とネタバレです。

ついに第3シーズンが始まりました。

エージェント・オブ・シールド シーズン3第1話「自然の法則(Laws of Nature)」タイトル画像

アベンジャーズファンの皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン3第1話「自然の法則(Laws of Nature)」を見ました。

そのあらすじとネタバレ感想です。

今回のエピソードは、第3シーズンの最初のエピソード。シーズン2のエンディングでネタ振りされたあのシーンのその後が描かれます。

(前回のエピソード「シーズン2第22話「S.O.S. (後編)」の感想とネタバレはこちらをどうぞ。)

というわけで、以下ネタバレします!

このエピソード以外の「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

シーズン3第1話「自然の法則(Laws of Nature)」 感想とネタバレ 目次

シーズン3 第1話「自然の法則」 あらすじ

登場人物

  • シールドメンバー

    • フィル・コールソン:シールド長官(日本語吹替:村治学)
    • メリンダ・メイ:戦闘と操縦のプロ(日本語吹替:沢海陽子)
    • デイジー:天才ハッカーでインヒューマンズ(日本語吹替:渋谷はるか)
    • レオ・フィッツ:兵器やメカ開発の天才(日本語吹替:落合佑介)
    • ジェマ・シモンズ:天才物理学者(日本語吹替:宮下ともみ)
    • ランス・ハンター:傭兵、ボビーの元夫で元英国特殊空挺部隊(日本語吹替:滝知史)
    • バーバラ・ボビー・モース:格闘と諜報のプロ(日本語吹替:林真里花)
    • アルフォンソ・マック・マッケンジー(マック):メカニック(日本語吹替:間宮康弘)
  • ATCU

    • ロザリンド・プライス:ATCUの指揮官(日本語吹替:山像かおり)
  • ヒドラメンバー

    • グラント・ウォード:元シールドエージェントでヒドラ再建を計画(日本語吹替:花輪英司)
  • インヒューマンズ

    • リンカーン・キャンベル:元アフターライフの住人・デイジーの世話をした(日本語吹替:川田紳司)
    • ジョーイ:フィッシュオイルのサプリを飲んで能力に目覚めてしまった人

あらすじ

ジャーイン達との戦いで、テリジェンクリスタルが海に流出し、市販されているフィッシュオイルのサプリにテリジェンクリスタルの成分が含まれてしまっています。

そのサプリを愛用している一般市民のジョーイ。

自分では訳が分からないまま、突然、特殊能力を発揮してしまいます。街が騒ぎになり、謎の軍組織がジョーイを捕らえに現れます。

そこへ、デイジー、マック、ハンターの3人が現れ、ジョーイを救助。シールドの飛行機に保護します。

コールソンは現場に現れた軍隊の上司と思われる女性の写真を撮影し、身元を調べます。

ジョーイのようなインヒューマンズの発生は今月3件目。シールドは初めて保護することができました。

これまでは、いつも謎の集団に先を越されており、コールソンはそれがこの女性の組織だと思っています。

女性の軍隊の基地ではジョーイのように変異した人間の遺体を検死しており、その遺体には胸に大きな穴が開いています。

フィッツはモノリスに飲み込まれたシモンズを助けることに集中しており、他の仕事もせずに手がかりを探し歩いています。

モロッコでモノリスの正体について書かれている羊皮紙を手に入れて基地に戻ります。

ボビーとデイジーは、ジョーイを落ち着かせるためにはインヒューマンズの進化に詳しいリンカーンが必要だと考え、彼が働く病院に向かい協力を求めます。しかし、リンカーンは普通の暮らしがしたいと断ります。

ボビーは軍隊の女性指揮官の正体を突き止め、コールソンに報告します。いろいろな組織に所属していましたが、現在はDARPA(Defense Advanced Research Projects Agency「アメリカ国防高等研究計画局」)に所属しておりロザリンドと名乗っているようです。

コールソンはロザリンドが一人になるところを狙い、電車の中で接触します。しかし、こちらの動きをすでに読まれており逆に拘束されてしまいます。

二人は会話をしながらお互い腹の探り合いをします。コールソンはロザリンドがインヒューマンズを横取りしていると考え、ロザリンドは自分たちがインヒューマンズを捕まえる前に、コールソン達がインヒューマンズを殺していると思っています。

しかし、そのどちらでもありませんでした。インヒューマンズは第三者の手により倒されていました。

デイジーがリンカーンを説得している最中に、病院にモンスターが現れます。モンスターはインヒューマンズを探しているようです。このモンスターはエネルギーを使って人の胸に穴を開ける事が出来るようです。ロザリンドの基地で検死されていた遺体の穴もこのモンスターの仕業のようです。

デイジー、マック、リンカーンの3人はモンスターに応戦、モンスターは逃げて行きます。

警察が到着したので3人はその場から去ります。デイジーはリンカーンを誘いますが、リンカーンは同行せずに一人で逃げて行きます。

ロザリンドとコールソンの携帯が同時になり、病院で起きた事件の様子が報告されます。コールソンはロザリンドが目を離した隙に脱出し基地に戻ります。

シールド基地のモニターでは、アメリカ大統領の記者会見の様子が流れます。

大統領はモンスターの脅威について説明し、新たに創設したATCU(The Advanced Threat Containment Unit)という組織がその対策にあたると説明します。どうやらロザリンドの組織がそれに該当するようです。

基地に戻ってきたフィッツを待ち構えるコールソン。命がけで手に入れた羊皮紙も役に立たず落胆するフィッツ。

全てを受け入れて前に進めと説得するコールソン。コールソンはシェフィールドのシモンズの家族の元へ行き、ジェマが行方不明であることを伝えに行くと言います。

フィッツは抑えきれない怒りをモノリスにぶつけます。

場面が変わって、砂漠のような惑星、何かから逃げるシモンズ。彼女の額には怪我があるようです。

↑目次に戻る

スカイは本名デイジーを使っている

スカイはシーズン2で判明した本名「デイジー・ジョンソン」を使っているようですね。コールソンは言い慣れていないようです(笑)。

デイジーはすっかり力を使いこなしています。成長したなあ。

それにしても、ジョーイに状況を説明するシーンでは、なんであんなに無駄に薄着なんだ(笑)。職場にあんな格好の人がいたら困る(笑)。

↑目次に戻る

ボビーとハンターは気まずいのか仲が良いのかよく分からん

ボビーがイメージチェンジしてて、髪型が違うと全然別人のようですね。顔が違って見えます。前の方がワイルドで良かった。

シーズン2で受けたダメージが強いのか、まだリハビリ中で科学部(という言い方でいいの?)で働いているようです。生物学にも詳しいんですね。スーパーレディだなあ。

ハンターとボビーは顔を合わせるのを避けているようです。

シーズン2でボビーを救出したときに二人の仲も良い感じになっていたのに、なんでまた、ぎこちなくなるんでしょうね?

めんどくさい二人だな(笑)。

↑目次に戻る

シモンズが行方不明、フィッツが男らしくなってる

シーズン2の最後でシモンズがモノリスに飲み込まれてしまいましたが、その場を目撃した人は誰もいなかったので「行方不明」とされているみたいですね。

モノリスに飲み込まれたと考えているのはフィッツだけなのかな??

それにしても、フィッツがたくましくなりましたね。シーズン1の頃は外の勤務にビビっていたのに。

「愛が男を愚かにする」と取引相手の犯罪者が言っていましたが、確かにそうかもしれない。好きな女のためじゃないとあんな危険は犯せない。

コールソンが「シェフィールドへ行ってシモンズの家族に行方不明であることを伝える」と言っていました。

シェフィールドはシモンズの故郷という設定なのだろうと思いますが、演じる女優さんエリザベス・ヘンストリッジさんもシェフィールドの出身ですね。

Wikipedia
エリザベス・ヘンストリッジ

↑目次に戻る

マックは何でいるの??

マックはシーズン2で「コールソンを信用できないからやめる」って言って、空母に荷物を取りに行って、そのままインヒューマンズのシージャックに巻き込まれてしまいましたが、結局、やめなかったみたいですね。

なんで残ったんだろう??

コールソンの腕を切っちゃった都合上、彼の片腕になって働くつもりなのかな。マックならそう考えそう。

追記

第2シーズンの最終話「S.O.S. (後編)」を見直したら、コールソンが「勝手に腕を切ったから残って貰った」というような台詞を言っていました。

あと、自分で書いたあらすじにもマックが残ることが書いてありました(笑)。自分で書いて忘れてる奴。。。

追記ここまで

↑目次に戻る

ロザリンドの組織はアメリカの組織なのか

ロザリンドの組織ATCUはアメリカ大統領直属の組織のようですね。

公式の組織だからモンスター騒ぎの後の病院で堂々と捜査していました。

DARPAという組織は実在するようで「Defense Advanced Research Projects Agency(アメリカ国防高等研究計画局)」と言うそうです。

↑目次に戻る

その他、小ネタ

どんどん装備が凄くなっていくシールド

ジョーイを捕獲するための白い拘束室が凄い。相変わらずシールドの資金源が謎。あれを作れるお金、どこから出てるんだろう。

裏でフューリーやヒルが暗躍してお金集めてるのかしら?

ジョーイがシールドを知らない

ジョーイが「シールドって何だ!?」とデイジーに質問していましたが、映画「ウィンターソルジャー」の事件であれだけの騒ぎを起こした組織を知らないのでしょうか?

ニュース見てないのか?世界中が大騒ぎしたじゃないか。

ソコビアの事件だって知ってるだろうに。

コールソンの腕が保管してある

ラボの中に、コールソンの腕がケースに収められてありました。いつか再生して戻すつもりなのか、それとも単なる研究材料なのか謎です。

コールソンは義手を付けていますね。シールドなら凄い義手を作りそうだな。ミサイルが飛び出たり(笑)。

ピム・テックの事件

コールソンがフィッツに言った「ピム・テックの事件以降、ミクロサイズになった云々」という台詞。

これは「アントマン」事件のことですね。

ミクロサイズのシモンズ、ちょっと欲しい気がする(笑)。

メイは休暇中

メイは休暇から戻っていないようです。自由な組織だなあ。

↑目次に戻る

まとめ:今回わかったこと

とりあえず今回わかったこと

  • フィッシュオイルによりインヒューマンズ化する人々が増えている
  • シールドはインヒューマンズ化した人々を保護しようとしている
  • ロザリンドという女性指揮官の組織はATCU。インヒューマンズに対処する組織
  • シモンズは行方不明だけど生きてるっぽい

というわけで第2話「扉の向こうへ」に続きます。

各エピソードの「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

「エージェント・オブ・シールド」は、Amazonインスタント・ビデオやU-NEXT、Huluなどでオンデマンド動画を配信中です。(2016/12/11 現在)。

シーズン1とシーズン2は、Amazonインスタント・ビデオで配信中です。シーズン1の第1話は無料で見られるので是非どうぞ!

Amazon インスタント・ビデオ
エージェント・オブ・シールド シーズン1 (字幕版)
エージェント・オブ・シールド シーズン2 (字幕版)

Huluでは、シーズン1が配信中。(2016年12月時点の情報です。配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

Hulu
海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

U-NEXTでは、3シーズンとも配信中。(2017年6月時点の情報です。配信終了している場合もありますので、詳細は U-NEXT の公式ホームページにてご確認ください。)

U-NEXT
エージェント・オブ・シールド

シーズン3のDVDやブルーレイが2017年2月に発売予定です

ツタヤのネットレンタル「TSUTAYA DISCAS」でも、レンタル可能です。無料お試し期間があるのでお得ですよ。

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!