読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

エージェント・オブ・シールド シーズン2第6話「スプリンター爆弾」感想とネタバレ

エージェント・オブ・シールド ドラマ・映画

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン2第6話「スプリンター爆弾」の感想とネタバレです。

ウォードの複雑な家庭環境を垣間見るコトができます。

エージェント・オブ・シールド シーズン2 第6話「スプリンター爆弾」感想とネタバレ タイトル画像

アベンジャーズファンの皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン2第6話「スプリンター爆弾」を見ました。

第5話「闇に潜む医者」のネタバレ感想も合わせてどうぞ。

今回のエピソードは、ウォードのお兄さんが登場。また日本人科学者という設定のキャラクターも登場します。

というわけで、以下ネタバレします!

このエピソード以外の「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

シーズン2第6話「スプリンター爆弾」 感想とネタバレ 目次

シーズン2 第6話「スプリンター爆弾」 あらすじ

登場人物

  • シールドメンバー

    • フィル・コールソン:シールド長官(日本語吹替:村治学)
    • メリンダ・メイ:戦闘と操縦のプロ(日本語吹替:沢海陽子)
    • スカイ:天才ハッカー(日本語吹替:渋谷はるか)
    • レオ・フィッツ:兵器やメカ開発の天才(日本語吹替:落合佑介)
    • ジェマ・シモンズ:天才物理学者(日本語吹替:宮下ともみ)
    • トリプレット:祖父がハウリングコマンドー(日本語吹替:名村幸太朗)
    • ランス・ハンター:傭兵、ボビーの元夫で元英国特殊空挺部隊(日本語吹替:滝知史)
    • アルフォンソ・マック・マッケンジー:メカニック(日本語吹替:間宮康弘)
    • バーバラ・ボビー・モース:格闘と諜報のプロ(日本語吹替:林真里花)
  • ヒドラメンバー

    • グラント・ウォード:身分を隠してシールドに所属していた(日本語吹替:花輪英司)
    • ダニエル・ホワイトホール博士:ヒドラの幹部
    • スカーロッティ:傭兵
  • その他

    • グレン・タルボット准将:アメリカ軍の准将、シールドとヒドラを敵視(日本語吹替:水野龍司)

あらすじ

国連でタルボット准将が演説中、ヒドラの傭兵スカーロッティ率いる部隊が、シールドのふりをして襲撃、「スプリンター爆弾」を使用して各国要人を襲います。

「スプリンター爆弾」はオベリスクのように相手の体を粉々に崩壊させてしまいます。襲撃映像をみたシモンズとボビーはトシロウ・モリというヒドラの科学者が発明したことをコールソンに伝えます。

ボビーとハンターとメイはモリがいる沖縄へ向かいます。シモンズはヒドラから持ち帰ったデータでスプリンター爆弾の詳細を調べます。

シールドの動きを把握できていないタルボット准将は、懇意にしている上院議員から叱責されます。

この上院議員は、ウォードの兄であるクリスチャン・ウォード。彼はマスコミがシールドのことで騒ぎ出して弟のことを知られるのを恐れているため、自分が手を下しシールドを潰すことを計画しています。

シールドはテロ組織だから一掃するべきだと提案するクリスチャン・ウォード議員、それに反対するベルギー首相ベッカーズ。二人の討論がテレビで流れます。

シールドが一掃されるのを防ぎたいコールソンはオランダのエージェント・ウォルターズに連絡を取り、しばらく身を隠すよう進言します。

スカイはウォードからクリスチャンのことを聞き出そうとします。「あいつは人を傷つけて喜ぶ奴だ」というウォード。過去に兄の命令で末っ子の弟を傷つけたことを話します。

ボビーはまだヒドラのメンバーであるふりをしてモリに面会を求め情報を得ます。

「スプリンター爆弾」はヒドラからスペックを提供してもらったもので、異星の技術を使っていると。そして、モリは「スカーロッティがベルギー首相のベッカーズのところに行けば、シールドは終わり」だと言います。

そんな最中、モリの部下宛に、ボビーがシールドのスパイだったことを証明するメールが送られてきます。モリの部下に襲われるボビーですが、外に待機していたメイとハンターの協力で脱出。

モリの話から、メイたちはベッカーズ首相が狙われていると判断。ベルギーに向かう一行。シールド擁護派のベッカーズ首相がいなくなればクリスチャン議員の提案が通るため、シールドが一掃されてしまうと考えます。

コールソンはクリスチャン議員に会いウォードを拘束していることを明かし、彼を引き渡す代わりに、シールド一掃の提案を引き下げるよう取引をします。

クリスチャンは、コールソンとの会話の中で「ウォードは嘘つきで末っ子を傷つけたことは兄である自分の命令だったと親に言い、散々苦労した」ことを話します。ウォードの話と食い違いますが、ウォードに裏切られたコールソンには納得できる話です。

スカイはウォードから自分の父親のことを聞き出します。

父親に全滅されたのは村人ではなく、スカイとスカイの母をさらったヒドラのエージェントだったこと、怒りに震え我を失って彼らを襲ったのはスカイを愛しているからこその行為だったこと。そしてウォードはスカイに父親と会わせてやると約束します。

スカイは「全部話してくれてありがとう、お礼にここから出してあげる」といい、クリスチャン議員との取引が成立し、ウォードを彼に引き渡すことを告げます。驚くウォード。

「スプリンター爆弾」について調べていたフィッツとマックは、戦時中にヒドラが開発したことを発見します。開発者の名前はヴィンセント・ベッカーズ。なんとベッカーズ首相の祖父でした。

それを知ってベッカーズはヒドラ側の人間だとコールソンに報告するシモンズ。

ベッカーズがシールド擁護の発言をしたのは、世界中のシールドエージェント達に「ベルギーに行けば安全」と思わせるためでした。

ブリュージュにあるシールドの隠れ家に姿を表すベッカーズとスカーロッティ。ウォルターズや彼女の部下が彼らに襲われてしまいます。

そこへ駆けつけたメイ達がスカーロッティを退治し、タルボット准将に引き渡します。タルボット准将は犠牲者を出したシールドに敬意を示し、メイと握手します。

クリスチャン議員はコールソンとの取引通り、演説の中で「シールドとヒドラは別物」で、それぞれ「善」と「悪」だと話し、シールドを一掃することを取り下げます。そして、ヒドラに自分の弟がいたこと、それを裁判にかけることを話します。

ウォードは議員の元に移送されますが、移送中に兵士を襲い脱走します。

場面は変わって、タトゥーショップ。そこへ男が現れます。男の全身にはあの「謎の図形」の刺青が入っています。

↑目次に戻る

タルボット准将の裏にいた金持ち議員はウォードの兄だった

シーズン2の第2話「新たなる一歩」で、タルボット准将は、コールソンを捕まえたがっている金持ち議員がいる事をほのめかしていましたが、なんとウォードの兄だったのですね。

ウォードが優秀な家庭に生まれたことは、シーズン1のエピソードで出てきたような気がしますが、こんな有力な上院議員だっとは思いませんでした。

こんな有名人だったら、とっくにマスコミが弟のことを調べていそうですけど、そういうわけではないんですね。

ウォードが話す子供時代と、兄が話す子供時代、全くの正反対なのですがどっちが正しいのか? ここはなかなか興味深かったですね。

一番被害を受けた末っ子の弟(トーマスだったかな)って、現在、何をしてるんだろう?生きてるのかな?

それにしても、この議員、性格悪そうですね。スカイが言うように兄弟揃って嫌な奴というイメージ(笑)。

↑目次に戻る

スプリンター爆弾の開発は戦時中だった

オベリスクのような効果がある「スプリンター爆弾」。戦時中にヒドラのヴィンセント・ベッカーズが開発したそうです。

てっきり、スカイの父がオベリスクの扱い方をホワイホール博士に教えたから完成したのかと思いました。

ひょっとしたら、戦時中には完成に至らなかったのかな?

前回のエピソードで、シャンパンに薬を混ぜて実験していましたから、やっぱり完成していなかったと考える方が自然ですね。

液体に混ぜることも上手にできない連中が、飛び道具に仕込むことが出来るわけないですもんね。スカイのパパが教えたのかなあ??

↑目次に戻る

驚き!メイは結婚していたのか!

メイとボビーの会話でびっくり、メイが結婚していたとは。シーズン1ではそんな話出てこなかったと思ったけど。

離婚していたんですね。旦那もシールド関係かな??

ボビーとハンターは、しょっちゅう口喧嘩していますが「喧嘩するほど仲がいい」という感じですね。

↑目次に戻る

壁に「七転び八起き」と掲げる日本人はいないよ(笑)

トシロウ・モリのアジトが思いっきり中国っぽい感じですが、まあ、沖縄なのでああいった派手な色使いの文化が入っていてもいいかも。

でも壁に「七転び八起き」って掲げる日本人はいないよ(笑)。座右の銘にしてるんだろうか??

あと「を移す」というのも見えたけどなんだろう「愚公、山を移す」かな??

「愚公、山を移す」は、日本人でもあまり知らないことわざですね。「どんなに困難なことでも辛抱強く努力を続ければ、いつか必ず成し遂げることができる」という意味らしいです。

「七転び八起き」もそうですが、モリは努力家という設定なのかな? アメリカ人から見ると日本人には「打たれても立ち上がって黙々と頑張る」というイメージがあるのかもしれませんね。

ヒドラっぽくないなあ(笑)。

↑目次に戻る

シモンズが変わってしまったのが悲しい

ウォードが連行されて行く際に「次に会った時は殺す」というシモンズが怖い。。。変わったなあ。

海に落とされてフィッツがあんな事になってしまったので、そういうのも無理もないですが、シーズン1のシモンズとは随分違いますね。ヒドラへの潜入ですさんでしまったのかしら。。。

そういえば、フィッツもシモンズに「なんか変わったね」と言っていたし。

↑目次に戻る

ウォードがだんだん鬱陶しくなってきた

ウォードがスカイに話をする際は、いつも光の当て方が「何か企んでますよ」というライティングですね(笑)。

兄クリスチャンの元へ連行されていきますが、視聴者は「絶対に連行中に警備を倒して逃げるよな」と思い始めます。その通りでした。。。。

なんでシールドってバカなの(笑)。ギャレットの時と同じじゃないか。学習しないなあ。。。

ウォードのストーリーは今後必要なのかなあ??ウォードは私利私欲で動いてる感じがするので見てて鬱陶しくなってきました(笑)。

↑目次に戻る

まとめ:ボビーとハンターの夫婦漫才がこれから増えそう

ボビーとハンターは顔を合わせれば言い争いばかりしていますが、お互い好きなのでしょうね。

元夫婦の夫婦漫才が増えていきそうです。シーズン2ではハンターがおふざけキャラなので、もっと出番が増えて欲しい。シーズン1では、ジョークや皮肉を言う役回りはスカイでしたね。

シーズン2は、スカイの出生に関わるシリアスなストーリーになりそうなので、あまりふざけている場合じゃないのかな。

あ、あと、タルボット准将がシールドに理解を示し始めたのはなんでだろう??

シールドがウォードの兄に協力したからかな??もしくはウォードの兄から「協力するように」と指示されたのかもしれませんね。

とりあえず今回わかったこと

  • ヒドラは「スプリンター爆弾」というオベリスクの効果に似た武器を完成させた
  • ウォードの兄は上院議員
  • ウォードは警備員を倒し、おそらく逃亡
  • タルボットはシールドに理解を示し始めた

というわけで第7話「最後のピース」に続きます。

各エピソードの「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

「エージェント・オブ・シールド」シーズン2は、Amazonインスタント・ビデオやU-NEXTでオンデマンド動画を配信中です。Amazonではシーズン1の第1話が無料で、U-NEXTではシーズン2の第1話が無料で見られるので是非どうぞ!(2016/6/11 現在)。

Amazon インスタント・ビデオ
エージェント・オブ・シールド シーズン2 (字幕版) 配信中!

U-NEXT
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

DVDやブルーレイもすでに発売中です。

ネットレンタル「TSUTAYA DISCAS」でも、レンタル可能です。無料お試し期間があるのでお得ですよ。

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!