読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなのらいふはっく

IT、iPhone、ビジネス、健康ネタなど、21世紀を生き抜く大人のためのライフハックブログ

エージェント・オブ・シールド シーズン2第16話「アフターライフ」感想とネタバレ

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン2第16話「アフターライフ」の感想とネタバレです。

エージェント・オブ・シールド シーズン2 第16話「アフターライフ」感想とネタバレ タイトル画像

アベンジャーズファンの皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン2第16話「アフターライフ」を見ました。そのあらすじとネタバレ感想です。

(前回のエピソード「第15話「2つのシールド」の感想とネタバレはこちらをどうぞ。)

今回のエピソードは、ゴードン達がいる村のお話です。

というわけで、以下ネタバレします!

このエピソード以外の「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

シーズン2第16話「アフターライフ」 感想とネタバレ 目次

シーズン2 第16話「アフターライフ」 あらすじ

登場人物

  • シールドメンバー

    • フィル・コールソン:シールド長官(日本語吹替:村治学)
    • メリンダ・メイ:戦闘と操縦のプロ(日本語吹替:沢海陽子)
    • スカイ:天才ハッカーで特殊能力保持者(日本語吹替:渋谷はるか)
    • レオ・フィッツ:兵器やメカ開発の天才(日本語吹替:落合佑介)
    • ジェマ・シモンズ:天才物理学者(日本語吹替:宮下ともみ)
    • ランス・ハンター:傭兵、ボビーの元夫で元英国特殊空挺部隊(日本語吹替:滝知史)
  • シールドメンバー(もう1つのシールド側)

    • ロバート・ゴンザレス:上層部のメンバー。秘密のない開かれたシールドを作ろうとしている
    • バーバラ・ボビー・モース:格闘と諜報のプロ(日本語吹替:林真里花)
    • アルフォンソ・マック・マッケンジー:メカニック(日本語吹替:間宮康弘)
  • ヒドラメンバー

    • グラント・ウォード:身分を隠してシールドに所属していた(日本語吹替:花輪英司)
  • その他

    • ジャーイン:変化した能力者を導いている女性、スカイの母(?)
    • ゴードン:能力者。テレポートできる能力がある
    • リンカーン・キャンベル:アフターライフにいる世話役で能力者
    • カルビン・ザボ:スカイの父、怪力の持ち主
    • レイナ:元ヒドラの協力者。クリーの聖堂で姿が大きく変化した(日本語吹替:加藤有生子)

あらすじ

コールソンとハンターは、中古車センターで車を調達します。

ゴードンに連れてこられたスカイは、村の施設でリンカーンという青年により鍼治療を施されています。

スカイが連れてこられた村は、「アフターライフ」という場所。そこへ自由に出入りできるのはゴードンだけ。

村にいる人は皆、選ばれた人たちで、自分の体に変化が起こるのを待っています。ゴードンはいろいろな場所から該当者を連れてきて匿っているようです。

ゴンザレスはフィッツとシモンズに「コールソンのツールボックス」を開けるよう協力を要請しますがフィッツはそれを断り、シールドを退職し荷物をまとめて出て行きます。

シモンズは残ってツールボックスを調べます。

ゴンザレスはシールド内部で仲間割れしている場合じゃないと判断し、メイを幹部として受け入れることにします。

コールソンとハンターはスカイのいた別荘へ行きます。別荘の中がもぬけの殻なので監視カメラを調べます。カメラの映像でボビー達が来たことと、ゴードンがスカイを連れて行ったことを知ります。

二人はわざと別荘の警報を鳴らし、シールドを呼び寄せ、マイク・ピーターソンの力を借りて戦闘機クインジェットを奪います。

マイクの話によると、ヒドラは能力者を連れ去っては実験を繰り返しているそうです。コールソン達は、能力者とヒドラの両方に精通している男、ウォードを探しに向かいます。

スカイはリンカーンとの会話の中で、レイナがこの村にいてスカイ同様に導きを受けていることを知ります。レイナのせいでトリップをはじめとする仲間がたくさん死んだため、スカイは怒ります。

スカイはレイナを見つけ出し、自分の能力を使って襲いますが、そこにジャーインが止めに入ります。ジャーインはスカイの指導者に選ばれたことを伝えます。スカイは出て行くといいますが、ジャーインは「数日だけ私のレッスンを受けてくれ」と頼みます。

シールドを退職したフィッツは、タクシーを捕まえ空港に向かいます。なぜかフィッツの荷物の中にはツールボックスが。基地にあるのは偽物で本物のツールボックスはシモンズがすり替えてフィッツに渡したようです。

↑目次に戻る

ジャーインはなんで生きてるの?

ジャーインはなんで生きているんでしょう?? 死んだはずだと思っていたのに。

特殊な能力で不死身なのでしょうか?あれだけホワイトホールに切り刻まれたのに復活できるなんてすごい能力ですね。顔が傷だらけなのが衝撃的。

スカイのパパは回想シーンであんなにも泣いていたから、もう死んでしまったのかと思っていました。

それにしても、レイナの姿が凄すぎる(笑)。

↑目次に戻る

スカイは元に戻してもらうためにゴードンを呼んだらしい

前回のエピソードで、なんでスカイはゴードンを呼んだのかなあ? と思っていましたが、力を元に戻してもらいたくて呼んだんですね。

でも、元に戻すことはできないと知ってショックを受けていました。

スカイは力の使い方を学び、一生この力と生きていく必要があるようです。

↑目次に戻る

いつの間に本物とすり替えたんだろう

フィッツは本物のツールボックスを持ち出したようですね。

シモンズはいつのまにすり替えたんだろう。というか、いつのまに偽物を作ったの? ツールボックス自体初めて見るだろうに。。。

シモンズが分析していたシーンでフィッツが「これは??」と何かに気づいていましたが、あれは偽物を作るための分析だったんでしょうかね??

天才のやることはわかんないや(笑)。

それにしもてサンドイッチが懐かしい。シーズン1でウォードとフィッツが潜入捜査する際に出てきましたね。

シモンズのサンドイッチ食べたい。隠し味にバジルソース。美味しそう。

フィッツとシモンズがゴンザレスと対面する際に、二人とも腕組みポーズをとって反抗心を示していたのが面白い。西洋人ですね(笑)。

↑目次に戻る

コールソンとハンター

コールソンはキャッシュで車を買いたいと言っていました。相変わらずシールドの資金源がどこにあるのか不明です。お金持ちだなあ。

コールソンがクインジェットを奪う際に、フィッツとトリップが作った最新型のハウリングコマンドーズの兵器を使っていましたね。

トリップの名前が出てきて、ちょっとしんみりしてしまいました。もうハウリングコマンドーズネタも出てこないのかな。

↑目次に戻る

バーレーン報告書とは

ゴンザレスとメイの会話の中で「バーレーン報告書」がでてきました。

メイが騎兵隊と呼ばれることになった事件のことですね。次のエピソード第17話「メリンダ」でその内容が描かれています

ちなみに、第1シーズンの9話「テレキネシス」でも騎兵隊について、少し詳細が出てきています。ただ詳しい話はわかりませんでした。

メイはもともと、温かくイタズラ好きな人だったようですが、騎兵隊事件以来、人が変わってしまったようです。

↑目次に戻る

ジャーインとスカイがどう関わっていくのか楽しみ

スカイとジャーイン、そして父親のカルが一つの村に集まることになりました。

彼らがどんな風に交わっていくのか楽しみです。

ジャーインは自分が母親だということを告白するのかな??

とりあえず今回わかったこと

  • コールソンのツールボックスをフィッツが持ち出した
  • ジャーインはスカイの母親
  • コールソンとハンターはウォードを探しに行った
  • メイはゴンザレスのシールドの幹部なってくれと言われる

というわけで第17話「メリンダ」に続きます。

各エピソードの「感想とネタバレ」一覧はこちらからどうぞ。
↓↓
エージェント・オブ・シールド 各エピソードの感想とネタバレ一覧

「エージェント・オブ・シールド」シーズン2は、Amazonインスタント・ビデオやU-NEXTでオンデマンド動画を配信中です。Amazonではシーズン1の第1話が無料で、U-NEXTではシーズン2の第1話が無料で見られるので是非どうぞ!(2016/6/11 現在)。

Amazon インスタント・ビデオ
エージェント・オブ・シールド シーズン2 (字幕版) 配信中!

U-NEXT
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

DVDやブルーレイもすでに発売中です。

ツタヤのネットレンタル「TSUTAYA DISCAS」でも、レンタル可能です。無料お試し期間があるのでお得ですよ。

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!